蘆谷蘆村:明治-昭和時代前期の童話研究家

蘆谷蘆村:明治-昭和時代前期の童話研究家

蘆谷蘆村の生涯

蘆谷蘆村の生涯

蘆谷蘆村の生涯

蘆谷蘆村は、1867年(慶応3年)9月28日に、現在の愛媛県今治市に生まれました。本名は、蘆谷延三郎です。幼い頃から読書を好み、特に童話に興味を持っていました。

1881年(明治14年)に、高等学校卒業後、上京して東京大学予備門に入学しました。しかし、すぐに退学して、東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学しました。在学中に、坪内逍遥や二葉亭四迷などの文学者と出会い、文学への興味を深めました。

1891年(明治24年)に、東京専門学校を卒業後、小学校の教師になりました。しかし、すぐに退職して、文学活動に専念しました。1893年(明治26年)に、処女作である童話「走れメロス」を発表して、一躍有名になりました。その後も、「桃太郎」「浦島太郎」「金太郎」などの名作童話を発表し、日本の童話界に大きな影響を与えました。

1929年(昭和4年)に、文化勲章を受章しました。1938年(昭和13年)に、70歳で亡くなりました。

蘆谷蘆村は、日本の童話界に大きな功績を残した人物です。彼が残した童話は、今もなお多くの人々に読み続けられています。

日本童話協会の創設と口演童話の普及

日本童話協会の創設と口演童話の普及

-日本童話協会の創設と口演童話の普及-

蘆谷蘆村は、日本童話協会の創設に尽力し、口演童話の普及にも努めた。1921年(大正10年)に、児童文学者や教育者、ジャーナリストなど有志が集まって日本童話協会が創設された。蘆村は、協会の初代会長に選出され、協会の運営に携わった。日本童話協会は、童話の研究や普及活動を行い、日本の童話の発展に大きな貢献をした。

蘆村は、口演童話の普及にも力を注いだ。口演童話は、語り手が童話を朗読し、ジェスチャーや表情をつけて演じるもので、子どもたちに親しまれていた。蘆村は、口演童話の会の開催や、口演童話の指導者養成講座の開催などを行い、口演童話の普及に努めた。

蘆村の尽力により、日本童話協会は、日本の童話の発展に大きな貢献をした。また、口演童話の普及にも努め、子どもたちに童話の楽しさを伝えることに成功した。蘆村は、日本の童話の発展に大きな足跡を残した人物である。

蘆谷蘆村の著作

蘆谷蘆村の著作

蘆谷蘆村の著作

蘆谷蘆村は、生涯を通じて多くの著作を残しました。その中には、童話、評論、随筆、詩歌など、さまざまなジャンルの作品があります。

特に有名なのは、童話です。蘆谷蘆村は、日本における童話の草分け的存在であり、その作品は多くの子供たちに愛されました。代表作には、「ごんぎつね」「よだかの星」「ちいさいわに」「こがねむし」などがあります。

評論においても、蘆谷蘆村は優れた業績を残しました。その評論は、主に童話や児童文学を対象としたもので、その鋭い洞察力と明晰な文体で知られています。代表作には、「童話論」「児童文学論」「詩と教育」などがあります。

随筆においても、蘆谷蘆村は優れた作品を残しました。その随筆は、主に自然や人生を題材としたもので、その美しい文章と豊かな情感で知られています。代表作には、「自然と人生」「わが愛する風景」「旅の記録」などがあります。

詩歌においても、蘆谷蘆村は優れた作品を残しました。その詩歌は、主に抒情詩や叙事詩で、その美しい言葉と豊かな情感で知られています。代表作には、「砂丘」「海」「山」などがあります。

蘆谷蘆村の著作は、その多様性と優れた内容で、今日でも多くの人々に読まれ続けています。

タイトルとURLをコピーしました