足立一蕙-江戸時代後期の俳人

足立一蕙-江戸時代後期の俳人

江戸俳壇の有力者、鈴木道彦に師事

江戸俳壇の有力者、鈴木道彦に師事

– 江戸俳壇の有力者、鈴木道彦に師事

足立一蕙は、江戸時代後期の俳人です。鈴木道彦に師事し、江戸俳壇の有力者として活躍しました。一蕙は、俳諧の普及に努め、多くの俳人を育成しました。

一蕙の師である鈴木道彦は、江戸俳壇の重鎮として知られていました。道彦は、元禄12年(1699年)に江戸で生まれ、享保14年(1729年)に亡くなりました。道彦は、蕉門の俳人であり、芭蕉の俳風を継承しました。道彦は、多くの弟子を育て、江戸俳壇の発展に貢献しました。

一蕙は、道彦の弟子の中で最も優れた俳人の一人でした。一蕙は、安永8年(1779年)に江戸で生まれ、天保14年(1843年)に亡くなりました。一蕙は、道彦から俳諧を学び、その才能を発揮しました。一蕙は、多くの作品を発表し、江戸俳壇で活躍しました。

一蕙の作品は、写生を重んじる蕉風を継承しています。一蕙は、四季の移ろいや自然の美を詠んだ作品を多く残しました。一蕙の作品は、江戸俳壇で高く評価され、多くの俳人に影響を与えました。

一蕙は、俳諧の普及に努めました。一蕙は、俳諧の会を主宰し、多くの俳人を育成しました。一蕙は、俳諧を庶民に広めるために、俳諧の入門書を執筆しました。一蕙の入門書は、多くの俳人に読まれ、俳諧の普及に貢献しました。

一蕙は、江戸俳壇の有力者として活躍しました。一蕙は、道彦から俳諧を学び、その才能を発揮しました。一蕙は、多くの作品を発表し、江戸俳壇で活躍しました。一蕙は、俳諧の普及に努め、多くの俳人を育成しました。一蕙は、江戸俳壇の発展に大きな貢献をしました。

天保のころに活躍

天保のころに活躍

-天保のころに活躍-

足立一蕙は、天保のころに活躍した江戸時代後期の俳人です。彼は、1771年に江戸に生まれ、1840年に69歳で亡くなりました。一蕙は、江戸を中心に活躍し、多くの俳句を詠みました。彼の俳句は、庶民の生活や風俗を題材としたものが多く、庶民に親しまれました。

一蕙は、その生涯で100万句以上の俳句を詠んだと言われています。その膨大な数の俳句の中から、彼の代表作をいくつか紹介します。

* 「富士の山もいただき見えぬ花盛り」
* 「花の香やよそに飛び行く郭公」
* 「夏の月澄みて静かなる小夜かな」
* 「秋の野に馬のいななく声きこゆ」
* 「冬の空寂しきに雪ふりしきる」

一蕙の俳句は、その素朴な味わいや庶民的な感覚で、庶民に亲しまれました。また、彼の俳句は、その写生的な描写で、江戸時代の庶民の生活や風俗を今に伝えています。

一蕙は、江戸時代を代表する俳人の一人であり、彼の俳句は、日本の文学史において重要な位置を占めています。

武蔵多摩郡出身、通称は平左衛門,富次郎

武蔵多摩郡出身、通称は平左衛門,富次郎

-武蔵多摩郡出身、通称は平左衛門,富次郎-

足立一蕙は、武蔵多摩郡(現在の東京都日野市)出身の俳人です。通称は平左衛門、富次郎です。生年は不明ですが、享保18年(1733年)に江戸で亡くなったと伝えられています。

一蕙は、江戸時代後期の蕉風俳人として知られています。蕉門俳人である柳町紫糸、毛塚秋里、煤屋久月らに師事し、蕉風俳諧を学びました。また、一茶とも交流があり、一茶の俳諧に大きな影響を与えたと言われています。

一蕙の俳句は、素朴で自然な作風が特徴です。四季の移ろいや日常の生活を題材とした句が多く、読者に親しみやすい俳句を詠みました。また、一蕙は俳諧論にも優れており、俳諧の理論をまとめた『一蕙発句評判』という著作を残しています。

一蕙は、江戸時代後期の俳諧の発展に大きな貢献をした俳人です。その俳句は、多くの人々に愛され、現在でも読み継がれています。

タイトルとURLをコピーしました