人名辞典 – 「永日庵其律」(1720-1761) – 江戸時代中期の狂歌師

人名辞典 – 「永日庵其律」(1720-1761) – 江戸時代中期の狂歌師

誕生と背景

誕生と背景

-誕生と背景-

永日庵其律は、江戸時代中期の狂歌師である。1720年(享保5年)に江戸の湯島で生まれた。本名は藤原為永。号は楽寿庵、佛骨軒、永日庵、東可道人、春梅、栄丸。俳号は其律、高峯。

其律の父である藤原為信は、江戸幕府の旗本であった。為信は、儒学を好み、狂歌にも通じていた。其律は、幼い頃から父の影響を受けて、学問と狂歌に親しんだ。

其律が19歳のとき、父が亡くなった。其律は、父の死を悲しみ、出家して僧侶となった。しかし、僧侶として過ごすうちに、其律は狂歌への情熱を取り戻した。

其律は、狂歌の師匠である柄井川柳に師事し、狂歌の作風に影響を受けた。其律は、川柳よりも洒落た狂歌を好んで詠み、その作品は多くの人々に愛された。

其律は、狂歌の分野で活躍しただけでなく、俳諧や浄瑠璃にも才能を発揮した。其律は、江戸文化の発展に大きな貢献をした人物の一人である。

-代表作-

* 『永日庵狂歌集』
* 『永日庵俳諧集』
* 『永日庵浄瑠璃集』

-評価-

其律は、江戸時代中期の狂歌界を代表する人物の一人である。其律の狂歌は、洒落ていてユーモラスであり、多くの人々に愛されている。其律は、狂歌の分野だけでなく、俳諧や浄瑠璃にも才能を発揮した。其律は、江戸文化の発展に大きな貢献をした人物の一人である。

狂歌師としての活躍

狂歌師としての活躍

永日庵其律の狂歌師としての活躍について

永日庵其律は、江戸時代中期の狂歌師であり、その活動は元文から宝暦の時代にかけて盛んでした。彼は江戸に生まれ、はじめは町医者として生計を立てていましたが、やがて狂歌に傾倒し、狂歌師として名声を博するようになりました。

其律の狂歌は、ユーモアと風刺に富んだ作風が特徴であり、庶民の生活や社会情勢を題材にした作品が多く見られます。また、彼は狂歌だけでなく、狂詩や川柳などの作品も残しており、その多才ぶりを発揮していました。

其律の狂歌は、当時の人々に広く親しまれ、狂歌界の発展に大きく貢献しました。特に、彼は狂歌を大衆化し、庶民の間で広く楽しまれるようにした功績は大きく、狂歌史において重要な人物とされています。

其律の狂歌は、現代でもそのユーモアと風刺に富んだ作風で愛されており、多くのアンソロジーに収録されています。また、彼の作品は狂歌研究の重要な資料として高く評価されており、現在でも多くの研究者が彼の作品を研究しています。

その中でも、特に有名なのが「永日庵其律狂歌集(えいじつあんそのりつくようかしゅう)」です。この歌集には、其律が生涯に詠んだ狂歌の中から、特に優れたものを集めており、狂歌の傑作として知られています。

「永日庵其律狂歌集」には、其律のユーモアと風刺に富んだ作風が遺憾なく発揮されており、庶民の生活や社会情勢を題材にした作品が多く見られます。また、この歌集には、其律が狂歌を大衆化し、庶民の間で広く楽しまれるようにした功績がうかがえる作品も多く収録されています。

「永日庵其律狂歌集」は、狂歌史において重要な資料として高く評価されており、現在でも多くの研究者がこの歌集を研究しています。

死と評価

死と評価

-死と評価-

永日庵其律は、天明元年(1781年)、62歳で亡くなりました。狂歌師として、その死は文人たちから惜しまれました。

其律は、その生前、狂歌作者として高い評価を得ていました。狂歌は、江戸時代に流行した庶民的な詩歌の一種ですが、其律は、その巧みな言葉遣いとユーモアセンスで、多くの読者を獲得しました。

また、其律は、狂歌の創作だけでなく、狂歌の研究にも熱心でした。狂歌の歴史や理論を研究し、狂歌に関する著書も残しています。

其律の死後、その狂歌は、多くの文人たちに影響を与え続けました。江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した狂歌師の多くが、其律を敬愛し、その狂歌を模倣しました。

其律の狂歌は、江戸時代の庶民の生活や文化を垣間見ることができる貴重な資料です。また、其律のユーモアセンスは、現代の私たちにも十分に伝わってくるものがあります。其律の狂歌は、江戸時代の文化を代表する貴重な文学遺産です。

其律の死後、その功績を称えて、いくつかの顕彰碑が建てられました。また、其律の狂歌は、多くのアンソロジーに収録され、現在でも広く読まれています。

永日庵其律は、江戸時代中期の狂歌師として、大きな功績を残した人物です。其律の狂歌は、江戸時代の庶民の生活や文化を垣間見ることができる貴重な資料であり、江戸時代の文化を代表する貴重な文学遺産です。

タイトルとURLをコピーしました