玖峰長玄 – 室町時代後期から戦国時代にかけての曹洞宗の僧

玖峰長玄 – 室町時代後期から戦国時代にかけての曹洞宗の僧

玖峰長玄の生涯と功績

玖峰長玄の生涯と功績

玖峰長玄の生涯と功績

玖峰長玄は、室町時代後期から戦国時代にかけての曹洞宗の僧です。諱は長玄、字は玄節、号は玖峰。薩摩国(現在の鹿児島県)出身です。

長玄は、幼少の頃から仏教に帰依し、14歳で出家して梵天寺に入門しました。その後、京都の建仁寺で修行を積み、20歳のときには、曹洞宗の祖である道元禅師の法嗣である峨山慈棹のもとで参禅しました。

長玄は、峨山慈棹のもとで4年間修行し、深甚の悟りを開きました。その後、薩摩国に戻って、大隅国(現在の宮崎県)の妙雲寺を開山しました。妙雲寺は、薩摩国と大隅国の曹洞宗の拠点となり、長玄は、多くの弟子を育てて曹洞宗の興隆に努めました。

長玄は、曹洞宗の僧としてだけでなく、学者としても知られていました。長玄は、禅宗の典籍である「正法眼蔵」を研究し、その注釈書である「正法眼蔵管見」を著しました。「正法眼蔵管見」は、禅宗の典籍としては初めての注釈書であり、長玄の学問の深さが窺える書物です。

また、長玄は、日本と中国の交流にも貢献しました。長玄は、明の洪武帝の招きに応じて、明に渡航しました。明では、洪武帝や永楽帝に禅を説いて、中国の曹洞宗の興隆に貢献しました。

長玄は、曹洞宗の僧として、学者として、また日本と中国の交流に貢献した偉大な人物です。長玄の生涯と功績は、曹洞宗の歴史において重要な位置を占めています。

玖峰長玄の弟子たち

玖峰長玄の弟子たち

玖峰長玄の弟子たち

玖峰長玄は、室町時代後期から戦国時代にかけて活躍した曹洞宗の僧侶です。彼は、多くの弟子を育て上げ、曹洞宗の発展に大きく貢献しました。

玖峰長玄の弟子たちの中で、最も有名なのは、雪村周継です。雪村周継は、水墨画の大家として知られ、その作品は、現在でも多くの人々に愛されています。雪村周継は、玖峰長玄から禅を学び、その教えを活かして、 水墨画の世界で活躍しました。

玖峰長玄の弟子たちには、雪村周継以外にも、多くの優れた僧侶がいました。例えば、峨山慈棹は、玖峰長玄の法嗣であり、曹洞宗の第七祖となりました。峨山慈棹は、玖峰長玄の教えを忠実に守り、曹洞宗の発展に努めました。

また、月庵宗光は、玖峰長玄の弟子であり、曹洞宗の第八祖となりました。月庵宗光は、玖峰長玄の教えをさらに発展させ、曹洞宗の繁栄に貢献しました。

玖峰長玄の弟子たちは、それぞれが優れた僧侶であり、曹洞宗の発展に大きく貢献しました。玖峰長玄の教えは、弟子たちによって受け継がれ、曹洞宗は、現在でも多くの人々に信仰されている宗派となっています。

玖峰長玄が残した書物

玖峰長玄が残した書物

– 玖峰長玄が残した書物

玖峰長玄は、室町時代後期から戦国時代にかけて活躍した曹洞宗の僧である。彼は、曹洞宗の教えを広く広め、多くの書物を残した。彼の書物には、曹洞宗の教義を解説したものや、禅の修行方法を説いたものなどがある。

玖峰長玄が残した書物の中で最も有名なのは、『碧巌録』である。『碧巌録』は、中国の宋代の禅僧である円悟克勤が編纂した禅の公案集である。玖峰長玄は、この『碧巌録』に注釈を付け、日本の禅僧に紹介した。玖峰長玄の『碧巌録』の注釈は、曹洞宗の禅僧の間で広く読まれ、禅の修行に大きな影響を与えた。

玖峰長玄が残したもう一つの重要な書物は、『正法眼蔵』である。『正法眼蔵』は、中国の宋代の禅僧である道元の著作集である。玖峰長玄は、この『正法眼蔵』に注釈を付け、日本の禅僧に紹介した。玖峰長玄の『正法眼蔵』の注釈は、曹洞宗の禅僧の間で広く読まれ、禅の修行に大きな影響を与えた。

玖峰長玄が残した書物は、曹洞宗の教義や禅の修行方法を学ぶための貴重な資料である。彼の書物は、日本の曹洞宗の発展に大きな貢献をした。

タイトルとURLをコピーしました