寺田重徳-江戸時代前期の俳人

寺田重徳-江戸時代前期の俳人

寺田重徳の生涯と経歴

寺田重徳の生涯と経歴

– 寺田重徳の生涯と経歴

寺田重徳は、江戸時代前期の俳人である。貞享2年(1685年)、京都に生まれる。本名は竹内重徳。号は山雲。

重徳は若くして江戸に出て、奥村意功に俳諧を学ぶ。元禄7年(1694年)、23歳の若さで『花摘』を出版。この作品は評価され、重徳の名は全国に知られるようになった。

宝永6年(1709年)、重徳は俳諧の宗匠として江戸で活躍し始める。弟子には、横井也有、杉山杉風、服部嵐雪らがいる。

重徳の俳風は、写生を重視し、季語にはとらわれない自由奔放な作風であった。また、重徳は俳諧の理論にも通じ、その著書『俳諧新論』は、俳諧の古典として知られている。

享保19年(1734年)、重徳は63歳で死去。重徳の死後、その弟子たちは重徳の俳風を継承し、日本の俳諧の発展に大きな影響を与えた。

重徳の作風は、芭蕉の写生を重視する作風とは対照的である。重徳は、季語にこだわらず、自分の感情を直接的に表現することを重視した。また、重徳は、俳諧の理論にも通じており、その著書『俳諧新論』は、俳諧の古典として知られている。

重徳の俳風は、江戸時代前期の俳諧に大きな影響を与えた。重徳の弟子には、横井也有、杉山杉風、服部嵐雪らがいる。これらの弟子たちは、重徳の俳風を継承し、日本の俳諧の発展に大きな貢献をした。

寺田重徳の俳諧活動

寺田重徳の俳諧活動

-寺田重徳の俳諧活動-

寺田重徳(1607~1675)は、江戸時代前期の俳人です。号は「宗長坊」で、別号は「鶏林」です。

重徳は、加賀国金沢の町人として生まれました。若年期には、俳諧を学び始めました。20代半ばには、京都に遊学し、当時の俳壇の中心人物であった松尾芭蕉と親交を結びました。芭蕉から俳諧の指導を受け、重徳は急速に頭角を現しました。

その後、重徳は金沢に戻り、俳諧の普及に努めました。彼は、俳諧の結社「加賀藩俳諧連盟」を結成し、多くの弟子を育てました。また、俳諧の理論書を執筆し、俳諧の普及に貢献しました。

重徳の俳風は、芭蕉の蕉風を継承しつつも、独自の境地を開拓しました。重徳の俳句は、軽妙洒脱な作風で、庶民の日常生活を題材とした作品が多く見られます。また、重徳は、俳句の中に季語を巧みに取り入れ、俳句の美しさを表現しました。

重徳は、江戸時代前期の俳諧の発展に大きな功績を残した俳人です。彼の俳句は、多くの人々に親しまれ、現在でも読み継がれています。

-重徳の代表的な俳句-

* 「五月雨や、青葉若葉の滴り」
* 「秋風や、芭蕉の葉末の露」
* 「冬枯れの、野に捨つるものもなし」
* 「春の海、ひねもすのたりに舟を浮かぶ」
* 「夏の月、影さへ涼しき竹の梢」

寺田重徳の俳諧作品

寺田重徳の俳諧作品

– 寺田重徳の俳諧作品

寺田重徳は生涯に多くの俳諧作品を残した。その作品には、当時の庶民の生活や風俗、自然の美しさなどが描かれている。彼の俳諧作品には、以下のような特徴がある。

* 庶民の生活や風俗を題材としている。
* 自然の美しさを詠んでいる。
* ユーモラスな作品が多い。
* 教訓的な作品が多い。

重徳の俳諧作品は、当時の庶民の生活や風俗を知る上で貴重な資料となっている。また、彼のユーモラスな作品は、人々を笑顔にする。

– 代表的な俳諧作品

* 蝉の声に秋風の吹くや墨曳く里
* 麦の秋千鳥啼いて日は暮れにけり
* 夕月夜蛙なく声は蓮の花
* 月見れば菜の花黄に朧なり
* 春の夜や蚊屋に睡るや小夜衣

寺田重徳の俳諧作品は、江戸時代前期の俳諧を代表する作品であり、現在でも多くの人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました