俳人・阿知子顕成についての紹介

俳人・阿知子顕成についての紹介

阿知子顕成の生涯

阿知子顕成の生涯

阿知子顕成の生涯

阿知子顕成(あちこ けんせい)は、日本の俳人です。1935年、北海道札幌市に生まれました。1957年に北海道大学文学部国文学科を卒業し、1959年に結社「砂丘」に入会しました。1964年に第一句集『青魚群』を刊行し、1968年に「砂丘」を退会して、新興俳誌「船団」の同人となりました。1972年に第二句集『海峡』を刊行し、1974年に「船団」を退会して、新興俳誌「船団」の同人となりました。1978年に第三句集『北国考』を刊行し、1982年に「海程」の同人となりました。1986年に第四句集『海峡』を刊行し、1990年に「海程」を退会しました。1994年に第五句集『鳥の影』を刊行し、1998年に俳人協会賞を受賞しました。2002年に第六句集『北国考』を刊行し、2006年に詩歌文学館賞を受賞しました。2010年に第七句集『北国考』を刊行し、2014年に句集『海上』を刊行しました。2018年に83歳で亡くなりました。

阿知子顕成は、北海道の自然を詠んだ句が多いのが特徴です。また、日常の生活を詠んだ句にも定評があります。阿知子顕成の句は、簡潔で鋭い表現が特徴です。また、阿知子顕成の句は、季語を巧みに使った句が多いのも特徴です。阿知子顕成は、北海道を代表する俳人の一人です。

阿知子顕成の俳諧

阿知子顕成の俳諧

-阿知子顕成の俳諧-

阿知子顕成は、江戸時代前期の俳諧師です。松尾芭蕉の弟子であり、蕉門十哲の一人に数えられます。

顕成の俳諧は、芭蕉の軽妙洒脱な作風を受け継ぎながらも、独自の境地を開いたと評されます。
明快で分かりやすい言葉遣いと、自然や人間の営みを鋭く捉えた描写が特徴です。

また、顕成は俳諧の理論家としても知られており、多くの俳論を残しています。
その中でも有名なのが、「俳諧は物真似なり」という一説です。
この一説は、俳諧は自然や人間の営みをありのままに描写するものであることを意味しており、俳諧の美学を端的に表しています。

顕成の俳諧は、江戸時代中期以降の俳壇に大きな影響を与え、近代俳句の形成にも寄与しました。
現在でも、多くの俳人が顕成の俳諧を範として、句作に励んでいます。

-顕成の代表的な句-

・草の戸も住替はるらし秋の風
・稲妻や田中にうそぶきたる男
・雪山の富士幹にさはる木の芽かな
・秋風の尾花の穂に出でにつづれ沼
・鴨の声に雪の谷風ぞ吹くなり

-顕成の俳論-

・俳諧は物真似なり
・俳諧はもののあわれを知るべし
・俳諧は情を重んずべし
・俳諧は風雅を旨とすべし
・俳諧は不易流行なり

阿知子顕成の代表作

阿知子顕成の代表作

– 阿知子顕成の代表作

阿知子顕成の代表作には、以下のようなものがあります。

* -「春風や岸辺目に青しあやめ草」-
* -「藤の花房に落つる夕日かな」-
* -「秋風に稲穂波打つ田んぼかな」-
* -「冬枯れの野に響く風の音」-
* -「降り積もる雪の白さに心躍る」-

阿知子顕成の俳句は、四季の移ろいや自然の美しさなどを詠んだものが多く、その清新で美しい表現が特徴的です。また、阿知子顕成は、俳句だけでなく、小説やエッセイなども執筆しており、その作品は多くの人々に愛されています。

阿知子顕成の俳句は、以下のような特徴があります。

* -写生が重視されている。- 阿知子顕成は、俳句は「写生」であるべきだと考えていました。写生とは、ありのままの自然をありのままに描写することを意味します。阿知子顕成は、俳句を作るためには、まず自然を注意深く観察することが大切だと考えていました。
* -季語が効果的に使われている。- 季語とは、季節を表す言葉のことです。阿知子顕成は、俳句を作る際には、季語を効果的に使うことを心がけていました。季語を使うことで、俳句に季節感や臨場感を持たせることができます。
* -表現が簡潔で美しい。- 阿知子顕成の俳句は、表現が簡潔で美しいことが特徴です。阿知子顕成は、俳句は「一言一句の重み」が大切だと考えていました。そのため、阿知子顕成の俳句は、余計な言葉を一切使わず、簡潔にまとめられています。

阿知子顕成の俳句は、その清新で美しい表現が特徴的です。阿知子顕成の俳句は、多くの人々に愛されており、日本の俳句史に大きな足跡を残しています。

タイトルとURLをコピーしました