権田萬治 – 日本を代表する文芸評論家

権田萬治 – 日本を代表する文芸評論家

権田萬治の評論活動と受賞歴

権田萬治の評論活動と受賞歴

-# 権田萬治の評論活動と受賞歴

権田萬治は、昭和を代表する文芸評論家です。1902年、群馬県に生まれ、早稲田大学文学部を卒業後、文芸評論家として活躍しました。

権田萬治の評論活動は、1920年代に始まり、1930年代には、文壇の第一線で活躍するようになりました。権田萬治の評論は、鋭い洞察力と論理的な展開で、多くの読者から支持されました。

権田萬治の評論活動は、1940年代に入ると、戦争の影響で一時中断されましたが、戦後には、再び評論活動を再開しました。権田萬治の戦後の評論は、戦時下の文学を批判し、新しい文学のあり方を模索するものでした。

権田萬治は、1950年代には、文芸評論の最高峰である「読売文学賞」を受賞しました。また、1960年代には、日本芸術院会員に選出されました。

権田萬治は、1970年に亡くなりましたが、その著作は現在でも多くの読者に読まれています。権田萬治の評論は、日本の文学史において重要な位置を占めており、後世の文芸評論家に大きな影響を与えています。

-権田萬治の評論活動と受賞歴-

* 1920年代文芸評論家としてデビュー
* 1930年代文壇の第一線で活躍
* 1940年代戦争の影響で評論活動を中断
* 1950年代「読売文学賞」を受賞
* 1960年代日本芸術院会員に選出
* 1970年死去

権田萬治の主な著作

権田萬治の主な著作

-権田萬治の主な著作-

権田萬治は、多くの著作を残しましたが、その中でも特に重要なものは以下の通りです。

* -『近代文学の諸問題』-(1935年) これは、権田萬治の初期の著作であり、近代文学のさまざまな問題を論じたものです。権田萬治は、この著作で、近代文学の特質は「現実に対する批判精神」にあると主張しました。また、権田萬治は、この著作で、作家が社会の問題を積極的に取り上げるべきだと主張しました。
* -『文学におけるリアリズムの問題』-(1937年) これは、権田萬治の代表的な著作であり、文学におけるリアリズムの問題を論じたものです。権田萬治は、この著作で、リアリズムは「現実をありのままに描くこと」ではなく、「現実の本質を明らかにすること」であると主張しました。また、権田萬治は、この著作で、リアリズムは作家の主観的な感情に左右されてはならないと主張しました。
* -『近代日本文学史』-(1941年) これは、権田萬治が近代日本文学の歴史を論じた著作です。権田萬治は、この著作で、近代日本文学は「西欧文学の影響を受けて発展した」と主張しました。また、権田萬治は、この著作で、近代日本文学は「社会の変動を反映して変化した」と主張しました。
* -『文学の社会性』-(1948年) これは、権田萬治が文学の社会性を論じた著作です。権田萬治は、この著作で、文学は「社会の問題を反映したもの」であり、「社会に影響を与えるもの」であると主張しました。また、権田萬治は、この著作で、作家は「社会の問題を積極的に取り上げるべきである」と主張しました。

これらは、権田萬治の主な著作の一部です。権田萬治は、これらの著作で、近代文学のさまざまな問題を論じ、近代日本文学の歴史を明らかにしました。権田萬治は、日本の文芸評論の発展に大きな貢献をした人物です。

権田萬治の経歴と人物像

権田萬治の経歴と人物像

-権田萬治の経歴と人物像-

権田萬治(ごんだ・ばんじ)は、明治23年(1890年)に東京に生まれた文芸評論家です。早稲田大学国文科を卒業後、一時、同大学の助手として勤務しましたが、その後は文筆業に専念しました。

権田萬治は、昭和12年(1937年)に『文芸評論』を創刊し、昭和26年(1951年)に『作家論』を刊行しました。これらの作品は、日本の文芸評論界に大きな影響を与え、権田萬治は日本を代表する文芸評論家として知られるようになりました。

権田萬治は、文学作品を分析し、その価値を評価するという評論スタイルをとっていました。彼は、文学作品を「言葉の芸術」とみなし、その言葉遣いや表現方法を重視しました。また、文学作品を単なる芸術作品としてではなく、社会や人生の問題を反映したものであると捉え、その思想性や社会性を重視しました。

権田萬治は、鋭い批評眼と幅広い知識を備えた文芸評論家でした。彼は、文学作品を深く読み込み、その価値を正確に評価しました。また、彼は文学作品を単なる芸術作品としてではなく、社会や人生の問題を反映したものであると捉え、その思想性や社会性を重視しました。

権田萬治の文芸評論は、今日でも多くの読者に読まれ、日本の文学界に大きな影響を与えています。彼は、日本を代表する文芸評論家として、その名を残しています。

タイトルとURLをコピーしました