大関久五郎:明治-大正時代の地理学者

大関久五郎:明治-大正時代の地理学者

人物紹介

人物紹介

-人物紹介-

大関久五郎は、1858年に江戸で生まれた地理学者です。1877年に東京大学理学部に入学し、1882年に卒業しました。卒業後は文部省地理局に勤務し、1885年に地理局長に就任しました。1890年に東京帝国大学教授に任命され、1901年に地理学部長に就任しました。1906年に東京帝国大学を退官し、1917年に死去しました。

大関久五郎は、日本の地理学の発展に大きな貢献をしました。1889年に出版された『日本帝国地理誌』は、日本の地理学の最初の包括的な教科書であり、1903年に出版された『日本地理誌』は、日本の地理学の最初の体系的な教科書です。また、大関久五郎は、1893年に日本地理学会を設立し、初代会長に就任しました。日本地理学会は、日本の地理学の発展に大きな役割を果たしており、現在でも日本の地理学の中心的な組織となっています。

大関久五郎は、日本の地理学の分野で多くの業績を残しました。日本の地理学的发展に貢献したことはもちろん、地理学の分野で重要な役割を果たす組織を設立し、日本の地理学の発展に多大な貢献をしました。

アルプスの地形研究

アルプスの地形研究

-アルプスの地形研究-

久五郎は、1906年(明治39年)にヨーロッパに留学し、1909年(明治42年)に帰国するまで、アルプスの地形研究を精力的に行いました。

久五郎は、アルプス山脈を何度も踏査し、その地形を詳細に調査しました。彼は、アルプスの地形が氷河によって形成されたことを明らかにし、氷河地形に関する多くの論文を発表しました。

彼の研究は、アルプスの地形に関する理解を深め、氷河地形学の発展に大きく貢献しました。

久五郎は、アルプス山脈の地形を研究するだけでなく、アルプスの自然美にも魅了されました。彼は、アルプスの山々や湖の写真を数多く撮影し、その美しさを世に紹介しました。

久五郎のアルプスの研究は、日本におけるアルプス登山ブームの火付け役にもなりました。彼の著書『アル卑斯山紀行』は、多くの日本人にアルプスの魅力を伝え、アルプス登山を始めるきっかけとなりました。

久五郎は、アルプスの地形研究を通して、氷河地形学の発展に貢献し、アルプスの自然美を世に広めました。彼は、日本のアルプス登山ブームの火付け役であり、日本のアルピニズムの発展に大きな功績を残しました。

地図と地理教育

地図と地理教育

-地図と地理教育-

久五郎は、地図と地理教育の重要性を強く主張していました。彼は、地図は地理を学ぶための基本的な道具であり、地理教育には地図を積極的に活用すべきだと考えていました。

久五郎は、地図の作成にも携わっていました。彼は、1885年に日本初の詳細な地形図である「日本地形図」の編集長に任命され、その作成に尽力しました。「日本地形図」は、日本の地形の詳細を正確に表した画期的な地図であり、地理学の発展に大きな貢献を果たしました。

また、久五郎は、地理教育の普及にも尽力しました。彼は、1886年に東京高等師範学校(現・筑波大学)に地理学科を創設し、地理教育の専門家を育成しました。また、彼は、地理教育に関する著作を多く発表し、地理教育の普及に努めました。

久五郎の地図作成と地理教育への貢献は、日本の地理学の発展に大きな貢献を果たしました。彼の業績は、現在でも高く評価されており、日本の地理学者の中で最も重要な人物の一人とされています。

タイトルとURLをコピーしました