浦上后三郎-ドイツ文学者

浦上后三郎-ドイツ文学者

プロフィール

プロフィール

-プロフィール-

浦上后三郎は、1874年(明治7年)2月17日に京都府京都市で生まれた。本名は浦上章三郎である。京都府立第一中学校、第三高等学校を経て、1901年(明治34年)に東京帝国大学文学部独文科に入学した。在学中は、上田敏、坪内逍遥、森鷗外らの指導を受け、ドイツ文学を専攻した。1905年(明治38年)に東京帝国大学を卒業した後、ドイツに留学し、ハイデルベルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学で学んだ。1909年(明治42年)に帰国し、東京帝国大学文学部講師に就任した。

1911年(明治44年)に東京帝国大学助教授に昇進し、1914年(大正3年)に東京帝国大学教授に昇任した。1920年(大正9年)には、東京帝国大学文学部長に就任した。1923年(大正12年)に発生した関東大震災により、東京帝国大学が被災したため、浦上后三郎は、東京帝国大学を辞職し、関西学院大学教授に就任した。

1925年(大正14年)に、浦上后三郎は、京都帝国大学文学部教授に就任した。1931年(昭和6年)には、京都帝国大学文学部長に就任した。1935年(昭和10年)に、浦上后三郎は、京都帝国大学を退職した。退職後は、日本独文学会会長、日本ゲーテ協会会長などの要職を歴任した。1947年(昭和22年)に死去した。

浦上后三郎は、ドイツ文学の研究者として、多くの業績を残した。主な著書に、「ドイツ文学史」(1912年)、「ゲーテ論集」(1920年)、「シラー論集」(1924年)、「ハイネ論集」(1928年)、「日本の詩歌とドイツ文学」(1931年)などがある。また、浦上后三郎は、多くのドイツ文学作品を翻訳・紹介した。主な訳書に、「ゲーテ全集」(1913~1920年)、「シラー全集」(1921~1925年)、「ハイネ全集」(1926~1930年)などがある。

浦上后三郎は、ドイツ文学の研究者として、日本のドイツ文学研究の発展に大きく貢献した。また、浦上后三郎は、多くのドイツ文学作品を翻訳・紹介し、日本の読者にドイツ文学の魅力を伝えた。浦上后三郎は、日本のドイツ文学研究のパイオニアであり、日本のドイツ文学研究の発展に多大な貢献をした人物である。

学歴とキャリア

学歴とキャリア

– 浦上后三郎 – ドイツ文学者

-# 学歴とキャリア

浦上后三郎は、1891年(明治24年)10月20日に岡山県倉敷市に生まれました。1914年(大正3年)に第一高等学校を卒業し、1918(大正7年)年に東京帝国大学文科大学英文科を卒業しました。大学卒業後は、東京高等師範学校教授や東京女子大学教授を歴任し、1930年(昭和5年)には東京帝国大学文学部教授となりました。1933年(昭和8年)には、帝国学士院会員に選出されました。

浦上后三郎は、ドイツ文学の研究者として知られ、1925年(大正14年)に出版した『ゲーテ研究』は、日本におけるゲーテ研究の草分け的な作品となりました。また、1932年(昭和7年)に出版した『ドイツ文学史』は、日本のドイツ文学研究の金字塔とされています。

浦上后三郎は、1945年(昭和20年)8月15日に、東京帝国大学文学部教授在職のまま、53歳で死去しました。

浦上后三郎は、ドイツ文学の研究者として、日本のドイツ文学研究に大きな足跡を残しました。彼の研究は、ゲーテやシラー、ヘーゲルの思想を日本に紹介し、日本の思想界に大きな影響を与えました。また、彼の研究は、日本のドイツ文学教育の発展にも貢献しました。

浦上后三郎は、日本のドイツ文学研究の草分け的な存在であり、日本のドイツ文学研究の発展に大きな功績を残した人物です。

主な研究分野と業績

主な研究分野と業績

-主な研究分野と業績-

浦上后三郎の主な研究分野は、ドイツロマン主義、ドイツ文学史、比較文学、ドイツ語学教育などでした。彼は、これらの分野において多くの研究成果を残し、ドイツ文学研究の発展に大きな貢献をしました。

浦上の研究の中でも特に重要なのは、ドイツロマン主義の研究です。彼は、ドイツロマン主義の思想や文学作品を深く分析し、その本質を明らかにしました。また、ドイツロマン主義と他の文学運動との関係についても研究を行い、ドイツ文学史におけるドイツロマン主義の位置づけを明確にしました。

浦上の研究は、ドイツ文学研究者だけでなく、比較文学研究者やドイツ語学教育者にも高く評価されました。彼の研究成果は、ドイツ文学研究の基礎を固め、その発展に大きな影響を与えました。

以下は、浦上の主な研究成果を紹介します。

* 『ドイツ文学史』(共著、1931年)
* 『ドイツロマン派の思想と文学』(1934年)
* 『ドイツロマン主義の研究』(1937年)
* 『ドイツ文学史概説』(1940年)
* 『ドイツ語学教育法』(1943年)

浦上の研究成果は、現在でも高く評価されており、ドイツ文学研究の基礎文献として広く読まれています。

タイトルとURLをコピーしました