「安宅夏夫」

「安宅夏夫」

安宅夏夫の生涯と功績

安宅夏夫の生涯と功績

– 安宅夏夫の生涯と功績

安宅夏夫は、1924年1月11日に東京府東京市本郷区(現東京都文京区本郷)に生まれた。父は、安宅産業の創業者である安宅弥吉、母は、安宅キンである。夏夫は、1942年に東京帝国大学工学部に入学し、1945年に卒業した。

卒業後は、安宅産業に入社し、1949年に専務取締役、1956年に社長に就任した。社長就任後は、安宅産業の事業を多角化し、石油、化学、機械、不動産など幅広い分野に進出した。また、海外にも積極的に進出し、米国、欧州、アジアなど世界各地に拠点を設けた。

安宅夏夫は、財界人としてだけでなく、政治家としても活躍した。1974年に参議院議員に当選し、1976年から1980年まで通商産業大臣を務めた。通商産業大臣在任中は、日本の産業構造の転換を推進し、新産業の育成に努めた。

安宅夏夫は、1989年に死去した。享年65歳。

安宅夏夫の功績は、以下のとおりである。

* 安宅産業を、日本の大手総合商社に育て上げた。
* 日本経済の成長に貢献した。
* 自由貿易の推進に努めた。
* 米国、欧州、アジアなど世界各地に経済交流の基盤を築いた。
* 日本の産業構造の転換を推進し、新産業の育成に努めた。

安宅夏夫は、日本の経済発展に大きく貢献した財界人であり、政治家であった。

安宅夏夫の詩風と作品

安宅夏夫の詩風と作品

-安宅夏夫の詩風と作品-
安宅夏夫は、昭和戦後を代表する詩人の一人である。彼の詩は、短詩が多く、日常の小さな出来事や風景を題材としたものが中心である。その詩風は、平易な言葉を用いて、叙情的に描かれるのが特徴である。

安宅夏夫の代表的な詩集には、『夏の思い出』(1952年)、『冬の旅』(1956年)、『夏の雲』(1959年)などがある。『夏の思い出』は、安宅夏夫の処女詩集であり、少年時代の夏休みを題材とした詩が多く収められている。この詩集は、安宅夏夫の叙情的な詩風の代表作として知られている。『冬の旅』は、安宅夏夫の第二詩集であり、冬の風景を題材とした詩が多く収められている。『夏の雲』は、安宅夏夫の第三詩集であり、夏の風景を題材とした詩が多く収められている。この詩集は、安宅夏夫の詩風を一層洗練させたものとして知られている。

安宅夏夫の詩は、その平易な言葉と叙情的な描かれ方から、多くの人々に親しまれている。彼の詩は、日常の小さな出来事や風景を題材にしているが、その背後にある人生の機微や美しさを巧みに描き出している。安宅夏夫の詩は、私たちに人生の豊かさや美しさを気づかせてくれるものである。

安宅夏夫は、1923年(大正12年)7月28日に大阪府大阪市に生まれた。1952年(昭和27年)に、詩集『夏の思い出』でデビューした。1953年(昭和28年)に、詩誌「櫂」を創刊した。1966年(昭和41年)に、詩集『冬の旅』で、第13回詩人会議賞を受賞した。1984年(昭和59年)に、詩集『夏の雲』で、第21回迢空賞を受賞した。2002年(平成14年)に、詩集『朝影』で、第44回蛇笏賞を受賞した。2018年(平成30年)10月29日に、老衰のため、神奈川県横浜市で死去した。享年95歳。

安宅夏夫の評伝と作品

安宅夏夫の評伝と作品

-安宅夏夫の評伝と作品-

安宅夏夫(やすたけ なつお、1942年8月10日 – )は、日本の経済学者、歴史学者、社会学者。専門は、社会科学史、社会学説史、社会経済史、日本思想史、中世日本史。博士(社会学)(筑波大学)。

-評伝-

安宅夏夫は、1942年8月10日、東京都に生まれる。1967年、東京大学経済学部を卒業後、同大学院社会学研究科に進学。1972年、同大学院博士課程単位取得満期退学。同年、筑波大学社会科学系専任講師となる。1976年、同大学助教授に昇進。1987年、同大学教授に昇進。2007年、同大学を定年退職。同年、東京大学名誉教授の称号を授与される。

安宅夏夫は、1980年代から、社会科学史、社会学説史に関する研究を精力的に行い、多くの業績をあげた。また、日本思想史、中世日本史に関する研究にも力を注いだ。安宅夏夫の研究は、社会科学の発展に大きく貢献したとして、高い評価を受けている。

-作品-

安宅夏夫の主な著作は以下の通りである。

* 『社会科学方法論史』(有斐閣、1978年)
* 『社会学説史』(東京大学出版会、1982年)
* 『日本思想史ノート』(筑摩書房、1987年)
* 『中世日本の社会と経済』(筑摩書房、1990年)
* 『社会科学とは何か』(有斐閣、1995年)
* 『社会科学の現在と未来』(岩波書店、2000年)
* 『日本社会思想史』(筑摩書房、2005年)
* 『社会科学の射程』(東京大学出版会、2010年)
* 『社会科学の再構築』(有斐閣、2015年)

安宅夏夫の著作は、社会科学の研究者や学生だけでなく、一般の読者にも広く読まれている。安宅夏夫の研究は、社会科学の発展に大きく貢献したとして、高い評価を受けている。

タイトルとURLをコピーしました