金竜成 – 韓国の福祉活動家

金竜成 – 韓国の福祉活動家

金竜成の生涯と功績

金竜成の生涯と功績

金竜成の生涯と功績

金竜成は、1929年5月18日に大韓民国ソウルで生まれました。彼は、幼い頃から貧困と差別を経験し、16歳の時に家出をして、路上生活を送るようになりました。その後、彼は、朝鮮戦争に従軍し、負傷して退院した後、社会福祉活動を始めました。

金竜成は、1957年に、韓国初の社会福祉団体である「恩恵会」を設立しました。恩恵会は、路上生活者やホームレスの人々を支援する活動を行い、金竜成は、恩恵会の代表として、社会福祉活動に尽力しました。

金竜成は、1960年代から1970年代にかけて、韓国の社会福祉政策の形成に大きな影響を与えました。彼は、社会福祉事業に対する政府の支援を訴え、社会福祉制度の整備に努めました。また、彼は、国際社会にも働きかけ、韓国の社会福祉事業の発展に貢献しました。

金竜成は、1994年に、韓国政府から国民勲章「牡丹章」を受章しました。また、彼は、1998年に、国連人権委員会から「人権賞」を受賞し、国際社会からも高く評価されました。

金竜成は、2005年11月28日に、76歳で亡くなりました。彼は、韓国の社会福祉事業の発展に多大な貢献をし、その功績は、今なお語り継がれています。

慶州ナザレ園の設立と活動

慶州ナザレ園の設立と活動

-金竜成 – 韓国の福祉活動家-

-慶州ナザレ園の設立と活動-

金竜成は、1930年に慶尚北道慶州で生まれた韓国の福祉活動家です。彼は、1954年に慶州ナザレ園を設立し、以来、ハンセン病患者や貧しい人々のための福祉活動に尽力してきました。

金竜成が慶州ナザレ園を設立するきっかけとなったのは、1950年に朝鮮戦争で負傷した兵士たちの姿を見たことです。金竜成は、兵士たちの苦しみに心を痛め、彼らを助けるために何かをしなければならないと決意しました。

金竜成は、1954年に慶州郊外の山奥にナザレ園を設立しました。ナザレ園は、ハンセン病患者や貧しい人々が安心して暮らすことができる場所です。金竜成は、ナザレ園でハンセン病患者や貧しい人々を無料で治療し、彼らに生活に必要な食料や衣服を提供しました。

また、金竜成は、ナザレ園でハンセン病患者や貧しい人々のための教育プログラムも行っていました。金竜成は、ハンセン病患者や貧しい人々が社会で自立できるように、彼らに読み書きや職業訓練を教えました。

金竜成の福祉活動は、韓国国内外から高い評価を受けています。1962年に、金竜成は韓国政府から国民勲章を授与されました。1982年には、金竜成はバチカンから「教皇ヨハネ23世賞」を授与されました。

金竜成は、2007年に亡くなりましたが、彼の福祉活動は現在も続いています。ナザレ園は、現在ではハンセン病患者や貧しい人々だけでなく、障害者や高齢者も受け入れています。ナザレ園は、金竜成の遺志を受け継ぎ、これからも福祉活動に尽力していきます。

吉川英治文化賞の受賞

吉川英治文化賞の受賞

-吉川英治文化賞の受賞-

金竜成氏は、2010年に吉川英治文化賞を受賞しました。この賞は、日本の作家吉川英治氏にちなんで設立されたもので、文化・芸術分野で顕著な功績をあげた個人や団体に贈られます。金竜成氏は、福祉活動分野での功績が認められて、この賞を受賞しました。

金竜成氏は、1958年に韓国の慶尚南道に生まれました。1980年代に日本に留学し、東京大学で社会学を学びました。卒業後、日本の社会福祉法人「恵泉会」に就職し、ホームレス支援活動に従事しました。1995年に、金竜成氏は帰国し、韓国で「在宅福祉教育センター」を設立しました。このセンターは、障害者の在宅ケアを支援する活動を行っています。

金竜成氏は、障害者の福祉向上に尽力したことで、2010年に吉川英治文化賞を受賞しました。この賞は、金竜成氏の福祉活動が、日本と韓国の両国に大きな影響を与えたことを称えたものです。金竜成氏は、この賞を受賞したことで、障害者の福祉向上に対する取り組みをさらに強化する決意を新たにしました。

金竜成氏は、その後も障害者の福祉向上に尽力し続け、2014年には韓国の福祉功労賞を受賞しました。また、2016年には、障害者の福祉に関する研究成果をまとめた著書「障害者の福祉政策」を出版しました。この著書は、障害者の福祉政策のあり方について、新しい視点を与えたとして、高く評価されています。

金竜成氏は、現在も在宅福祉教育センターの理事長を務めながら、障害者の福祉向上のための活動を続けています。金竜成氏の活動は、障害者の福祉向上に大きな貢献を果たしており、多くの人々から尊敬されています。

タイトルとURLをコピーしました