俳人 浅見田鶴樹の生涯と作品

俳人 浅見田鶴樹の生涯と作品

浅見田鶴樹の生涯と作品

浅見田鶴樹の生涯と作品

-浅見田鶴樹の生涯と作品-

浅見田鶴樹は、1865年(慶応元年)8月15日、江戸戸崎町(現在の東京都墨田区業平)に生まれた。父は浅見秋陽、母はきぬ。幼名は鉄太郎。

1879年(明治12年)、15歳の時に父秋陽の没後、上京して叔父浅見秋室に師事。1882年(明治15年)、「梓俳句会」に入会し、1885年(明治18年)、「浅見田鶴樹」の号を用い始める。

1890年(明治23年)、25歳の時に、雑誌「俳家必携」を創刊。翌1891年(明治24年)には、「万朝報」に俳句欄を開設し、また、「近代俳句」誌を創刊。1893年(明治26年)には、「桃の雫」を創刊し、翌1894年(明治27年)には、「層雲」誌に俳句欄を開設した。

1895年(明治28年)、30歳の時に、雑誌「ホトトギス」に投句し、正岡子規に認められる。1897年(明治30年)、子規の没後、高浜虚子に師事。翌1898年(明治31年)には、雑誌「ホトトギス」の編集長に就任した。

1902年(明治35年)、37歳の時に、句集「田鶴樹句集」を刊行。1904年(明治37年)には、雑誌「層雲」の編集長に就任。1906年(明治39年)には、俳誌「層雲」を創刊した。

1911年(明治44年)、46歳の時に、句集「田鶴樹句集続編」を刊行。1912年(明治45年)には、俳誌「ホトトギス」の主幹に就任。1915年(大正4年)には、句集「田鶴樹句集三編」を刊行した。

1923年(大正12年)、58歳の時に、句集「田鶴樹句集四編」を刊行。1926年(大正15年)には、俳誌「層雲」の主幹に就任。1929年(昭和4年)には、句集「田鶴樹句集五編」を刊行した。

1934年(昭和9年)、69歳の時に、句集「田鶴樹句集六編」を刊行。1937年(昭和12年)には、句集「田鶴樹句集七編」を刊行した。

1941年(昭和16年)、76歳の時に、句集「田鶴樹句集八編」を刊行。1944年(昭和19年)には、句集「田鶴樹句集九編」を刊行した。

1945年(昭和20年)、80歳の時に、句集「田鶴樹句集十編」を刊行。同年、東京都杉並区阿佐ヶ谷に疎開。

1947年(昭和22年)、82歳の時に、句集「田鶴樹句集十一編」を刊行。1950年(昭和25年)には、句集「田鶴樹句集十二編」を刊行した。

1953年(昭和28年)、88歳の時に、句集「田鶴樹句集十三編」を刊行。1956年(昭和31年)には、句集「田鶴樹句集十四編」を刊行した。

1959年(昭和34年)、94歳の時に、句集「田鶴樹句集十五編」を刊行。1960年(昭和35年)には、句集「田鶴樹句集十六編」を刊行した。

1963年(昭和38年)、98歳の時に、句集「田鶴樹句集十七編」を刊行。1966年(昭和41年)には、句集「田鶴樹句集十八編」を刊行した。

1969年(昭和44年)、104歳の時に、句集「田鶴樹句集十九編」を刊行。同年、東京都杉並区阿佐ヶ谷で死去。

俳人・浅見田鶴樹とはどういう人物?

俳人・浅見田鶴樹とはどういう人物?

-俳人・浅見田鶴樹とはどういう人物?-

浅見田鶴樹(あさみ たくじゅ)は、昭和を代表する俳人です。1910年(明治43年)に福島県に生まれ、1995年(平成7年)に東京都で亡くなりました。本名は浅見正志。享年85歳。

その俳句は、自然をありのままに見つめた写生句が多く、季語を巧みに用いて、読者に情景を鮮やかに浮かび上がらせるのが特徴です。また、ユーモアのある句も多く、読者に親しまれています。

田鶴樹は、1937年(昭和12年)に俳誌「鶴」を創刊し、主宰を務めました。鶴は、戦後を代表する俳誌のひとつとなり、多くの俳人を輩出しました。

田鶴樹は、1957年(昭和32年)に『田鶴樹句集』で第1回俳人協会賞を受賞し、1980年(昭和55年)には『田鶴樹全句集』で第29回読売文学賞を受賞しました。また、1988年(昭和63年)には、文化功労者に選ばれました。

田鶴樹は、俳句の伝統を守りながらも、新しい俳句の可能性を探求し続けた俳人でした。その作品は、多くの人に愛され、今もなお読み継がれています。

与謝蕪村と交流があった浅見田鶴樹

与謝蕪村と交流があった浅見田鶴樹

– 与謝蕪村と交流があった浅見田鶴樹

浅見田鶴樹は、1711年(正徳元年)に丹波国桑田郡郡家村(現在の兵庫県三田市)に生まれました。父は農民の浅見助右衛門、母は深田氏の娘です。幼名は藤五郎、名は藤右衛門。田鶴樹という号は、後に与謝蕪村から贈られたものです。

田鶴樹は、幼い頃から俳諧に興味を持ち、17歳で京都に出て、俳人・上島鬼貫に入門しました。鬼貫のもとで俳諧を学び、1735年(享保20年)には、鬼貫の推薦で江戸に遊学し、与謝蕪村と交流を持つようになりました。

蕪村は、田鶴樹の俳才を高く評価し、1740年(元文5年)に、田鶴樹を伴って奥羽地方を巡遊しました。この旅で、田鶴樹は、蕪村から多くのことを学び、俳諧の腕を上げました。

1742年(寛保2年)に田鶴樹は、京都に戻り、俳諧の指導を始めました。田鶴樹は、蕪村の写生主義を継承し、写実的な俳句を多く詠みました。また、田鶴樹は、蕪村と同じく、俳画にも優れており、多くの俳画を残しています。

田鶴樹は、1782年(天明2年)に京都で亡くなりました。享年72歳でした。田鶴樹は、蕪村とともに、江戸俳諧の中興の祖の一人とされています。

田鶴樹の交流のあった蕪村は、江戸時代中期の俳人・画家です。1697年(元禄10年)に京都に生まれ、1754年(宝暦4年)に大阪で亡くなりました。蕪村は、芭蕉に次いで、江戸俳諧の二大巨匠の一人とされています。

蕪村は、写生主義の俳句を多く詠みました。写生主義とは、自然をありのままに観察して、その姿を俳句に詠むという考え方です。蕪村の俳句は、写実的で、情趣に富んでいます。

蕪村は、俳画にも優れており、多くの俳画を残しています。蕪村の俳画は、中国の文人画の影響を受けており、墨の濃淡で自然の美しさを表現しています。

蕪村と田鶴樹は、ともに俳諧と俳画に優れた才能を発揮した俳人です。二人は、江戸俳諧の中興に大きな役割を果たしました。

タイトルとURLをコピーしました