「芥川寸艸」

「芥川寸艸」

芥川寸艸の生涯

芥川寸艸の生涯

芥川寸艸の生涯

芥川寸艸(あくたがわ すんそう)は、日本の小説家、評論家、翻訳家です。芥川龍之介の父であり、芥川比呂志の祖父でもあります。

1862年(文久2年)に、江戸で生まれました。幼名は八重蔵。1875年(明治8年)に東京専門学校(現在の東京大学)に入学し、政治経済学部を卒業しました。卒業後は、大蔵省に入省し、銀行監査官として勤務しました。

1891年(明治24年)に、銀行監査官を辞職し、文筆業に専念しました。1895年(明治28年)に、小説「足迹」を発表し、作家としてデビューしました。その後も、多くの小説、評論、翻訳を発表し、高い評価を受けました。

1903年(明治36年)には、芥川賞の前身である直木三十五賞を創設しました。芥川賞は、日本の文学賞の中で最も権威ある賞の一つであり、芥川寸艸は、日本の文学界に大きな功績を残した人物です。

1928年(昭和3年)に、脳溢血のため死去しました。享年67。

芥川寸艸は、日本の近代文学の発展に大きく貢献した人物です。彼の作品は、鋭い洞察力と巧みな表現で、人間の心理や社会の矛盾を描き出しており、今もなお多くの人々に読み継がれています。

芥川寸艸の業績

芥川寸艸の業績

-芥川寸艸の業績-

芥川寸艸(あくたがわ ずんそう、1870年1月25日 – 1927年8月24日)は、日本の哲学者、仏教学者、教育者。東京帝国大学教授、京都帝国大学総長を歴任。号は寸艸。

-京都帝国大学総長在任中-

京都帝国大学総長在任中は、文学部のから理学部、医学部への学内抗争など多くの問題を抱えていた。さらに、大学自治の問題や、学術界の腐敗などにも対処しなければならないなど、困難な状況にあった。

しかし、芥川はこうした困難を乗り越え、大学の発展に尽力した。1920年には、総長在任中に「大学自治問題に関する決議」をまとめ、大学自治の確立を目指して活動した。また、学術界の腐敗に対しては、学術研究の公正さを確保するために「学術研究規程」を制定した。

さらに、芥川は、京都帝国大学の研究レベルを引き上げるため、多くの改革を行った。研究費を増加させ、研究室や図書館の整備を進めた。また、学部の新設や、教員の招聘などにも力を注いだ。

-東京帝国大学教授時代-

東京帝国大学教授時代には、哲学、仏教学、教育学などの分野で活躍した。特に、仏教学の分野では、多くの研究成果を残した。

芥川の仏教学研究は、主に浄土教と禅宗を対象としていた。浄土教については、「浄土教研究」(1906年)、「浄土教史」(1912年)などの著書を著し、浄土教の思想や歴史を明らかにした。また、禅宗については、「禅宗研究」(1913年)、「禅宗史」(1917年)などの著書を著し、禅宗の思想や歴史を明らかにした。

芥川の仏教学研究は、日本の仏教学の発展に大きな貢献をした。芥川の研究は、日本の仏教学の基礎を築いただけでなく、日本の仏教学の研究方法にも大きな影響を与えた。

-芥川寸艸の業績のまとめ-

芥川寸艸は、日本の哲学者、仏教学者、教育者として活躍した。京都帝国大学総長、東京帝国大学教授を歴任し、日本の大学教育と学術研究の発展に尽力した。

また、芥川は、浄土教と禅宗の研究において多くの成果を残した。芥川の仏教学研究は、日本の仏教学の発展に大きな貢献をした。

芥川寸艸は、日本の学術界の発展に大きな貢献をした偉大な学者である。

芥川寸艸の人物像

芥川寸艸の人物像

-芥川寸艸の人物像-

芥川寸艸は、芥川龍之介の弟で、芥川龍之介の小説『羅生門』の盗賊のモデルとされる人物である。

芥川寸艸は、1892年(明治25年)7月15日に東京府東京市本所区森下町(現在の東京都墨田区文花)に、父・芥川龍之介、母・芥川藤の長男として生まれた。

芥川寸艸は、幼い頃から文学に興味を持ち、芥川龍之介の作品を愛読していた。また、芥川寸艸は、芥川龍之介の小説『羅生門』の盗賊のモデルになったと言われている。

芥川寸艸は、1911年(明治44年)に東京物理学校(現在の東京理科大学)に入学した。芥川寸艸は、東京物理学校在学中に、芥川龍之介の作品『羅生門』を発表した。

芥川寸艸は、1915年(大正4年)に東京物理学校を卒業した。芥川寸艸は、卒業後は、東京帝国大学理学部に入学した。芥川寸艸は、東京帝国大学理学部在学中に、芥川龍之介の作品『羅生門』が芥川賞を受賞した。

芥川寸艸は、1919年(大正8年)に東京帝国大学理学部を卒業した。芥川寸艸は、卒業後は、東京市内の会社に就職した。

芥川寸艸は、1927年(昭和2年)に芥川龍之介が自殺したことにより、芥川家の家長となった。芥川寸艸は、芥川家の家長として、芥川龍之介の作品の管理や、芥川龍之介に関する資料の収集などに努めた。

芥川寸艸は、1980年(昭和55年)7月15日に東京都杉並区阿佐ヶ谷南で死去した。享年88。

タイトルとURLをコピーしました