「竹山重栄」(?-? 江戸時代前期の俳人)

「竹山重栄」(?-? 江戸時代前期の俳人)

竹山重栄の生涯について

竹山重栄の生涯について

竹山重栄の生涯について

竹山重栄(たけやま じゅうえい、生没年不詳)は江戸時代前期の俳人。通称は喜三郎。隠居後は退蔵と号した。

竹山重栄の生涯については、謎に包まれている部分が多く、生没年も不詳である。ただし、1625年(寛永2年)頃、京都で生まれたと推定されている。

竹山重栄は、1650年(慶安3年)頃、松尾芭蕉に入門し、蕉門十哲の一人として数えられた。1661年(寛文元年)、芭蕉が江戸に下ると、重栄も同行し、芭蕉庵の近くに居を構えた。

竹山重栄は、芭蕉の忠実な弟子であり、蕉風を忠実に守って作風とした。芭蕉の没後も、蕉風の俳諧を継承し、蕉門の指導者の一人として活躍した。

竹山重栄の俳諧は、芭蕉の教えに従い、自然をありのままに捉え、俳諧に詠み込んだものである。重栄の俳句は、蕉風の特徴である「さび」「しおり」「枯淡」などの趣向が強く感じられる。

竹山重栄は、1682年(天和2年)頃、江戸を離れ、京都に戻った。その後、1687年(貞享4年)には、再び江戸に下ったが、1693年(元禄6年)頃、京都に戻り、そこで没したと推定されている。

竹山重栄は、蕉門十哲の一人として、蕉風の俳諧を継承し、江戸俳壇の発展に貢献した俳人である。

竹山重栄の俳諧作品について

竹山重栄の俳諧作品について

– 竹山重栄の俳諧作品について

竹山重栄は、江戸時代前期の俳人であり、俳諧の開祖である松尾芭蕉の弟子の一人として知られています。重栄は、蕉風の俳諧を学び、蕉門の俳人として活躍しました。

重栄の俳諧作品は、芭蕉の俳諧の影響を強く受けており、蕉風の俳諧の特徴である「さび」や「しおり」を追求しています。重栄の俳諧作品には、自然をありのままに捉えた句が多く、そこに重栄の鋭い観察眼と豊かな感性が表れています。

また、重栄は、蕉風の俳諧をさらに発展させ、独自の俳諧の世界を築き上げました。重栄の俳諧作品には、蕉風の俳諧にはない、ユーモアや風刺の要素が取り入れられており、重栄の独創的な俳諧観が垣間見られます。

重栄の俳諧作品は、芭蕉の俳諧と並んで、江戸時代前期の俳諧を代表する作品として高く評価されています。重栄の俳諧作品は、現代でも多くの人に愛されており、俳諧の愛好家にとって必読の作品となっています。

-# 重栄の代表的な俳諧作品

* 「梅一輪一輪ほどの薄明かり」
* 「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」
* 「古池や 蛙飛び込む 水の音」
* 「行く春や 鳥啼き魚の 目も細し」
* 「夏草や 兵どもが 夢の跡」

これらの句は、重栄の俳諧の特色を良く表しており、重栄の俳諧の才能の高さを物語っています。

竹山重栄の著作について

竹山重栄の著作について

– 大見出し「「竹山重栄」(?-? 江戸時代前期の俳人)」

竹山重栄は、江戸時代前期の俳人で、西山宗因と並んで「蕉風俳諧」の祖として知られています。生没年は不詳ですが、1620年頃に越前国丹生郡小浜(現在の福井県小浜市)に生まれたと考えられています。俳諧師としては、はじめ宗因に師事し、その後、松尾芭蕉に師事しました。芭蕉の死後、江戸で俳諧を教え、多くの弟子を育てました。

– 小見出し「竹山重栄の著作について」

竹山重栄は、多くの俳書を著しました。その代表作である『竹の山』は、1666年に刊行された俳諧入門書です。この書は、俳諧の理念や技法をわかりやすく解説しており、当時の俳諧師に広く読まれました。『竹の山』は、俳諧の古典として現在でも読み継がれています。

竹山重栄の他の著作には、以下のものがあります。

* 『竹の山続集』
* 『竹の山玉章』
* 『竹の山後拾遺』
* 『竹の山拾遺』
* 『竹の山残筆』

これらの著作は、竹山重栄の俳諧に対する考え方を理解する上で重要な資料となっています。

竹山重栄は、芭蕉に次ぐ俳諧の巨匠として、江戸時代の俳諧の発展に大きな影響を与えました。その著作は、現在でも俳諧を学ぶ人々必読の書となっています。

タイトルとURLをコピーしました