天岡均一 – 明治・大正時代の彫刻家

天岡均一 – 明治・大正時代の彫刻家

天岡均一の生涯と作品

天岡均一の生涯と作品

-天岡均一の生涯と作品-

天岡均一は、明治・大正時代の彫刻家です。1874年、和歌山県生まれ。1899年に東京美術学校を卒業し、1907年にヨーロッパに留学しました。1912年に帰国後、帝室技芸員に任命され、1927年には帝国芸術院会員となりました。1945年、東京で死去。

天岡均一の作品は、写実的な作風が特徴です。特に、人物彫刻を得意とし、多くの肖像彫刻を残しています。代表作には、乃木希典像(1925年)、東郷平八郎像(1927年)、山県有朋像(1931年)などがあります。

また、天岡均一は、彫刻教育にも力を入れました。1912年に東京美術学校彫刻科の教授に就任し、1927年には彫刻科主任教授に就任しました。多くの彫刻家を育成し、日本の彫刻界の発展に貢献しました。

天岡均一の作品は、現在でも各地の美術館や公共施設に収蔵されています。また、毎年開催される天岡均一展には、多くの作品が出品され、多くの人々が訪れています。

天岡均一は、明治・大正時代を代表する彫刻家で、日本の彫刻界の発展に貢献した偉大な芸術家です。

天岡均一と高村光雲

天岡均一と高村光雲

-天岡均一と高村光雲-

天岡均一と高村光雲は、明治・大正時代に活躍した二人の彫刻家である。両者は、同じ東京美術学校で学び、親密な関係にあった。

天岡均一は、1864年(元治元年)に東京に生まれた。東京美術学校を卒業後、ヨーロッパに留学し、ギリシャ彫刻やイタリア彫刻を研究した。帰国後、東京美術学校で教鞭を執り、多くの彫刻家を育てた。天岡の作品は、写実的で優美な作風で知られており、東京国立博物館や上野公園など、各地の公共施設に展示されている。

高村光雲は、1852年(嘉永5年)に東京に生まれた。東京美術学校を卒業後、ヨーロッパに留学し、ロダンやカルポーなどの彫刻家を師事した。帰国後、東京美術学校で教鞭を執り、多くの彫刻家を育てた。高村の作品は、写実的で力強い作風で知られており、東京国立博物館や上野公園など、各地の公共施設に展示されている。

天岡均一と高村光雲は、明治・大正時代の彫刻界を代表する二人の彫刻家である。二人の作品は、写実的で優美な作風と、写実的で力強い作風という対照的な美しさを持っており、日本彫刻の発展に大きく貢献した。

天岡均一の代表作「漆灰製豊公乗馬像」

天岡均一の代表作「漆灰製豊公乗馬像」

天岡均一 – 明治・大正時代の彫刻家

小見出し 天岡均一の代表作「漆灰製豊公乗馬像」

天岡均一は、明治・大正時代に活躍した彫刻家です。東京美術学校を卒業後、ヨーロッパに留学し、ロダンのもとで彫刻を学びました。帰国後は、東京美術学校教授として後進の指導にあたるかたわら、数多くの作品を制作しました。

天岡均一の代表作のひとつは、「漆灰製豊公乗馬像」です。この作品は、豊臣秀吉の騎馬像で、1916年に完成しました。高さは約3メートル、幅は約2.5メートル、奥行きは約1.5メートルです。

「漆灰製豊公乗馬像」は、漆と灰を混ぜた漆灰という素材で作られています。漆灰は、木彫や石彫よりも軽く、また、耐久性にも優れています。天岡均一は、この素材の特徴を生かし、躍動感あふれる秀吉の姿を表現しています。

「漆灰製豊公乗馬像」は、現在、東京国立博物館に所蔵されています。この作品は、天岡均一の代表作であり、明治・大正時代の彫刻を代表する作品のひとつです。

タイトルとURLをコピーしました