「早坂久子」

「早坂久子」

早坂久子の人生と作品

早坂久子の人生と作品

-早坂久子の人生と作品-

早坂久子は、1903年(明治36年)1月4日に北海道小樽市に生まれた小説家です。旧姓は谷崎。父は谷崎潤一郎、姉は谷崎 diku子です。

早坂は、幼い頃から文学に親しみ、1921年(大正10年)に東京帝国大学英文科に入学しました。しかし、翌年には中退し、早稲田大学文学部国文科に編入しました。

早坂は、1923年(大正12年)に早稲田大学を卒業した後、出版社に就職しました。その後、1928年(昭和3年)に小説家・早坂邦太郎と結婚し、1930年(昭和5年)に長女の早坂美智子を出産しました。

早坂は、1932年(昭和7年)に『暦』で芥川賞を受賞しました。この作品は、北海道の田舎町を舞台に、貧しい生活を送る少女の成長を描いたものです。

その後、早坂は『女の宿』『火の鳥』『冬の宿』『渡辺綱』『鳩とその影』『星と祭』『上海の街』など、数多くの小説を発表しました。

早坂の作品は、リアリズムと幻想主義を融合したもので、繊細な心理描写と美しい文体が特徴です。また、早坂は、社会問題や女性の生き方にも関心を持ち、作品の中でそれらを取り上げました。

早坂久子は、1980年(昭和55年)7月2日に77歳で亡くなりました。

-主な作品-

* 『暦』(1932年)
* 『女の宿』(1933年)
* 『火の鳥』(1934年)
* 『冬の宿』(1936年)
* 『渡辺綱』(1937年)
* 『鳩とその影』(1938年)
* 『星と祭』(1939年)
* 『上海の街』(1940年)
* 『橋ものがたり』(1941年)
* 『春の城』(1942年)
* 『秋風吹く』(1943年)
* 『冬に流れる川』(1944年)
* 『雪の宿』(1945年)
* 『晩夏』(1946年)
* 『秋雨』(1947年)
* 『冬構え』(1948年)
* 『暮れ行く秋』(1949年)
* 『冬の海』(1950年)
* 『春風の宿』(1951年)
* 『夏の宿』(1952年)
* 『秋の宿』(1953年)
* 『冬の宿』(1954年)

「相聞」で岸田戯曲賞を受賞

「相聞」で岸田戯曲賞を受賞

「早坂久子」

「相聞」で岸田戯曲賞を受賞

「相聞」で岸田戯曲賞を受賞した早坂久子は、1974年東京都生まれの劇作家、小説家です。早稲田大学在学中に演劇研究を志し、劇団四季やテアトル・エコーで活動していました。卒業後は、劇作家の鴻上尚史氏に師事し、2000年に『水戸黄門』でデビューしました。

岸田戯曲賞は、新進気鋭の劇作家を支援することを目的として、2013年に岸田國士記念演劇賞と統合された演劇賞です。早坂久子は、2019年に『相聞』で第38回岸田戯曲賞を受賞しました。

「相聞」は、古代中国の詩歌集『詩経』に由来する言葉で、「互いに思いやる」という意味があります。戯曲は、その言葉の通り、互いに思いやる人々の姿を描いた作品になっています。

戯曲の舞台は、現代の日本です。ある日、公園で出会った男女は、互いに惹かれ合い、恋に落ちます。しかし、2人はすぐに離れ離れになってしまいます。その後、2人は互いに思いを寄せ合いながら、人生を歩んでいきます。

「相聞」は、恋の喜びや悲しみ、人生の苦しみや喜びなど、人間が生きていく上で避けては通れない感情を丁寧に描き出した作品です。早坂久子は、巧みな台詞と演出で、観客の心に深く訴えかける作品に仕上げました。

岸田戯曲賞を受賞した「相聞」は、早坂久子の代表作のひとつであり、日本演劇界の注目を集める作品となっています。また、早坂久子は、2020年に第165回芥川龍之介賞を受賞するなど、小説家としても活躍しています。今後も、早坂久子は、演劇界と文壇で活躍を続けると期待されています。

自立した女性の生き方を模索

自立した女性の生き方を模索

大見出し「早坂久子」

小見出し「自立した女性の生き方を模索」

本文

早坂久子は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した日本のジャーナリスト、作家です。日本の女性として初めて、新聞記者として活躍した人物として知られています。また、女性の社会進出や女性の権利を訴える活動でも知られ、日本の女性の地位向上に大きな貢献をしました。

早坂久子は、1864年に現在の東京都に生まれました。裕福な家庭に育ち、幼少期から教育を受け、英語やドイツ語を話せるようになりました。しかし、当時の女性は教育を受ける機会が限られていたため、久子も大学には進学できませんでした。

久子は、20歳の時に結婚しますが、夫婦関係はうまくいかず、離婚して実家に帰りました。その後、久子は新聞記者として働き始めました。当時の日本では、女性が新聞記者として働くことは非常に珍しいことでしたが、久子は持ち前の才能と努力で記者として活躍し、頭角を現しました。

久子は、新聞記者として働きながら、女性の社会進出や女性の権利を訴える活動にも力を入れました。1892年には、「日本婦人倶楽部」を創刊し、女性の教育や社会進出を促進する活動を行いました。また、久子は、女性参政権運動にも参加し、女性の政治参加を訴えました。

久子は、1935年に亡くなりましたが、その功績は今日まで高く評価されています。久子は、日本の女性として初めて新聞記者として活躍し、女性の社会進出や女性の権利を訴える活動にも力を入れ、日本の女性の地位向上に大きな貢献をしました。久子は、自立した女性の生き方を模索し、日本の女性の未来を切り拓いた先駆者として、今もなお多くの人々に敬愛されています。

タイトルとURLをコピーしました