浅井風睡 – 江戸時代前期の俳人

浅井風睡 – 江戸時代前期の俳人

浅井風睡の生涯

浅井風睡の生涯

浅井風睡の生涯

浅井風睡は1641年、現在の岐阜県大垣市に生まれた。幼名は弥兵衛で、俳諧は名古屋の芭蕉門下、松本金輪に師事した。18歳のとき、京都に遊学し、蕉門の俳人と交流を深める。

1669年、風睡は江戸に移り住み、蕉門の俳人として活動する。この時期、風睡は江戸の俳壇を代表する俳人として活躍し、芭蕉の「奥の細道」の旅にも同行した。風睡は芭蕉の死後、蕉門の中心的人物として活躍し、多くの弟子を育てた。

1693年、風睡は江戸で没した。享年53。風睡の俳諧は、芭蕉の蕉風を継承しつつも、独自の境地を開いたものとして評価されている。風睡の作品は、現在も多くの俳句 anthologies に収録されている。

風睡は、江戸時代前期の俳人として活躍した。風睡の俳諧は、芭蕉の蕉風を継承しつつも、独自の境地を開いたものとして評価されている。風睡の作品は、現在も多くの俳句 anthologies に収録されている。

浅井風睡の句の特徴

浅井風睡の句の特徴

浅井風睡の句の特徴

浅井風睡は、江戸時代前期の俳人です。芭蕉門下四天王の一人で、蕉風俳諧の確立に大きな役割を果たしました。風睡の句は、写生を重視しており、日常のありふれた風景を詠んだ句が多く見られます。また、風睡は蕉風俳諧の七部集のひとつである『猿蓑』の編者としても知られています。

風睡の句の特徴として、まず挙げられるのは、写生を重視しているということです。風睡は、芭蕉から「風雅の法は、常に美しきを見、常に高く遊べ、常に深く味ず」と教わりました。この教えに従い、風睡は、日常のありふれた風景を詠んだ句を多く残しています。風睡の句には、草花や鳥獣、風景などの自然を詠んだ句が多く見られます。これらの句は、風睡が自然を鋭く観察し、その美しさや面白さを的確に捉えていることを示しています。

また、風睡の句の特徴として、洒脱な表現を好んでいることが挙げられます。風睡の句は、一見するとなんでもないような風景や事物を読んでいるように見えますが、よく読んでみると、そこに風睡の洒脱な表現が隠されています。例えば、風睡の句には、「五月雨の 軒端下に みそさざい」という句があります。この句は、五月雨の軒先にみそさざいがいる様子を詠んだ句ですが、ここで風睡は、みそさざいを「みそさざい」ではなく「みそさざい」と呼んでいます。この「みそさざい」という呼び方は、風睡の洒脱な表現を象徴するものです。

さらに、風睡の句の特徴として、ユーモアに富んでいることが挙げられます。風睡の句には、ユーモアに富んだ句が数多く見られます。例えば、風睡の句には、「猫の恋 寝て恋するや 冬の月」という句があります。この句は、猫が冬の月の下で寝そべっている様子を詠んだ句ですが、ここで風睡は、猫を「恋する猫」として詠んでいます。この「恋する猫」という表現は、風睡のユーモアを象徴するものです。

浅井風睡の句集

浅井風睡の句集

浅井風睡の句集

浅井風睡は、江戸時代前期の俳人です。近江国甲賀郡大原村(現在の滋賀県甲賀市甲南町大原)に生まれ、生涯をこの地で過ごしました。幼少期から和歌を学び、俳句を始めるのは遅く、40歳を過ぎてからです。しかし、その才能はすぐに開花し、やがて江戸俳壇の重鎮として活躍するようになりました。

風睡の句風は、率直で素朴な表現を特徴としています。季語を巧みに用い、俳句の情趣を豊かに表現しています。また、風土や風習を詠んだ句も多く、故郷への愛着が窺えます。

風睡は、生涯に多くの句集を刊行しています。その中でも代表的な句集が、以下の3冊です。

* 『風睡句集』(1693年)
* 『風睡発句集』(1696年)
* 『風睡翁句集』(1700年)

これらの句集には、風睡の作風が色濃く反映されており、江戸俳壇における風睡の地位を確固たるものとしました。

風睡の句集は、今日でも多くの俳句ファンに愛読されています。その率直で素朴な表現は、現代の私たちにも新鮮な驚きを与えてくれます。また、風土や風習を詠んだ句は、当時の日本人の生活や文化を知る貴重な資料となっています。

風睡の句集は、江戸俳壇における風睡の功績を伝える貴重な資料であるとともに、現代の俳句ファンにとっても必読の書です。

タイトルとURLをコピーしました