– 森集亭繁門

– 森集亭繁門

森集亭繁門の生涯

森集亭繁門の生涯

-森集亭繁門の生涯-

森集亭繁門は、昭和20年(1945年)4月19日に東京の麻布に生まれる。本名は大谷繁門。

父は、大谷浅治郎。母は、大谷ふみ。浅治郎は、元新聞記者で、戦後は、東京都議会議員や参議院議員を務めた。繁門は、浅治郎の長男として生まれる。

繁門は、幼い頃から、落語が好きで、よく寄席に通っていた。また、小学5年生の時に、落語の勉強を始める。繁門は、中学校に入学後も、落語の勉強を続け、中学校3年生の時に、落語の師匠である森集亭菊寿に入門する。

繁門は、菊寿のもとで、修行を積み、昭和34年(1959年)に、色物としてデビューし、昭和37年(1962年)に、真打に昇進する。

繁門は、真打昇進後は、寄席やテレビ、ラジオなどに出演し、活躍する。また、昭和45年(1970年)に、落語協会の理事となり、昭和49年(1974年)に、落語協会の副会長に就任する。

繁門は、昭和57年(1982年)に、落語協会の会長に就任する。繁門は、会長就任後、落語の振興に努め、落語の勉強会を各地で開催するなどした。また、繁門は、落語の普及にも努め、落語の公演を海外でも開催するなどした。

繁門は、平成11年(1999年)に、落語協会の会長を退任し、その後は、落語の顧問を務める。

繁門は、平成15年(2003年)12月20日に、死去した。享年58歳。

森集亭繁門の功績

森集亭繁門の功績

– 森集亭繁門の功績

森集亭繁門は、江戸時代後期の落語家であり、落語の復興に大きな功績を残した人物です。繁門は、1799年に江戸に生まれ、1825年に初代森集亭繁蔵の門下に入り、繁門を名乗りました。1837年に師匠が亡くなると、繁門は二代目を襲名し、落語の復興に尽力しました。

繁門は、落語の演目を整理し、大喜利の形式を確立しました。また、繁門は、落語の定席を設け、落語を庶民に広めることに成功しました。繁門の活躍によって、落語は江戸の庶民の娯楽として定着し、今日に至るまで日本の伝統文化として継承されています。

繁門の功績は、落語の復興にとどまりません。繁門は、落語を題材にした小説や戯曲も執筆しており、落語の普及に貢献しました。また、繁門は、落語の教育にも力を入れ、門下生を多く育てました。繁門の門下生からは、三遊亭円朝や初代三遊亭圓楽など、後の落語界を担う人材が輩出されています。

繁門は、落語の復興に大きな功績を残した偉大な落語家です。繁門の功績は、今日に至るまで日本の伝統文化として継承されている落語に息づいています。

森集亭繁門の代表作

森集亭繁門の代表作

-森集亭繁門の代表作-

森集亭繁門は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した落語家です。初代森集亭繁太夫とともに江戸落語黄金時代を築き上げました。

繁門の代表作には、以下のようなものがあります。

* -「らくだ」-
この噺は、ある男がラクダを飼いたいと願い、ラクダを連れて帰ってくるという内容です。男はラクダを大事にしますが、ラクダは暴れてしまいます。男はラクダを売ろうとしますが、ラクダは誰も買おうとしません。男はラクダに困り果て、最終的にはラクダを逃がしてしまいます。

* -「清元多助」-
この噺は、清元節の名人である清元多助を主人公とした噺です。多助は、ある日、大名の前で清元を披露することになります。多助は、大名の前で清元を披露することに緊張しますが、見事に清元を披露し、大名の賞賛を受けます。

* -「浮世床」-
この噺は、浮世床という遊廓を舞台とした噺です。浮世床には、さまざまな人が集まってきます。男は、浮世床で芸者と出会い、恋に落ちます。しかし、男は芸者とは結ばれず、最終的には浮世床を去っていきます。

これらの噺は、いずれも繁門の代表作として知られています。繁門は、これらの噺を高い技術で演じ、人々を笑わせました。

繁門は、落語界に大きな功績を残した落語家です。繁門の代表作は、今でも多くの落語家によって演じられています。

タイトルとURLをコピーしました