―大泉実成

―大泉実成

大泉実成の生涯

大泉実成の生涯

大見出し「―大泉実成」の下に作られた小見出しの「大泉実成の生涯」

大泉実成の生涯

大泉実成は、1895年(明治28年)2月11日に東京府南多摩郡大泉村(現・東京都練馬区大泉町)に生まれた。実業家であり、映画プロデューサー、映画監督、脚本家、俳優としても活動した。

1917年(大正6年)に早稲田大学専門部商科を卒業後、朝日新聞社に入社。1922年(大正11年)に退社し、映画業界に進出。1923年(大正12年)に大泉映画製作所を設立し、プロデューサー兼監督として活躍した。

1925年(大正14年)に、日本初の長編アニメーション映画『塙凹内名刀之巻』を製作。1927年(昭和2年)には、日本初のトーキー映画『君恋し』を製作した。

1931年(昭和6年)に、大泉映画製作所を松竹に売却。その後、1933年(昭和8年)に大映を設立した。大映では、プロデューサー兼監督として活躍し、多くのヒット作を手がけた。

1942年(昭和17年)に、大映を東宝に売却。その後、1946年(昭和21年)に大泉映画製作所を再設立した。大泉映画製作所では、プロデューサー兼監督として活躍し、多くのヒット作を手がけた。

1965年(昭和40年)に、大泉映画製作所を東映に売却。その後、1970年(昭和45年)に大泉映画を設立した。大泉映画では、プロデューサー兼監督として活躍し、多くのヒット作を手がけた。

1978年(昭和53年)11月22日に、東京都世田谷区の自宅で死去。享年83歳。

大泉実成は、日本映画の発展に大きく貢献した人物である。彼が残した作品は、現在でも多くの人々に愛され続けている。

大泉実成へのインタビュー

大泉実成へのインタビュー

-大泉実成へのインタビュー-

大泉実成は、日本の俳優。1940年生まれ。東京都出身。身長170cm、体重60kg。血液型はO型。

大泉実成は、1960年に映画『太陽の季節』でデビュー。その後、数多くの映画やドラマに出演し、人気俳優となった。代表作には、『男はつらいよ』シリーズ、『寅次郎物語』シリーズ、『釣りバカ日誌』シリーズなどがある。

大泉実成は、2018年に芸能生活60周年を迎えた。それを記念して、インタビューに応じた。

――芸能生活60周年を迎えて、率直な感想を教えてください。

「60年ですか。あっという間でした。でも、振り返ると、いろいろありましたね。デビュー当時は、まだ映画が全盛期で、年間何本もの映画に出演していました。今は、映画よりもドラマやバラエティ番組に出演することが多いですね。時代とともに、芸能界も変わっていきました」

――デビュー当時、どのような苦労がありましたか?

「苦労はありましたよ。映画の撮影は、当時は過酷でした。朝から晩まで、休みなしで撮影することが多かったですね。しかも、当時はまだデジタルカメラもなかったから、フィルムで撮影していました。フィルムは1本何万円もしたから、無駄遣いは許されませんでした。だから、監督からは『1発OK!』とよく言われていました」

――人気俳優となった今でも、撮影現場では緊張しますか?

「もちろん、緊張しますよ。撮影現場では、監督やスタッフ、他の俳優さんなど、多くの人がいるわけですから、その人たちの前で、自分の演技を披露するのはプレッシャーがかかります。でも、緊張するということは、それだけ作品に対して真摯に向き合っている証拠だと思います」

――俳優として、どのような役を演じたいですか?

「これまでに、さまざまな役を演じてきました。これからは、もっと幅広い役を演じてみたいですね。悪役も演じてみたいし、コメディにも挑戦してみたい。俳優として、まだまだやりたいことはたくさんあります」

――最後に、これから俳優を目指す若者たちにアドバイスをお願いします。

「俳優を目指すなら、まずは演技の勉強をしっかりしてください。そして、常に謙虚な姿勢で、人から学ぶことを忘れないでください。俳優は、一生勉強の道だと思います。どんな役でも、全力で演じることが大切です。そうすれば、必ず良い俳優になれると思います」

タイトルとURLをコピーしました