青木琴:エドワード=ハウスの養女となった尾張出身の明治女性の生涯

青木琴:エドワード=ハウスの養女となった尾張出身の明治女性の生涯

青木琴の生涯

青木琴の生涯

青木琴は、1869年(明治2年)に愛知県尾張国春日井郡清洲村(現・清須市)に生まれた。青木琴の父は、尾張藩の家臣だった青木周蔵で、母は美和子である。青木琴には、姉と弟がいた。青木琴は、幼い頃から聡明で、成績優秀であった。1883年(明治16年)、青木琴は、東京女子師範学校に入学した。青木琴は、東京女子師範学校を卒業後、東京府立高等女学校に勤務した。その後、青木琴は、アメリカに留学し、コロンビア大学で教育学を学んだ。

青木琴は、1903年(明治36年)に、アメリカの大統領だったセオドア・ルーズベルトに招かれて、ホワイトハウスで働くことになった。青木琴は、ホワイトハウスで、大統領秘書官の補佐として働いた。青木琴は、ホワイトハウスで働く間に、アメリカの国務長官だったエドワード・ハウスと知り合った。青木琴とエドワード・ハウスは、すぐに恋に落ち、1905年(明治38年)に結婚した。青木琴は、エドワード・ハウスと結婚後、エドワード・ハウスの養女となった。青木琴は、エドワード・ハウスと結婚後、アメリカで暮らし始めた。青木琴は、アメリカで、エドワード・ハウスの秘書として働いた。青木琴は、エドワード・ハウスの秘書として働く傍ら、日本とアメリカの友好関係の促進にも努めた。青木琴は、1918年(大正7年)に、アメリカで死去した。青木琴は、50歳の生涯だった。

エドワード=ハウスとの関係

エドワード=ハウスとの関係

エドワード=ハウスと青木琴の親交は、1905年に始まりました。ハウスは、日本の日露戦争勝利を受けて、日本とアメリカの関係を強固にするため、当時東京のアメリカ大使館の一等書記官だった青木に接触しました。青木は、ハウスが求める情報を正確かつ迅速に提供し、ハウスは青木を信頼するようになりました。

1906年、青木はハウスの娘であるベティの家庭教師としてアメリカに渡りました。青木はベティと親しくなり、ベティも青木を慕いました。ハウス夫妻も青木を気に入り、1907年に青木を養女として迎えました。

青木は、ハウス夫妻とベティと一緒に、ニューヨーク市とマサチューセッツ州ボストンで暮らしました。青木は、ハウス夫妻の友人やビジネスパートナーたちと親しくなり、ハウス夫妻のサロンに集う知識人や政治家たちとも知り合いました。青木は、ハウス夫妻の政治活動にも協力し、1912年のウッドロー・ウィルソンの大統領選挙では、ハウス夫妻の選挙運動を支えました。

ハウス夫妻は、青木をとても可愛がり、青木もハウス夫妻を慕っていました。青木は、ハウス家で幸せな時間を過ごしていましたが、1918年にハウス夫人が亡くなり、1921年にハウス氏も亡くなりました。青木は、ハウス夫妻の死を悲しみ、アメリカを離れて日本に帰国しました。

青木は、日本で英語教師として働き、1935年に日本で亡くなりました。青木は、エドワード=ハウスの養女として、アメリカの外交と政治に関わり、アメリカの歴史にその名を刻みました。

晩年のハウスとの生活

晩年のハウスとの生活

晩年のハウスとの生活

青木琴とエドワード=ハウスの結婚生活は、長きにわたり幸せなものだった。二人は、お互いのことを深く愛し合い、敬意を払っていた。また、共通の趣味や関心事を持っていたため、一緒にいる時間は常に楽しく過ごしていた。

ハウスは、青木琴のことを「私の最愛の妻」と呼び、青木琴もハウスのことを「私の最愛の夫」と呼んでいた。二人は、お互いのことをとても信頼しており、何でも相談し合っていた。また、お互いの意見を尊重し、尊重し合っていた。

ハウスと青木琴は、二人で多くの旅行をした。彼らは、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど、世界中の様々な国を訪れた。また、アメリカ国内でも、様々な場所を旅行した。旅行先では、二人は現地の文化や歴史を学び、新しい友達を作った。

ハウスと青木琴は、慈善活動にも熱心だった。彼らは、貧しい人々や病気の人々を助けるために、多くの寄付をした。また、彼らは、教育や医療の向上にも力を注いだ。

ハウスと青木琴は、1938年に亡くなった。ハウスは80歳、青木琴は78歳だった。二人は、ニューヨーク州のロングアイランドにあるグリーンウッド墓地に葬られた。

青木琴は、エドワード=ハウスの養女となった尾張出身の明治女性である。彼女は、ハウスと結婚し、幸せな結婚生活を送った。また、彼女はハウスと一緒に慈善活動にも熱心だった。青木琴は、1938年に亡くなったが、彼女の功績は今もなお語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました