「上林暁」 – 生い立ちから晩年までの軌跡

「上林暁」 – 生い立ちから晩年までの軌跡

生い立ちと学生時代

生い立ちと学生時代

-生い立ちと学生時代-

大見出し「「上林暁」 – 生い立ちから晩年までの軌跡」の下に作られた小見出しの「生い立ちと学生時代」の本文です。

上林暁は、1902年(明治35年)8月23日、東京府東京市本郷区(現在の東京都文京区本郷)に生まれた。父は東京大学の法科大学教授であった上林敬次郎、母は上林柳子である。暁は、敬次郎と柳子の間に生まれた3人の子供のうちの長男であった。

暁は、幼い頃から病弱であり、小学校時代に結核を患った。そのため、同級生たちと遊ぶことができなかったが、本を読むことには熱中した。暁は、特にフランス文学を好み、ギ・ド・モーパッサンやアルフレッド・ド・ミュッセの作品を愛読した。

暁は、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後、東京帝国大学文学部仏文科に進学した。大学在学中は、フランス文学の研究に没頭し、卒業後はフランスに留学した。暁は、パリ大学でフランス文学を学び、1929年(昭和4年)に帰国した。

帰国後は、東京帝国大学文学部仏文科の講師となり、フランス文学の研究と教育に携わった。また、この頃、小説を書き始め、1933年(昭和8年)に『刺青』で芥川賞を受賞した。暁は、この作品で、日本の社会や文化を鋭く批判し、大きな反響を呼んだ。

暁は、その後も小説を書き続け、1935年(昭和10年)に『春琴抄』で直木賞を受賞した。暁は、この作品で、江戸時代の遊女の悲劇を描き、日本人の美意識を鋭く問うた。

暁は、1945年(昭和20年)8月15日の終戦後、GHQによって公職追放処分を受け、東京帝国大学文学部仏文科の講師を辞任した。その後、暁は、フリーの作家として活動し、1948年(昭和23年)に『化粧』で毎日出版文化賞を受賞した。

暁は、1969年(昭和44年)2月15日、東京都渋谷区神宮前の自宅で死去した。享年66歳であった。

作家としての人生: 始まりから成功へ

作家としての人生: 始まりから成功へ

-作家としての人生 始まりから成功へ-

上林暁は幼少期から文学に興味を持っていた。彼はよく本を読み、学生時代には文章を書くことに熱心だった。高校卒業後、彼は早稲田大学に入学し、文学を専攻した。

大学在学中は学生文芸雑誌に作品を発表し、その才能を認められ、幾つかの文学賞を受賞した。卒業後は雑誌記者として働きながら、執筆活動を続けた。

しかし、上林暁が作家として成功するまでには、長い道のりがあった。彼は執筆しながら、貧乏生活を送った。彼の作品はしばしば難解だとして批評され、商業的な成功を収めることはできなかった。

それでも、上林暁は諦めなかった。彼は書き続け、最終的には彼の作品は認められた。1962年、彼は芥川賞を受賞し、作家として成功を収めた。

芥川賞受賞後は、上林暁は作家として精力的に活躍した。彼は多くの小説や戯曲を発表し、その作品は国内外で高く評価された。1991年には、文化勲章を受章した。

上林暁は、晩年まで執筆活動を続けた。彼は2001年に81歳で亡くなったが、彼の作品は今も人々に読み継がれている。

上林暁は、困難を乗り越えて作家として成功した人物である。彼の作品は難解だが、その奥底には深い洞察と人間への愛情が込められている。彼の作品はこれからも人々に読み継がれ、愛され続けるであろう。

戦後の執筆活動と晩年

戦後の執筆活動と晩年

-戦後の執筆活動と晩年-

戦後、上林暁は「俘虜記」(1946年)や「闘牛」(1949年)などの戦争体験を綴った作品を発表し、当時のベストセラーとなった。また、「ニューヨーク物語」(1950年)や「バルカン半島をあるく」(1952年)など、海外旅行記も精力的に執筆した。

1950年代中頃から、上林暁は晩年の執筆活動に力を注いだ。特に、1957年に発表された「氷河期」は、上林暁の代表作の一つに数えられる。この作品は、氷河期に生きた原始人の生活を描いたもので、人間の本質や文明のあり方について深い洞察が込められている。

1958年、上林暁は70歳で死去した。しかし、その作品は今日でも多くの人々に読み継がれている。上林暁は、日本近代文学史を代表する作家の一人であり、その作品はこれからも読み継がれていくであろう。

晩年の上林暁は、執筆活動に加えて、講演会やテレビ出演などにも積極的に参加し、社会批評家としての役割も担った。また、1956年には日本芸術院会員に選出されている。

1958年5月10日、上林暁は70歳で死去した。その死は、多くの読者や文壇関係者に衝撃を与えた。

上林暁の文学は、鋭い洞察力と豊かな想像力に裏打ちされた、人間と社会の深い理解に基づいている。その作品は、人間の生き方や社会のあり方について、今日でも多くの人々に示唆を与え続けている。

タイトルとURLをコピーしました