青木琴水とは?明治時代の漢詩人について解説

青木琴水とは?明治時代の漢詩人について解説

青木琴水の生い立ちと経歴

青木琴水の生い立ちと経歴

青木琴水とは?明治時代の漢詩人について解説

青木琴水(1868年~1933年)は、明治時代の漢詩人です。本名は青木 Gymnastikeで、琴水は彼のペンネームです。

青木琴水の生い立ちと経歴

青木琴水は、1868年に現在の岐阜県高山市に生まれました。幼い頃から漢詩を学び、1890年に上京して漢詩の大家である夏目漱石に師事しました。漱石の薫陶を受け、頭角を現した琴水は、1895年に第一詩集『琴水詩集』を刊行し、その清新な詩風で一躍詩壇の寵児となりました。

その後、琴水は『帝国詩話』『南宋詩鈔』などの詩集を次々と刊行し、漢詩の普及に努めました。また、東京帝国大学助教授として漢詩の講義を行うなど、漢詩の教育にも尽力しました。

琴水の漢詩は、清新で明朗な詩風を特徴としています。また、琴水は漢詩だけでなく、和歌や俳句にも通じており、その作品には日本の伝統文化への深い造詣がうかがえます。

青木琴水は、1933年に東京で亡くなりました。享年66歳でした。琴水の死後、彼の功績を称えて、故郷の高山に「青木琴水記念館」が設立されました。

青木琴水は、明治時代の漢詩壇を代表する詩人の一人です。彼の漢詩は、清新で明朗な詩風を特徴としており、日本の伝統文化への深い造詣がうかがえます。琴水の作品は、現在でも多くの人々に愛読されています。

青木琴水の詩作と文筆活動

青木琴水の詩作と文筆活動

-青木琴水の詩作と文筆活動-

青木琴水は、明治時代の漢詩人として知られています。字は子弦、号は琴水、別号は半酔楼、半酔楼琴水などです。1835年、越後国佐渡郡に生まれました。

琴水は、幼い頃から漢学を学び、青年期には京都に出て、漢詩を学びました。その後、東京に出て、新聞記者や教師として働きました。1897年、東京で死去しました。

琴水は、漢詩人として多くの作品を残しました。その詩風は、清麗で瀟洒と評されます。また、文人としても活躍し、評論や随筆なども多く残しました。

琴水の詩作と文筆活動は、明治時代の漢詩壇に大きな影響を与えました。また、琴水の作品は、中国や朝鮮でも高く評価されています。

琴水の代表的な詩作としては、以下のようなものがあります。

* 「早春」
* 「春暁」
* 「夏日」
* 「秋思」
* 「冬景」

琴水の代表的な文筆活動としては、以下のようなものがあります。

* 「琴水詩集」
* 「琴水文集」
* 「半酔楼随筆」
* 「半酔楼詩話」

琴水は、明治時代の漢詩壇を代表する詩人であり、文人です。その作品は、清麗で瀟洒であり、中国や朝鮮でも高く評価されています。

青木琴水の死と評価

青木琴水の死と評価

青木琴水の死と評価

青木琴水が亡くなったのは、1906年(明治39年)8月28日のことである。享年84歳であった。死因は老衰であった。琴水は、最後まで漢詩を作り続けていた。そして、その漢詩は、当時の人々から非常に高く評価されていた。実際、琴水の漢詩は、現在でも多くの漢詩愛好家に親しまれている。
琴水は、日本の漢詩史上、最も偉大な漢詩人の一人であると考えられている。琴水の漢詩は、その気品溢れる文体と、深い洞察力に満ちた内容で知られている。また、琴水の漢詩は、日本の文化や歴史を反映しており、日本の漢詩の重要な遺産となっている。
琴水は、漢詩人としてだけでなく、教育者としても大きな功績を残した。琴水は、1873年(明治6年)に東京外国語学校(現東京外国語大学)の教授に就任し、1893年(明治26年)までその職にあった。琴水は、東京外国語学校で、多くの学生に漢詩を教え、日本の漢詩の発展に貢献した。
琴水は、日本の漢詩の発展に大きな功績を残した偉大な漢詩人であり、教育者である。琴水の漢詩は、現在でも多くの漢詩愛好家に親しまれており、日本の漢詩の重要な遺産となっている。

タイトルとURLをコピーしました