北原菊子 – 大正-昭和時代、北原白秋の妻

北原菊子 – 大正-昭和時代、北原白秋の妻

大正10年に北原白秋と結婚、3人目の妻となる

大正10年に北原白秋と結婚、3人目の妻となる

大正10年、北原菊子は北原白秋と結婚しました。菊子は白秋の3人目の妻で、彼女と白秋の間には1男2女が生まれました。菊子は白秋を支え、彼の文学活動を助けていました。

菊子は白秋より16歳年下で、白秋との結婚は菊子にとって初婚でした。菊子は良妻賢母として知られ、白秋と子供たちを大切にしていました。菊子は白秋が詩人として活躍するのを助け、彼の作品をタイプしたり、原稿を清書したりしていました。

菊子は白秋を支えるだけでなく、自身でも文学活動を行っていました。彼女は詩や小説を書き、雑誌に発表していました。また、菊子は白秋の伝記や評論も書いています。

菊子は昭和37年に白秋が亡くなった後も、白秋の文学活動を支え続けました。彼女は白秋の作品を編集したり、白秋に関する講演を行ったりしていました。菊子は白秋没後も、彼の作品を世に送り出すために尽力しました。

菊子は昭和63年に亡くなりました。享年85歳でした。菊子は白秋を支え、彼の文学活動を助けただけでなく、自身でも文学活動を行い、白秋の作品を広めるために尽力しました。菊子は北原白秋にとってなくてはならない存在でした。

昭和12年以降、視力を失った夫の支えとなった

昭和12年以降、視力を失った夫の支えとなった

昭和12年以降、視力を失った夫の支えとなった

1937年(昭和12年)に白秋は網膜剥離を発症し、失明の危機に瀕しました。北原菊子は夫を献身的に看護し、白秋の視力が回復するまで支え続けました。白秋は菊子の支えに感謝し、菊子に「あなたは私の命の恩人です」と語ったと言われています。

菊子は、白秋の執筆活動を手伝ったり、白秋の講演会に同行したりして、白秋を支えました。また、菊子は白秋の作品を積極的に宣伝し、白秋の作品が世間に知られるようになるのに貢献しました。

白秋は、菊子の支えがあってこそ、晩年まで執筆活動を続けることができたのです。 菊子は白秋の死後も、白秋の作品を世に送り出すことに尽力しました。 菊子は、白秋の没後10年にあたる1958年(昭和33年)に白秋の全集を刊行しました。

白秋の全集は、白秋の作品を網羅したもので、白秋研究に欠かせない資料となっています。 菊子は、白秋研究の第一人者として、白秋の作品について多くの論文を発表しました。 菊子は、白秋研究の普及に貢献し、白秋の作品をより多くの人に知られるようにしました。

菊子は、白秋の一人娘である千嘉子と二人暮らしをしながら、白秋の作品を世に送り出し続けることに尽力しました。 菊子は、白秋の死後22年後の1972年(昭和47年)に亡くなりました。 菊子は、白秋と二人三脚で歩み、白秋の作品を世に送り出すことに尽力した女性でした。

昭和58年1月2日に93歳で死去

昭和58年1月2日に93歳で死去

– 小見出し 昭和58年1月2日に93歳で死去

北原菊子は、1973年(昭和48年)1月2日に93歳で死去した。彼女は大正-昭和時代、詩人・北原白秋の妻として波乱の生涯を送ったことで知られている。

菊子は1880年(明治13年)に、東京府日本橋区(現在の東京都中央区日本橋)で生まれた。父親は三井銀行の頭取を務めた北原治兵衛、母親は日本橋の呉服商の娘・菊野である。菊子は幼い頃から文学に興味を持ち、15歳の時に北原白秋と結婚。白秋は当時、まだ駆け出しの詩人だったが、菊子は彼の才能を信じ、献身的に支え続けた。

しかし、菊子の結婚生活は決して幸せなものではなかった。白秋は放浪癖があり、菊子を何度も捨てては連れ戻すという、波乱万丈な生活を送った。また、白秋は酒豪で、菊子はしばしば彼の暴力に苦しめられたという。

菊子は白秋との間に、4人の子どもをもうけた。長男の北原隆吉は、詩人・画家として活躍。次男の北原武夫は、評論家として知られている。三男の北原白秋二世は、早世。長女の北原京子は、北原白秋記念館の館長を務めた。

菊子は白秋が亡くなった後、晩年を東京都杉並区阿佐ヶ谷で過ごした。1973年(昭和48年)1月2日に、老衰のため93歳で死去。白秋と同じ墓に葬られた。

タイトルとURLをコピーしました