江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡

江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡

謎に包まれた生涯

謎に包まれた生涯

-江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡-

-謎に包まれた生涯-

浅田一鳥は、江戸時代中期の浄瑠璃作者である。享保年間(1716年~1736年)に活躍したとされ、その生涯については謎に包まれている。

一鳥の出生については、諸説あり、明らかになっていない。一説によると、大阪の裕福な商人の息子として生まれたとされる。また、京都の出身で、武士の家に生まれたともいわれる。

一鳥は、若い頃から浄瑠璃を好んでおり、浄瑠璃作者を志した。当時、浄瑠璃は、大衆の間で人気の高い芸能であり、多くの浄瑠璃作者が活躍していた。一鳥も、その一人として、浄瑠璃の世界に身を投じた。

一鳥の浄瑠璃作品は、その巧みな台詞回しや、登場人物の心理描写に定評があった。一鳥は、浄瑠璃を通じて、人々の心に訴えかける作品を数多く生み出した。

しかし、一鳥の生涯は、波乱に満ちたものであった。一鳥は、浄瑠璃作者として成功を収めたものの、その一方で、多くの苦難に直面した。一鳥は、酒に溺れ、借金を抱えてしまった。また、一鳥は、他の浄瑠璃作者とトラブルを起こし、一時は、浄瑠璃の世界から追放されてしまったこともあった。

一鳥は、苦難を乗り越えて、浄瑠璃作者として活動を続けた。一鳥は、晩年まで、浄瑠璃作品を書き続け、その作品は、人々に愛された。

一鳥は、享保20年(1736年)に、50歳前後の若さで亡くなった。一鳥の死後、その作品は、後世の浄瑠璃作者に大きな影響を与えた。一鳥は、江戸時代中期の浄瑠璃界を代表する浄瑠璃作者の一人である。

豊竹座での栄華

豊竹座での栄華

江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡

豊竹座での栄華

浅田一鳥は、江戸中期の浄瑠璃作者で、豊竹座の立作者として活躍しました。豊竹座は、江戸三座の一つで、人形浄瑠璃の黄金時代を築いた劇場です。

一鳥は、1742年に大坂で生まれ、1762年に江戸へ出て、豊竹座の立作者となりました。一鳥は、優れた戯曲の作者として知られ、その作品は、豊竹座の看板役者である二代目竹本義太夫や二代目豊竹若太夫によって上演され、大きな人気を集めました。

一鳥の作品の特徴は、江戸の庶民の生活や風俗を題材にした作品が多いことです。また、一鳥の作品は、人情味豊かで、登場人物の心情を巧みに表現しています。そのため、一鳥の作品は、江戸の庶民に広く愛されました。

一鳥は、1792年に50歳で亡くなりましたが、その作品は、その後も上演され続け、江戸の浄瑠璃文化の発展に大きな貢献をしました。

一鳥の代表作には、以下のような作品があります。

* 『摂州合邦辻』
* 『義経千本桜』
* 『菅原伝授手習鑑』
* 『仮名手本忠臣蔵』
* 『曽根崎心中』

これらの作品は、現在でも上演され続けており、一鳥の浄瑠璃作者としての才能の高さを物語っています。

代表作『播州皿屋鋪』の物語

代表作『播州皿屋鋪』の物語

-代表作『播州皿屋鋪』の物語-

浅田一鳥の代表作『播州皿屋鋪』は、播磨国(現在の兵庫県)を舞台にした世話浄瑠璃です。主人公はおさんという娘で、彼女は皿屋を営む両親のもとで幸せに暮らしていました。しかし、ある日、おさんの父が他界してしまいます。母は再婚しますが、継父は酒浸りでろくでなしでした。継父は、おさんの母を働かせて酒代を稼がせ、おさんには皿を売る仕事を押し付けました。

おさんは、皿を売るために播磨国中を旅しました。ある日、おさんは丹波国(現在の兵庫県丹波市)の塩屋という村にやって来ました。そこで、おさんは一人の旅人と出会いました。旅人は、おさんの事情を聞いてかわいそうに思い、おさんに旅費を恵んでくれました。おさんは、旅人の好意に感謝し、旅を続けました。

おさんは、播磨国中を旅して皿を売り、ようやく継父の酒代を稼ぎました。しかし、継父はまた酒を飲み始め、おさんを働かせました。おさんは、継父のことが嫌になり、ついに家出をしてしまいました。

おさんは、家出をしてから播磨国中をさまよいました。ある日、おさんは一人の武士に出会いました。武士は、おさんの事情を聞いてかわいそうに思い、おさんに自分の屋敷に住むことを許しました。おさんは、武士の屋敷に住み込みで働き始めました。

おさんは、武士の屋敷で働きながら、継父のことを忘れようとしていました。しかし、ある日、おさんは継父が自分の屋敷にやって来たことを知りました。継父は、おさんを連れ戻そうとしましたが、おさんは武士に助けられました。

継父は、おさんを連れ戻すことができずに、播磨国を去りました。おさんは、武士の屋敷で働き続け、幸せに暮らしました。

タイトルとURLをコピーしました