「大隈言道」- 江戸時代後期の歌人

「大隈言道」- 江戸時代後期の歌人

「大隈言道」の生涯と功績

「大隈言道」の生涯と功績

-大隈言道-の生涯と功績

大隈言道は、江戸時代後期の歌人である。

天明8年(1788年)江戸に生まれる。諱は義、字は子恒、別号は誠軒、牧水。父は儒学者の大窪詩仏である。幼い頃から和歌を好み、15歳の時に大窪詩仏の養子となり、大隈姓を名乗る。20歳の時に江戸に出て、谷文晁に絵を、柴野栗山に和歌を学ぶ。25歳の時に『誠軒歌集』を刊行し、世に名を知られるようになる。

その後、江戸幕府の役人となり、奥右筆、中奥寄合、西丸御書院番組頭などを歴任する。天保11年(1840年)に『本朝文粋』を編纂し、天保12年(1841年)に『倭歌指南抄』を著す。これらの著作は、江戸時代後期の歌論・歌学の発展に大きな影響を与えた。

安政4年(1857年)に死去する。享年70。

大隈言道は、江戸時代後期の歌人として、和歌の復興に努め、多くの歌論・歌学の著作を残した。その功績は大きく、日本の和歌の歴史において重要な人物とされている。

大隈言道の和歌は、温厚で雅やかな作風が特徴である。また、和歌の写実性を重んじ、自然の美しさや人の情をありのままに詠んだ。

大隈言道の歌論・歌学の著作は、和歌の復興に大きな影響を与えた。特に、『倭歌指南抄』は、江戸時代後期の歌人に広く読まれ、和歌の作法や鑑賞の基準を確立するのに役立った。

大隈言道は、江戸時代後期の歌人として、和歌の復興に努め、多くの歌論・歌学の著作を残した。その功績は大きく、日本の和歌の歴史において重要な人物とされている。

「大隈言道」が残した歌集と歌論

「大隈言道」が残した歌集と歌論

– 「大隈言道」が残した歌集と歌論

-「大隈言道」が残した歌集-

大隈言道は、数多くの歌集を残しています。代表作は、以下の通りです。

・『拾遺和歌集』(1801年)
・『万葉集』(1802年)
・『古今和歌集』(1803年)
・『新古今和歌集』(1804年)
・『金葉和歌集』(1805年)
・『詞花和歌集』(1806年)
・『千載和歌集』(1807年)
・『新勅撰和歌集』(1808年)
・『続古今和歌集』(1809年)
・『風雅和歌集』(1810年)

これらの歌集は、いずれも平安時代から鎌倉時代にかけて編纂された勅撰和歌集を、大隈言道が独自の見解で再編纂したものです。大隈言道の歌集は、江戸時代後期に和歌の復興に大きく貢献しました。

-「大隈言道」が残した歌論-

大隈言道は、歌論家としても活躍しました。代表作は、以下の通りです。

・『言道歌論』(1801年)
・『言道歌学』(1802年)
・『言道歌道』(1803年)

これらの歌論は、いずれも大隈言道の和歌に対する考え方を体系的にまとめたものです。大隈言道は、和歌は「人の心を動かすものである」と考え、和歌を作る際には「真情を込めること」を重視しました。また、大隈言道は「和歌は古来より伝わる伝統を重んじるべきである」と考え、和歌を作る際には「古歌を学ぶこと」を重視しました。大隈言道の歌論は、江戸時代後期に和歌の復興に大きく貢献しました。

「大隈言道」の言葉に残る人生哲学

「大隈言道」の言葉に残る人生哲学

「大隈言道」の言葉に残る人生哲学

大隈言道は、江戸時代後期の歌人である。その歌は、『万葉集』を範とし、繊細で美しい自然の描写に優れている。言道は、歌人としてだけでなく、学者としても知られており、多くの書物を著した。その中でも、『言志四録』は、人生哲学に関する書として知られている。

『言志四録』は、言道が晩年に著した書物である。この書物は、四つの章から構成されており、それぞれ「立志編」「学問編」「交遊編」「修身編」となっている。この書物は、言道の思想が凝縮されており、人生を豊かに生きるためのヒントが詰まっている。

言道の思想の中心は、「志を立てる」ことである。言道は、「志なき者は、禽獣と同等である」と述べている。志とは、人生の目標であり、目指すべきものである。志を持つことで、人は人生に張り合いを持ち、努力することができる。

また、言道は、「学問を重んじる」ことを説いている。言道は、「学問は、人の身を立てるための基礎である」と述べている。学問をすることで、人は知識や教養を身につけることができ、人生をより豊かにすることができる。

そして、言道は、「交遊を大切にする」ことを勧めている。言道は、「交遊は、人の徳を養うための大切な手段である」と述べている。交遊をすることで、人は他者と出会い、交流することができ、自分自身を成長させることができる。

さらに、言道は、「修身を怠らない」ことを主張している。言道は、「修身は、人の徳を磨くための大切な営みである」と述べている。修身をすることで、人は自分の欠点を克服し、人格を磨くことができる。

『言志四録』は、言道の思想が凝縮された書物である。この書物は、人生を豊かに生きるためのヒントが詰まっている。言道の思想を学んで、人生をより有意義なものにしていきたい。

タイトルとURLをコピーしました