「岸武雄」

「岸武雄」

岸武雄の人物像

岸武雄の人物像

「岸武雄の人物像」

岸武雄は、1883年12月15日に、兵庫県姫路市に生まれました。幼い頃から勉強熱心で、姫路中学校、第一高等学校を経て、東京帝国大学法科大学に進学しました。1911年に卒業後、内務省に入省し、警視庁や地方自治体で勤務しました。1924年に退官し、政界に転身しました。

1928年に衆議院議員に当選し、1932年には文部政務次官、1936年には内務政務次官を務めました。1937年に第二次近衛内閣の文部大臣に就任し、教育勅語の改正や国民学校の導入など、教育改革に取り組みました。

1939年に退任し、1940年には大政翼賛会の副総裁に就任しました。1941年に太平洋戦争が勃発し、1942年に東條内閣の文部大臣に再任しました。戦時中は、戦争遂行のための教育政策を実施しました。

1945年の終戦後、岸武雄は公職追放となり、政界から引退しました。1951年に追放が解除され、1952年に衆議院議員に返り咲きました。1955年には自由民主党の総裁に選出され、1956年に首相に就任しました。

岸政権は、経済成長を最優先とした政策を推進しました。1957年に所得倍増計画を発表し、1960年に日米安全保障条約を改定しました。また、1964年には東京オリンピックを開催しました。

岸武雄は、1960年に退任し、政界を引退しました。1987年8月7日に、東京都新宿区の自宅で老衰のため死去しました。享年103歳でした。

岸武雄は、戦前・戦中に文部大臣として教育改革に取り組み、戦後には首相として経済成長を推進しました。その功績は高く評価されていますが、戦争遂行のための教育政策を実施したという批判もあります。

岸武雄の経歴

岸武雄の経歴

-岸武雄の経歴-

岸武雄は、1939年9月20日に東京都で生まれた。父は岸信介、母は鳩山由紀子であり、日本の政治家の中で最も有名な一家のひとりである。岸武雄は慶應義塾大学法学部を卒業後、三菱商事に就職した。三菱商事では主として鉄鋼部門を担当し、1979年には常務取締役に昇進した。1980年に政界入りし、参議院議員に当選した。参議院議員としては、通商産業委員会委員長や外務委員会委員長などを歴任した。1990年には自民党総裁に就任し、内閣総理大臣となった。岸武雄は、首相在任中に湾岸戦争や冷戦終結を経験した。また、消費税の導入や行政改革の実施など、数多くの政策を推進した。

1993年に首相を辞任した後、岸武雄は自民党の会長に就任した。会長としては、自民党の再建を図り、1999年に総裁に復帰した。2000年に首相に再任したが、在任中に脳梗塞を発症し、2001年に辞任した。2004年に政界を引退し、2006年に76歳で死去した。

岸武雄は、日本の政治家として長きにわたり活躍した。首相として在任中は、数多くの政策を推進し、日本経済の発展や外交関係の強化に貢献した。また、自民党の会長としても党の再建を図り、日本の政界に大きな影響を与えた。

岸武雄の文学作品

岸武雄の文学作品

「岸武雄の文学作品」

岸武雄は、1924年8月11日に石川県に生まれた日本の小説家である。金沢大学を卒業後、日本放送協会(NHK)に勤務し、1959年に小説「季節の中で」で直木賞を受賞した。「季節の中で」は、金沢市の街並みを背景に、主人公の青年と二人の女性の恋を描いた作品である。岸武雄は、1961年にNHKを退職し、専業作家となった。1964年に小説「城塞」で芥川賞を受賞した。「城塞」は、戦国時代の越前国の城を舞台に、城を巡る攻防を描いた作品である。

岸武雄の作品は、主に金沢市や石川県を舞台としている。また、岸武雄は、歴史小説を得意としており、戦国時代や幕末時代を舞台とした作品が多い。岸武雄の作品は、その郷土愛あふれる筆致と、綿密な時代考証によって、多くの読者から支持されている。岸武雄は、1995年5月29日に死去した。

岸武雄の主な文学作品は以下の通りである。

* 「季節の中で」(1959年、直木賞受賞)
* 「城塞」(1964年、芥川賞受賞)
* 「加賀騒動」(1966年)
* 「天狗騒動」(1967年)
* 「加賀百万石」(1968年)
* 「加賀藩三代藩主前田利常」(1969年)
* 「加賀藩五代藩主前田綱紀」(1970年)
* 「加賀藩七代藩主前田重教」(1971年)
* 「加賀藩九代藩主前田治脩」(1972年)
* 「加賀藩十一代藩主前田斉広」(1973年)

タイトルとURLをコピーしました