北見山奴とは?江戸時代中期から後期の俳人

北見山奴とは?江戸時代中期から後期の俳人

北見山奴の生涯

北見山奴の生涯

-北見山奴とは?江戸時代中期から後期の俳人-

-北見山奴の生涯-

北見山奴(1681-1751)は、江戸時代中期から後期の俳人です。本名は古賀左兵衛と申します。寛文21年(1681年)に江戸の浅草に生まれ、享保16年(1731年)に51歳で亡くなりました。

北見山奴は、俳諧師として活躍し、蕉門十哲の一人に数えられています。松尾芭蕉の弟子であり、蕉風俳諧を学びました。また、芭蕉の死後は、蕉門俳諧の発展に貢献しました。

北見山奴は、俳諧の才能に恵まれ、多くの俳句を詠みました。その俳句は、蕉風俳諧の特徴である、風雅と幽玄を兼ね備えた作風となっています。また、北見山奴は、俳諧の理論にも通じており、俳諧論の著書を多く残しています。

北見山奴は、江戸時代中期から後期の俳諧界を代表する俳人の一人であり、蕉門俳諧の発展に大きく貢献しました。その俳句は、現在でも多くの人に親しまれています。

北見山奴の俳風

北見山奴の俳風

北見山奴の俳風

北見山奴は、江戸時代中期から後期の俳人であり、俳諧の伝統を尊重しながらも、新しい表現に挑戦したことで知られています。彼の俳風は、以下の点に特徴があります。

1. 軽みとユーモア
北見山奴の俳句には、軽やかさとユーモアがあり、日常の出来事を面白おかしく詠んでいます。彼の俳句は、読者にほっこりとした気持ちを与えてくれます。

2. 擬人化と比喩
北見山奴は、擬人化と比喩を巧みに用いて、自然を生き生きと描いています。彼の俳句は、読者に自然の美しさや不思議さを再発見させてくれます。

3. 季語の意外な使用
北見山奴は、季語を意外な形で用い、読者に新しい視点を与えてくれます。彼の俳句は、読者を考えさせ、新しい発見をさせてくれます。

4. 口語体の使用
北見山奴は、口語体を用いて俳句を詠み、親しみやすさとリアリティのある表現を実現しています。彼の俳句は、読者に共感されやすく、身近に感じることができます。

北見山奴の俳風は、江戸時代中期から後期の俳諧に大きな影響を与えました。彼の俳句は、今もなお多くの人々に愛されており、日本の俳諧の宝として大切にされています。

北見山奴の代表作

北見山奴の代表作

-北見山奴の代表作-

北見山奴は、江戸時代中期から後期の俳人で、蕉門十哲の一人です。俳諧師としては、蕉風を継承し、独自の境地を開拓しました。

北見山奴の代表作として挙げられるのは、以下の俳句です。

* 「枯れ朶に烏のとまりけり秋の暮」
* 「日の暮れて山の端帰る雁かな」
* 「木枯しの吹き募る夜や窓の灯」
* 「冬籠り缶火炉に栗を焼く」
* 「春過ぎて夏来るらし白妙の富士」

これらの俳句は、いずれも自然の風景を詠んだもので、簡潔で力強い表現が特徴です。

「枯れ朶に烏のとまりけり秋の暮」は、秋の暮れに枯れ木に烏がとまっている様子を詠んだ俳句です。この句は、秋の寂寥感を見事に表しており、北見山奴の代表作として広く知られています。

「日の暮れて山の端帰る雁かな」は、日が暮れて雁が山の端から帰る様子を詠んだ俳句です。この句もまた、秋の寂寥感と雁の旅立ちの寂しさを同時に表しています。

「木枯しの吹き募る夜や窓の灯」は、木枯しの吹く寒い夜に窓から漏れる灯火を詠んだ俳句です。この句は、冬の寒さと灯火のぬくもりを同時に表しています。

「冬籠り缶火炉に栗を焼く」は、冬籠りの際に缶火炉で栗を焼く様子を詠んだ俳句です。この句は、冬の風物詩である栗を焼く様子を暖かく描いた作品です。

「春過ぎて夏来るらし白妙の富士」は、春が過ぎて夏が来る頃、白く輝く富士山の姿を詠んだ俳句です。この句は、富士山の雄大さと季節の移り変わりを美しく表現しています。

これらの俳句は、いずれも北見山奴の代表作として知られており、彼の俳諧師としての力量の高さを示しています。

タイトルとURLをコピーしました