「岸田国士」

「岸田国士」

岸田国士の生涯

岸田国士の生涯

岸田国士の生涯

岸田国士は、1895年(明治28年)1月3日、東京都築地で岸田猶造と慶子の長男として生まれました。

岸田国士は、幼い頃から演劇に興味を持ち、早稲田大学在学中には演劇研究会に所属し、脚本を書き始めました。大学卒業後、本郷座で演出助手として働きましたが、その後、新劇団「築地小劇場」を旗揚げし、劇作家として活躍しました。

岸田国士の作品は、社会問題や人間の心理を鋭く描いたものが多く、代表作には「土」「颱風」「城塞」などがあります。また、小説や評論も執筆し、文壇で活躍しました。

岸田国士は、1945年(昭和20年)12月4日、東京都文京区の自宅で死去しました。享年50。

岸田国士は、日本の近代演劇に多大な貢献をした劇作家です。その作品は、現在でも多くの人々に愛されています。

岸田国士の文学活動

岸田国士の文学活動

-岸田国士の文学活動-

岸田国士は、明治23年(1890年)に東京に生まれた小説家、劇作家、演出家である。早稲田大学卒業後、新劇の劇団を結成し、演出家として活躍した。また、小説や戯曲を執筆し、多くの作品を残した。

岸田国士の文学活動は、大きく分けて3つの時期に分けられる。

1. 第一期(1910年代~1920年代前半)は、新劇の劇団を主宰していた時期である。この頃、岸田国士は、イプセンやチェホフの影響を受け、リアリズム演劇を上演した。

2. 第二期(1920年代後半~1930年代前半)は、小説家として活躍した時期である。この頃、岸田国士は、短編小説や中編小説を数多く執筆した。また、戯曲も執筆し、上演した。

3. 第三期(1930年代後半~1945年)は、演出家として活躍した時期である。この頃、岸田国士は、新劇の劇団を再結成し、演出家として活躍した。また、映画監督としても活動した。

岸田国士の文学活動は、リアリズム演劇から小説、戯曲、映画まで多岐にわたる。その作品は、人間の心理や社会問題を鋭く描いたものが多い。岸田国士は、日本近代文学を代表する作家の一人である。

岸田国士の代表作には、以下のものがある。

* 小説『奇蹟』『剃刀』『恋愛曲線』
* 戯曲『一幕物小劇場』『街の曲』『紙風船』
* 映画『雨月物語』『二十四時間の情事』

岸田国士の代表作

岸田国士の代表作

-「岸田国士の代表作」-

岸田国士の代表作は、その独特の文体と、人間の心理を深く分析した内容で知られています。彼の作品は、日本の近代文学において重要な位置を占めています。

-岸田国士の代表作-

・戯曲「一幕物集」1928年発表。岸田国士の初期の代表作の一つ。日常の何気ない場面を切り取ったような短編戯曲が収められている。
・戯曲「チロルの秋」1929年発表。岸田国士の代表作の一つ。日本の近代文学を代表する戯曲の一つとして挙げられる。
・戯曲「紙風船」1933年発表。岸田国士の代表作の一つ。人間の心の弱さと、それを克服しようとする姿を描いている。
・戯曲「土」1936年発表。岸田国士の代表作の一つ。日本の近代文学を代表する戯曲の一つとして挙げられる。

岸田国士の代表作は、社会問題や人間の心理を鋭く描いた作品が少なくない。彼の作品は、現代においてもなお、多くの読者から支持されています。

タイトルとURLをコピーしました