人名辞典 – 相川景見(1811-1875)

人名辞典 – 相川景見(1811-1875)

相川景見の生涯

相川景見の生涯

-相川景見の生涯-

相川景見は、江戸時代末期の維新志士、政治家。諱は省斎。相川七郎、相川左武郎、相川省三、相川景雄、西村省斎とも名乗った。

1811年、肥前国松浦郡岩屋村(現・長崎県松浦市福島町)に生まれる。父は相川景久、母は西村氏の娘。幼名は七郎。

1826年、肥前国平戸藩の藩校・松陰館に入学。儒学者・松浦静山に師事し、学問を修める。

1834年、平戸藩の藩士となる。1837年、江戸に出て、昌平坂学問所に学ぶ。

1842年、平戸藩に帰藩。1844年、藩主・松浦静山に随従して江戸に赴き、将軍・徳川家慶に謁見。

1846年、平戸藩の江戸藩邸の留守居役となる。

1848年、平戸藩の藩主・松浦静山の命により、幕府の老中・阿部正弘に謁見。幕府の改革への要望を述べる。

1853年、ペリー来航。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、ペリーと会見。

1854年、日米和親条約締結。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、神奈川でハリスと会見。

1858年、日米修好通商条約締結。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、江戸でハリスと会見。

1860年、桜田門外の変。景見は、幕府の老中・安藤信正に随従して、江戸城に登城。

1861年、文久の改革。景見は、幕府の老中・長野主膳に随従して、江戸城に登城。

1862年、生麦事件。景見は、幕府の老中・安藤信正に随従して、横浜に赴き、イギリス公使・オールコックと会見。

1863年、薩英戦争。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、鹿児島に赴き、薩摩藩主・島津斉彬と会見。

1864年、禁門の変。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、京都に赴き、孝明天皇に謁見。

1866年、第二次長州征伐。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、広島に赴き、毛利敬親と会見。

1867年、王政復古。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、江戸城に登城。

1868年、戊辰戦争。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、江戸城に籠城。

1869年、江戸城開城。景見は、幕府の老中・阿部正弘に随従して、江戸城を退去。

1870年、景見は、東京府の参事となる。

1871年、景見は、東京府の知事となる。

1872年、景見は、東京府の知事を辞任。

1875年、景見は、東京府で死去。享年65。

相川景見の和歌

相川景見の和歌

-相川景見の和歌-

相川景見は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した歌人・国学者である。

景見は、天保2年(1831年)に、越後国蒲原郡三条町(現在の新潟県三条市)に生まれた。幼名は欽太郎。

14歳のとき、上京して漢学を学び、その後、和歌の勉強も始めた。

文久元年(1861年)に、景見は、最初の歌集である『鶏聲集』を出版した。

この歌集は、憂国の情を詠んだ歌が多く、幕末の動乱を象徴する歌集として高く評価された。

慶応4年(1868年)に、明治維新が起こり、景見は、新政府に出仕して、文部省の官僚となった。

この間、景見は、和歌の研究を続け、明治17年(1884年)には、『万葉集』の注釈書である『万葉集略解』を出版した。

この注釈書は、従来の『万葉集』の注釈書とは異なり、歌の解釈を重視したもので、和歌研究に大きな影響を与えた。

景見は、明治18年(1885年)に、東京で死去した。享年75。

相川景見は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した歌人・国学者である。

景見は、憂国の情を詠んだ歌が多く、幕末の動乱を象徴する歌人として知られている。

また、景見は、『万葉集』の注釈書である『万葉集略解』を出版し、和歌研究に大きな影響を与えた。

相川景見の著作

相川景見の著作

– 相川景見の著作

相川景見は、江戸時代後期の儒学者・国学者です。

相川景見 (1811-1875) は、江戸時代後期の儒学者・国学者です。幕末に尊王攘夷活動に参加し、明治維新後は司法省に出仕しました。

相川景見は、嘉永5年(1852年)に『国史略』を著しました。この書は、日本の建国神話から孝明天皇の時代までの歴史を、簡潔にまとめたものです。また、安政3年(1856年)には『国史略外編』を著しました。この書は、『国史略』の補遺的なもので、日本の風俗や習慣、制度などについて解説しています。

これらの著作は、幕末の尊王攘夷運動に大きな影響を与えました。特に、『国史略』は、尊王攘夷の思想を普及するのに大きな役割を果たしました。また、『国史略外編』は、日本の伝統文化を再評価するのに役立ちました。

明治維新後は、司法省に出仕しました。明治6年(1873年)には、法制局の局長に任命されました。法制局では、刑法や民法などの近代法典の制定に携わりました。

明治8年(1875年)、相川景見は病没しました。享年65歳でした。相川景見は、幕末の尊王攘夷運動に大きな影響を与えた儒学者・国学者であり、また、明治維新後の法制整備に貢献した人物です。

相川景見の著作は、幕末の尊王攘夷運動や明治維新後の法制整備に大きな影響を与えました。また、日本の伝統文化を再評価するするのにも役立ちました。

タイトルとURLをコピーしました