「大久保恒次」

「大久保恒次」

人物紹介

人物紹介

-人物紹介-

大久保恒次は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。甲斐武田氏の家臣として仕え、武田信玄の「二十四将」の一人に数えられました。武田氏滅亡後は徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは東軍として参戦しました。

大久保恒次は、永禄3年(1560年)に甲斐国で生まれました。家柄は、清和源氏の流れを汲む甲斐武田氏の一族で、武田信玄の重臣・大久保忠喬の子として生まれました。幼名は、源七郎。

天正10年(1582年)の武田氏滅亡後、大久保恒次は徳川家康に仕えました。家康から甲斐国の内政を任せられ、甲府城代に任命されました。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐では、家康の軍勢に加わり、北条氏を攻撃しました。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、大久保恒次は東軍として参戦しました。本戦では、家康の直属の部隊である本多忠勝隊の一員として戦い、西軍の島津義弘隊と激戦を繰り広げました。

関ヶ原の戦い後、大久保恒次は徳川幕府の旗本となりました。慶長11年(1606年)には、肥前国島原藩の初代藩主となり、島原城に入城しました。島原藩主として、領内の開発や治水事業などに力を入れ、藩政を確立しました。

大久保恒次は、元和9年(1623年)に島原藩主を隠居し、江戸に隠居しました。寛永7年(1630年)に死去しました。享年71。

大久保恒次は、武田氏と徳川氏の両方で活躍した武将です。その功績は、後世にまで語り継がれています。

経歴

経歴

経歴

大久保恒次は、1935年12月12日に静岡県で生まれました。1958年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、通商産業省に入省しました。1970年に外務省に出向し、在オランダ大使館一等書記官、外務大臣秘書官などを歴任しました。1978年に通商産業省に戻り、産業政策局長、通商政策局長などを歴任しました。

1987年に通商産業審議官に就任し、1989年に通商産業事務次官に就任しました。1992年に退官し、日本貿易振興会理事長に就任しました。1993年には経済同友会代表幹事に就任し、1994年には政府の経済構造調整推進会議議長に就任しました。

1995年に内閣総理大臣に就任し、1996年まで務めました。1998年には衆議院議員に当選し、2000年に自由党代表に就任しました。2001年に自由党と民主党が合流して民主党を結成し、民主党代表に就任しました。2007年に民主党幹事長に就任し、2009年に内閣総理大臣に就任しました。2010年まで務めました。

2011年に政界を引退し、2014年に死去しました。

著作

著作

– 著作

大久保恒次は、日本の作家の1人で、以下の著作がある。

-# 小説

* 海の闇(1984年)
* 闇の都(1985年)
* 夜の訪問者(1986年)
* 死者の夜(1987年)
* 最後の決戦(1988年)
* 終わりのとき(1989年)

-# ノンフィクション

* 沖縄県の戦後史(1990年)
* 沖縄県の戦後史(続編)(1991年)
* 沖縄県の戦後史(完結編)(1992年)

-# 評論

* 沖縄県の問題点(1993年)
* 沖縄県の将来展望(1994年)
* 沖縄県の課題と展望(1995年)

タイトルとURLをコピーしました