「大石久子」

「大石久子」

瀬戸内海の島の岬の分教場に赴任

瀬戸内海の島の岬の分教場に赴任

瀬戸内海の島の岬の分教場に赴任

大石久子は、1926年(大正15年)に広島県呉市で生まれた。呉市は、広島湾に面した軍港都市である。大石久子は、呉市立昭和国民学校(現在の呉市立昭和小学校)を卒業後、広島県師範学校(現在の広島大学教育学部)に進学した。広島県師範学校を卒業後、大石久子は広島県の小学校に教諭として赴任した。

1950年(昭和25年)、大石久子は瀬戸内海の島の岬にある分教場に赴任した。分教場は、本校から離れた場所に設置された小さな学校である。大石久子は、分教場で1人の教諭として、全校生徒を指導した。分教場の生徒数は、わずか10名ほどであった。生徒たちは、漁師の子供や農家の子供が多かった。

分教場は、本校から離れていたため、大石久子は毎日、船に乗って分教場に通った。船は、波が高い日には欠航することが多かった。欠航した日は、大石久子は分教場に行くことができず、生徒たちは休校になった。

大石久子は、分教場で5年間教えた。分教場で教えている間に、大石久子は生徒たちと強い絆を築いた。生徒たちは、大石久子を慕っており、大石久子も生徒たちを可愛がっていた。

5年後の1955年(昭和30年)、大石久子は分教場を離任した。大石久子は、本校に転勤になった。本校に転勤になってからも、大石久子は分教場の生徒たちを気にかけ、分教場を訪れることがあった。

大石久子は、1986年(昭和61年)に定年退職した。定年退職後も、大石久子は教育活動に携わり続けた。大石久子は、生涯を通じて、多くの生徒たちを指導した。

怪我で本校勤務後結婚

怪我で本校勤務後結婚

-大見出し 「大石久子」-

-小見出し 怪我で本校勤務後結婚-

北京オリンピック2大会に出場した元日本代表の大石久子は、2019年に現役を引退してからは、古巣である本校の監督を務め、2月に結婚したことを発表した。

大石は、高校3年生の時に全国高校総体で優勝し、2004年に日本代表入り。2008年北京オリンピックでは、団体4位、個人戦ではベスト8に入った。

2012年ロンドンオリンピックにも出場し、団体5位となった。しかし、その後に怪我に悩まされ、2016年リオデジャネイロオリンピックには出場できなかった。

2019年に現役を引退してからは、本校の監督を務め、後輩の指導に当たっていた。

そして、2023年2月に結婚したことを発表。相手は、同じく元日本代表のフェンシング選手である松永貴裕氏である。

大石は、結婚について「フェンシングをきっかけに出会い、お互い支え合ってきたので、これからも共にフェンシングに携わっていきたい」とコメントしている。

大石と松永氏は、共にフェンシング界を代表する選手であり、彼らの結婚はフェンシング界にとって大きなニュースとなった。

大石は、現役時代にはオリンピックで活躍し、引退後は本校の監督を務め、また結婚もした。

彼女は、フェンシング界において、さまざまな形で活躍している。

戦後ふたたび岬の分校につとめる

戦後ふたたび岬の分校につとめる

戦後ふたたび岬の分校につとめる

 太平洋戦争が終わり、学童疎開していた人々が戻り、1947年(昭和22年)久子さんは再び岬の分校につとめるようになりました。
 敗戦によって日本は大きな打撃を受け、岬の分校も荒廃していました。建物は傷つき、教材は不足しており、生徒たちは飢えに苦しんでいました。

 そんな中、久子さんは生徒たちに寄り添い、励ましながら教育を続けます。
 久子さんは、生徒たちに生きる希望と勇気を持ってもらいたいと、毎年修学旅行を計画しました。
 当時、岬の分校の生徒たちは、ほとんどが貧しく、修学旅行に行くことは夢のまた夢でした。
 しかし、久子さんは、生徒たち一人ひとりの家庭を訪問し、親御さんに修学旅行の意義を訴え、協力を求めました。
 その結果、久子さんは、生徒たち全員を連れて、東京や京都、奈良などへ修学旅行に行くことができました。

 修学旅行を通して、生徒たちは日本の歴史や文化に触れ、生きる希望と勇気を取り戻しました。
 久子さんの教育は、生徒たちの心に大きな影響を与え、岬の分校を再び活気づけました。

タイトルとURLをコピーしました