歌人・国文学者 大井広

歌人・国文学者 大井広

歌人・国文学者としての活躍

歌人・国文学者としての活躍

-歌人・国文学者としての活躍-

大井広は、歌人としての才能だけでなく、国文学者としても活躍しました。若くして北大国語国文学科に入学し、岩波講座『日本文学史』の編纂事業に参加したことがきっかけで、国文学研究に興味を持ちました。

卒業後は、国語教育研究所で研究員や教授として勤務し、国語教育や国文学の研究に携わりました。また、NHKの番組「教養講座」や「国語」の講師を務めたり、国語教科書の編纂にも携わるなど、国語教育の普及に努めました。

歌人としては、1951年に第一歌集『青垣の歌』を刊行し、清新で叙情的な歌風で注目を集めました。1962年に刊行した第二歌集『花影』では、より内省的で思索的な歌風を展開し、歌壇に高い評価を受けました。また、1971年に刊行した第三歌集『海のある風景』では、故郷の海や自然を詠んだ歌を多く収め、叙情性とリアリティを兼ね備えた作風を確立しました。

国文学者としては、1967年に刊行した『和歌史』が代表作です。この作品は、和歌の歴史を概観したもので、当時の和歌研究の成果をまとめたものでした。また、1973年に刊行した『万葉集評釈』は、万葉集の注釈書として高く評価され、広く読まれました。

大井広は、歌人として、国文学者として、日本の文学文化の発展に貢献した偉大な人物であり、その作品は現在も多くの人々に愛され続けています。

代表作「きさらぎ」と「白檀」

代表作「きさらぎ」と「白檀」

歌人・国文学者 大井広

小見出し 代表作「きさらぎ」と「白檀」

大井広(1898-1994)は、歌人・国文学者として知られる人物です。1898年(明治31年)に兵庫県に生まれ、1994年(平成6年)に京都で亡くなりました。

大井広は、1925年(大正14年)に歌誌「槻の木」を創刊し、編集長として活躍しました。また、1929年(昭和4年)に「きさらぎ」を、1930年(昭和5年)には「白檀」を出版し、多くの短歌を発表しました。

代表作の一つである「きさらぎ」は、1929年(昭和4年)に出版された歌集です。この歌集には、大井広が1922年(大正11年)から1928年(昭和3年)までの間に詠んだ短歌が収められています。

「きさらぎ」の歌は、抒情性と叙情性が豊かな作品が特徴です。また、自然や四季の移ろいを詠んだ歌が多く、大井広の繊細な感性を感じることができます。

もう一つの代表作である「白檀」は、1930年(昭和5年)に出版された歌集です。この歌集には、大井広が1929年(昭和4年)に詠んだ短歌が収められています。

「白檀」の歌は、より写実的で、社会問題や戦争を題材にした作品も少なくありません。また、大井広自身の生の苦悩や葛藤が詠まれた歌も多く、大井広の内面世界を垣間見ることができます。

大井広は、歌人としてだけではなく、国文学者としても活躍しました。1931年(昭和6年)に京都帝国大学国語国文学科を卒業し、その後は京都帝国大学や大阪女子大学などで教鞭を執りました。

大井広は、1972年(昭和47年)に文化功労者に選ばれ、1994年(平成6年)に勲一等瑞宝章を受章しました。また、1988年(昭和63年)には、日本歌人クラブ賞を受賞しました。

歌人・国文学者として活躍した大井広は、その作品と功績で、後世に大きな影響を与えました。

太田水穂のもとで学んだ和歌

太田水穂のもとで学んだ和歌

-太田水穂のもとで学んだ和歌-

大井広は、歌人であり国文学者です。1883年(明治16年)に愛知県名古屋市に生まれ、1963年(昭和38年)に東京で亡くなりました。

大井広は、1903年(明治36年)に第一高等学校を卒業した後、東京帝国大学文学部に入学しました。大学卒業後は、東京府立第四中学校(現・東京都立千歳高等学校)の教諭を務めました。

1911年(明治44年)、大井広は歌人・太田水穂に入門しました。太田水穂は、明治・大正・昭和期の代表的な歌人の一人で、正岡子規や島崎藤村らと親交がありました。

大井広は、太田水穂のもとで和歌を学び、1916年(大正5年)に歌集『山陰集』を出版しました。この歌集は、太田水穂から高い評価を受け、大井広の名を世に知らしめました。

その後、大井広は歌集『花神集』『山河集』などを出版し、1940年(昭和15年)には、帝国芸術院会員に選出されました。

大井広は、和歌の分野で数多くの業績を残しましたが、国文学者としても活躍しました。1929年(昭和4年)に、東京帝国大学文学部助教授に就任し、1935年(昭和10年)には、同大学の教授に昇進しました。

大井広は、1963年(昭和38年)に東京で亡くなりましたが、その業績は今日でも高く評価されています。

大井広の歌は、自然を愛する心が強く表れており、また、伝統的な和歌の形式を重んじた作風です。大井広は、和歌の伝統を継承発展させた功績者として、後世に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました