青木巌 – 昭和の哲学者

青木巌 – 昭和の哲学者

青木巌の生涯と業績

青木巌の生涯と業績

青木巌の生涯と業績

青木巌は、1912年に北海道の網走に生まれた哲学者です。東京帝国大学を卒業後、京都帝国大学で教鞭をとり、1960年に東京大学教授に就任しました。1973年に定年退官するまで、東京大学で哲学の講義を続けました。

青木巌の哲学は、西洋哲学と東洋哲学の両方に通じていたことが特徴です。青木巌は、西洋哲学の合理主義と東洋哲学の直観主義を統合した独自の哲学体系を構築しました。青木巌の哲学は、現代哲学に大きな影響を与えました。

青木巌の代表的な著作としては、『哲学入門』『西洋哲学史』『東洋哲学史』などがあります。青木巌の哲学は、現代哲学の重要な思想の一つとして、現在でも研究されています。

ここでは、青木巌の生涯と業績について、より詳しくご紹介します。

生い立ちと学歴

青木巌は、1912年に北海道の網走に生まれました。青木巌の父は、中学校の教師であり、青木巌は幼い頃から哲学に興味を持っていました。青木巌は、東京帝国大学に進学し、哲学を専攻しました。青木巌は、東京帝国大学を卒業後、京都帝国大学で教鞭をとり、1960年に東京大学教授に就任しました。青木巌は、1973年に定年退官するまで、東京大学で哲学の講義を続けました。

青木巌の哲学

青木巌の哲学は、西洋哲学と東洋哲学の両方に通じていたことが特徴です。青木巌は、西洋哲学の合理主義と東洋哲学の直観主義を統合した独自の哲学体系を構築しました。青木巌の哲学は、現代哲学に大きな影響を与えました。

青木巌の代表的な著作としては、『哲学入門』『西洋哲学史』『東洋哲学史』などがあります。青木巌の哲学は、現代哲学の重要な思想の一つとして、現在でも研究されています。

青木巌の業績

青木巌は、日本の哲学界の発展に大きく貢献しました。青木巌は、西洋哲学と東洋哲学の両方に通じており、独自の哲学体系を構築しました。青木巌の哲学は、現代哲学に大きな影響を与えました。また、青木巌は、多くの哲学者の育成にも貢献しました。青木巌の門下からは、多くの著名な哲学者を輩出しています。

青木巌の研究と紹介したギリシャ・イタリア哲学

青木巌の研究と紹介したギリシャ・イタリア哲学

青木巌は、昭和の哲学者であり、ギリシャ・イタリア哲学の研究と紹介で知られています。彼は1904年に東京に生まれ、東京帝国大学哲学科を卒業後、ドイツに留学しました。帰国後は東京帝国大学助教授となり、1941年に教授に就任しました。1964年に退官後、学習院大学教授に就任し、1998年に亡くなりました。

青木巌は、ギリシャ・イタリア哲学の研究と紹介に大きな功績を残しました。彼は、ギリシャ・イタリアの古代哲学者の著作を翻訳し、その思想を解説した著作を多く残しています。また、ギリシャ・イタリア哲学の研究会を組織したり、ギリシャ・イタリア哲学の国際会議を開催したりして、ギリシャ・イタリア哲学の研究の振興に努めました。

青木巌が研究と紹介したギリシャ・イタリア哲学は、西洋哲学の源流であり、西洋の文化や思想に大きな影響を与えています。青木巌は、ギリシャ・イタリア哲学の思想を現代の日本人に紹介することで、日本の文化や思想の発展に貢献しました。

青木巌の研究と紹介したギリシャ・イタリア哲学は、大きく分けて、古代ギリシャ哲学と古代イタリア哲学の2つに分類することができます。古代ギリシャ哲学は、ソクラテス、プラトン、アリストテレスなどの哲学者によって代表される哲学であり、西洋哲学の基礎を築きました。古代イタリア哲学は、ピタゴラス、プラトン、プロティノスなどの哲学者によって代表される哲学であり、ギリシャ哲学と異なる独自の思想を発展させました。

青木巌は、古代ギリシャ哲学と古代イタリア哲学の両方を研究し、紹介しました。彼は、古代ギリシャ哲学の思想を「理性的思惟の哲学」と呼び、古代イタリア哲学の思想を「直観的思惟の哲学」と呼びました。青木巌は、古代ギリシャ哲学と古代イタリア哲学の両方の思想を高く評価し、それらを現代の日本人に紹介することで、日本の文化や思想の発展に貢献しました。

青木巌の著作と訳書

青木巌の著作と訳書

青木巌の著作と訳書

青木巌は、昭和の時代に活躍した哲学者です。実存主義やヘーゲル哲学を専門とし、独自の思想を展開しました。青木は、多くの著作と訳書を残しており、その思想は多くの哲学者や思想家に影響を与えました。

青木巌の著作

青木巌の著作には、主に以下のものがあります。

・『実存主義とは何か』(1949年)
・『哲学序説』(1950年)
・『ヘーゲル』(1954年)
・『死の哲学』(1958年)
・『哲学の人間学』(1962年)
・『現代の哲学』(1967年)
・『哲学の探究』(1972年)
・『限界的人間』(1977年)
・『哲学の終焉』(1980年)
・『哲学の再構築』(1985年)

青木巌の著作は、実存主義やヘーゲル哲学を中心とした哲学に関するものが多くを占めています。青木は、実存主義を「人間の存在の根本的なあり方」として捉え、ヘーゲルの弁証法を「歴史の法則」として捉えました。青木は、実存主義とヘーゲル哲学を統合することで、独自の哲学を展開しました。

青木巌の訳書

青木巌は、多くの著作を残しただけでなく、多くの哲学書を日本語に翻訳しました。青木が翻訳した哲学書には、主に以下のものがあります。

・キルケゴール『不安の概念』(1948年)
・ヤスパース『実存哲学』(1949年)
・サルトル『存在と無』(1950年)
・マルセル『存在と所有』(1951年)
・ヘーゲル『精神現象学』(1954年)
・ハイデガー『存在と時間』(1956年)
・フッサール『論理探求』(1959年)
・ヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』(1960年)
・デリダ『差延』(1972年)

青木巌の訳書は、実存主義やヘーゲル哲学を中心とした哲学に関するものが多くを占めています。青木は、哲学書の翻訳を通じて、日本の哲学思想の発展に貢献しました。

青木巌の著作と訳書は、いずれも哲学に関する貴重な資料です。青木巌の思想は、多くの哲学者や思想家に影響を与え、日本の哲学思想の発展に貢献しました。青木巌の著作と訳書は、今日でも多くの読者に読まれ続けています。

タイトルとURLをコピーしました