橘実副 – 江戸時代中期-後期の狂歌師

橘実副 – 江戸時代中期-後期の狂歌師

橘実副の生涯

橘実副の生涯

-橘実副の生涯-

橘実副(たちばな じつふ)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した狂歌師です。名は実、字は子方、通称は清五郎、号は月扇堂、酒色散人、佐以右衛門など、狂歌名は木石(ぼくせき)、実宣、珍蜀、万々亭、拾遺翁など、多数ありました。

実副は、明和4年(1767年)に江戸に生まれました。幼い頃から狂歌を好み、天明元年(1781年)に初めて狂歌の本を出版しました。その後、狂歌師として活躍し、寛政5年(1793年)には狂歌師の最高位である狂歌師宗匠の称号を授与されました。

実副は、狂歌の才能に恵まれ、数多くの狂歌を詠みました。その狂歌は、ユーモアや風刺に富んでおり、庶民の間で人気を博しました。また、実副は狂歌の普及にも努め、狂歌の会を主催したり、狂歌の本を出版したりしました。

実副は、文化10年(1813年)に江戸で亡くなりました。享年47歳でした。実副の死後、彼の狂歌は多くの狂歌師に影響を与え、江戸時代後期から明治時代にかけての狂歌の発展に貢献しました。

実副は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した最も人気のある狂歌師の一人でした。彼の狂歌は、ユーモアや風刺に富んでおり、庶民の間で人気を博しました。また、実副は狂歌の普及にも努め、狂歌の会を主催したり、狂歌の本を出版したりしました。実副の死後、彼の狂歌は多くの狂歌師に影響を与え、江戸時代後期から明治時代にかけての狂歌の発展に貢献しました。

橘実副の狂歌師としての活動

橘実副の狂歌師としての活動

橘実副の狂歌師としての活動

橘実副は、狂歌師として、狂歌の創作や狂歌会への参加など、積極的に活動した。狂歌とは、庶民の間で流行した、滑稽で風刺的な歌のことである。実副は、狂歌の創作において、ユーモアや風刺を交えながら、当時の社会や風俗を鋭く批判した。

実副の狂歌には、社会の不平等や政治の腐敗を批判したものが多い。例えば、当時の江戸幕府の政治を風刺した「世の中は金なり金なり金次第」という狂歌では、お金がものを言う世の中を揶揄している。また、「権は力なり力なり権次第」という狂歌では、権力者の横暴さを批判している。

実副の狂歌には、庶民の日常の生活や風俗を題材にしたものも多い。例えば、「浮世は夢なり夢なりと知る人は」という狂歌では、人生を夢のように儚いものとたとえている。また、「朝起きて飯を食いに行く朝飯前」という狂歌では、庶民の朝の習慣を詠んでいる。

実副の狂歌は、庶民の間で広く人気を博した。実副は、狂歌の創作を通じて、庶民の心を代弁し、社会の矛盾や不正を批判した。実副の狂歌は、当時の社会や風俗を知る上で貴重な資料となっている。

橘実副の代表作

橘実副の代表作

橘実副の代表作

橘実副は、江戸時代中期から後期の狂歌師です。狂歌は、滑稽や風刺を効かせた和歌の一種で、江戸時代中期以降に流行しました。橘実副は、狂歌の大家として知られており、数多くの作品を残しました。

橘実副の代表作の一つに、「めがねの狂歌」があります。この歌は、老眼になってめがねをかけるようになったことを詠んだものです。めがねは、江戸時代には高級品であり、庶民にはなかなか手が出ませんでした。しかし、橘実副は、めがねをかけることで、世界が鮮明に見え、読書や書画鑑賞が楽しくなったことを詠んでいます。

橘実副のもう一つの代表作に、「江戸狂歌合」があります。これは、江戸時代の狂歌師たちが詠んだ狂歌を集めたもので、橘実副も数多くの作品を寄せています。この歌集には、江戸の世相や人情がユーモラスに詠まれており、江戸時代の文化を知る上で貴重な資料となっています。

橘実副は、狂歌というジャンルを確立した人物の一人です。彼の作品は、江戸時代の庶民の生活や世相をユーモラスに描いたもので、庶民に親しまれていました。また、彼の作品は、江戸文化を知る上で貴重な資料ともなっています。

橘実副の代表作は、以下の通りです。

* めがねの狂歌
* 江戸狂歌合
* 笑千句
* 狂歌源氏物語

タイトルとURLをコピーしました