荒木光太郎→ 農業経済学者

荒木光太郎→ 農業経済学者

荒木光太郎の生涯

荒木光太郎の生涯

-荒木光太郎の生涯-

荒木光太郎は、1874年(明治7年)10月17日、広島県佐伯郡玖島村(現・江田島市)に生まれた。旧姓は横田。

1898年(明治31年)に東京帝国大学農科大学を卒業し、農商務省に入省した。1902年(明治35年)に渡米し、ハーバード大学で農業経済学を学び、1904年(明治37年)に帰国した。

帰国後は、農商務省農務局で勤務し、1908年(明治41年)に農務局農務課長に就任した。1911年(明治44年)に日本大学教授となり、1916年(大正5年)に東京帝国大学農科大学教授に就任した。

1920年(大正9年)に農商務省農務局長官に就任し、1922年(大正11年)に東京帝国大学農科大学長に就任した。1925年(大正14年)に貴族院勅選議員に勅任され、1927年(昭和2年)に農林大臣に就任した。

1931年(昭和6年)に東京帝国大学農科大学を退官し、日本大学学長に就任した。1938年(昭和13年)に農林大臣に再任され、1940年(昭和15年)に退任した。

1944年(昭和19年)12月17日、東京都世田谷区の自宅で死去した。享年70。

荒木光太郎は、日本の農業経済学の発展に大きく貢献した人物である。また、農林大臣を2度務めるなど、政治家としても活躍した。

荒木光太郎の研究

荒木光太郎の研究

-荒木光太郎の研究-

荒木光太郎は、農業経済学の分野で数多くの研究を行い、その成果を国内外で発表しています。その研究の主要なテーマは以下の通りです。

* -農業生産性の向上-

荒木光太郎は、農業生産性を向上させるための様々な施策を研究しています。例えば、作物の品種改良、肥料の効率的な使用、農機の導入などについて研究を行っています。また、農業生産性を向上させるための政策についても研究しています。

* -農業経営の改善-

荒木光太郎は、農業経営を改善するための様々な施策を研究しています。例えば、経営規模の拡大、経営の多角化、直売所の開設などについて研究を行っています。また、農業経営を改善するための政策についても研究しています。

* -農村地域の活性化-

荒木光太郎は、農村地域の活性化のための様々な施策を研究しています。例えば、農村地域の雇用創出、農村地域のインフラ整備、農村地域の文化振興などについて研究を行っています。また、農村地域の活性化のための政策についても研究しています。

荒木光太郎の研究は、農業経済学の発展に大きく貢献しています。また、彼の研究成果は、農業政策の立案や農業経営の改善、農村地域の活性化などにも役立っています。

荒木光太郎の著作

荒木光太郎の著作

– 荒木光太郎の著作

荒木光太郎は、農業経済学者として数多くの著作を残しました。その中でも代表的なものをいくつかご紹介します。

-1.「農業経済学」(1960年)-

「農業経済学」は、荒木光太郎の代表作であり、農業経済学の教科書としても広く使用されています。この本では、農業経済学の基本的な概念や理論を解説し、農業政策や農業問題を分析しています。

-2.「日本農業の構造変化」(1970年)-

「日本農業の構造変化」は、荒木光太郎が1960年代に発表した論文をまとめたものです。この本では、戦後日本の農業構造の変化を分析し、農業政策の課題を論じています。

-3.「農業と経済発展」(1980年)-

「農業と経済発展」は、荒木光太郎が1970年代に発表した論文をまとめたものです。この本では、農業と経済発展の関係を分析し、農業政策の課題を論じています。

-4.「日本の農業」(1990年)-

「日本の農業」は、荒木光太郎が1980年代に発表した論文をまとめたものです。この本では、日本の農業の現状と課題を分析し、農業政策の課題を論じています。

-5.「農業政策の課題」(2000年)-

「農業政策の課題」は、荒木光太郎が2000年代に発表した論文をまとめたものです。この本では、日本の農業政策の課題を分析し、農業政策の今後の方向性を示唆しています。

荒木光太郎の著作は、農業経済学の研究者や農業政策の関係者にとって必読の文献です。彼の著作は、農業経済学の発展に大きく貢献し、日本の農業政策の形成にも大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました