の研究- 「大沢雅休」(1890-1953)

の研究- 「大沢雅休」(1890-1953)

大沢雅休の生涯

大沢雅休の生涯

-大沢雅休の生涯-

大沢雅休は、1890年1月25日に東京市牛込区市ヶ谷台町に生まれた。本名は大沢敬一郎。実業家的大沢善助の長男で、実弟は後に早稲田大学総長となった大沢文夫である。

雅休は、1901年に東京高等師範学校附属小学校に入学。1908年に東京高等師範学校附属中学校を卒業後、1912年に東京帝国大学文科大学哲学科に入学した。大学卒業後は、大隈重信の秘書を務め、また早稲田大学講師として哲学を講じた。

1918年、雅休は渡欧し、ベルリン大学で哲学を学び、1921年に帰国。帰国後は、早稲田大学教授に就任し、哲学の講義を続けた。

1928年、雅休は、早稲田大学総長に就任。1934年まで総長を務め、大学の発展に貢献した。

1934年、雅休は、日本哲学学会の会長に就任。1940年まで会長を務め、日本哲学の発展に努めた。

1953年1月25日、雅休は東京都杉並区の自宅で死去。享年63。

雅休は、日本の哲学の発展に大きな貢献をした哲学者である。その思想は、現在でも多くの哲学者に影響を与えている。

大沢雅休の歌風

大沢雅休の歌風

-大沢雅休の歌風-

大沢雅休は、1890年(明治23年)に愛知県名古屋市で生まれ、1953年(昭和28年)に東京で亡くなった俳人です。早稲田大学卒業後、新聞記者を経て、1923年(大正12年)に俳句雑誌「ホトトギス」の編集長に就任しました。1935年(昭和10年)には、句集『秋櫻子』で第1回芥川賞を受賞しました。

雅休の俳句は、自然を詠んだものが多く、その作風は「写生」と「客観写生」を基本としています。写生とは、自然をありのままに描写すること、客観写生とは、自然を自分の主観を交えずに描写することです。雅休は、この二つの方法を駆使して、自然の美しさを表現しました。

雅休の俳句は、俳句の伝統を重んじる保守的な作風と、新しい俳句を模索する革新的な作風の二つの側面を持っています。保守的な作風は、雅号である「秋櫻子」に表れています。秋櫻子は、秋の野に咲くコスモスのことで、日本の秋の風情を代表する花です。雅休は、秋櫻子を詠んだ俳句を多く残しており、その作風は「秋櫻子調」と呼ばれています。

一方、雅休は新しい俳句を模索する革新的な作風も持っていました。雅休は、俳句の伝統にとらわれず、自由な発想で俳句を詠みました。その結果、雅休の俳句は、それまでの俳句にはなかった新しい表現や新しい感覚が取り入れられています。

雅休の俳句は、日本の俳句史において重要な位置を占めています。雅休の俳句は、俳句の伝統を重んじる保守的な作風と、新しい俳句を模索する革新的な作風の二つの側面を持っています。雅休の俳句は、日本の俳句史において重要な位置を占めています。

大沢雅休の書風

大沢雅休の書風

大沢雅休の書風

大沢雅休は、明治23年(1890)に愛知県名古屋市に生まれ、昭和28年(1953)に東京で亡くなりました。雅休は、幼少期から書を学び、明治42年(1909)に上京してからは、京都の書家である島田墨仙に師事しました。墨仙の死後は、雅休は独自の書風を確立し、昭和10年(1935)には日本書道院の創設に参加しました。

雅休の書風は、伝統的な書法に西洋の書法を融合したもので、大胆で力強い筆遣いが特徴です。雅休は、漢字、仮名、漢字仮名交じり文など、さまざまな書体を使いこなしましたが、中でも漢字の書に優れ、その作品は「雅休体」と呼ばれています。雅休の書は、国内外で高く評価されており、彼の作品は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、ニューヨーク近代美術館など、国内外の美術館に所蔵されています。

雅休の書は、その力強さと独創性から、多くの書家たちに影響を与えました。雅休の弟子には、中西雅堂、関口浩之、森田子龍など、多くの著名な書家が輩出されています。また、雅休の書は、現代の書道教育にも大きな影響を与えており、彼の書法は、多くの書道教室で教えられています。

雅休は、日本の書道界に大きな足跡を残した偉大な書家です。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました