北村初雄-大正時代の詩人

北村初雄-大正時代の詩人

三木露風に師事し、「未来」に属する

三木露風に師事し、「未来」に属する

– 三木露風に師事し、「未来」に属する

北村初雄が詩作を始めたのは、大正2年(1913年)のことであった。当時は、三木露風が主宰する詩誌「未来」が盛んであり、北村もその影響を受けていた。大正4年(1915年)に、北村は三木露風に師事し、「未来」に加入した。

北村の詩は、初期は三木露風の影響を強く受けていたが、次第に独自の作風を確立していった。北村の詩の特徴は、抒情性と叙情性の融合である。北村は、日常のささやかな出来事や風景を題材に、その中に潜む美しさや哀愁を歌い上げた。また、北村の詩は、リズムと音律に優れており、朗読すると心地よい響きがする。

大正7年(1918年)に、北村は第一詩集『街にて』を刊行した。この詩集には、北村の初期の代表作である「街にて」「雨の夜の酒蔵」「秋風」などが収められている。『街にて』は、詩壇で高い評価を受け、北村は一躍注目される詩人となった。

大正9年(1920年)に、北村は第二詩集『静かなる町』を刊行した。この詩集には、北村の代表作である「静かなる町」「月夜の道」「野原の霞」などが収められている。『静かなる町』は、前作『街にて』よりもさらに高い評価を受け、北村は日本を代表する詩人としての地位を確立した。

北村は、その後も詩作を続け、大正11年(1922年)に第三詩集『叙愁詩抄』、大正13年(1924年)に第四詩集『秋の道』を刊行した。北村の詩は、日本近代詩史に大きな足跡を残しており、現在でも多くの人々に親しまれている。

中学卒業記念詩集『吾歳(わがとし)と春』を刊行

中学卒業記念詩集『吾歳(わがとし)と春』を刊行

-中学卒業記念詩集『吾歳(わがとし)と春』を刊行-

北村初雄は、1901年(明治34年)に京都府京都市で生まれました。旧制第三高等学校を卒業後、1922年(大正11年)に東京帝国大学文学部に入学しました。在学中は詩作に励み、1923年(大正12年)に中学卒業記念詩集『吾歳(わがとし)と春』を刊行しました。

『吾歳(わがとし)と春』は、北村初雄が旧制第三高等学校在学中に詠んだ詩を集めたもので、青春の悩みや喜びを率直に表現した作品が収められています。この詩集は、当時多くの学生に共感され、北村初雄の名を高めました。

北村初雄は、その後も詩作を続け、1926年(大正15年)に第一詩集『春と修羅』を刊行しました。『春と修羅』は、北村初雄の代表作であり、若者の情熱と苦悩を力強く歌った作品として高く評価されました。

北村初雄は、1938年(昭和13年)に結核のため37歳の若さで亡くなりました。しかし、彼の作品は今日でも多くの人に読み継がれており、大正時代の詩壇を代表する詩人の一人として知られています。

東京高商(現一橋大)卒業記念詩集『正午の果実』を刊行

東京高商(現一橋大)卒業記念詩集『正午の果実』を刊行

-東京高商(現一橋大)卒業記念詩集『正午の果実』を刊行-

北村初雄は、東京高商(現一橋大学)在学中に詩作を始め、1921年に卒業記念詩集『正午の果実』を刊行しました。この詩集は、若者の情熱と憧れ、そして社会に対する批判精神を込めた作品が多く収録されており、当時の若者に大きな影響を与えました。

『正午の果実』に収録されている「夜」という詩は、北村初雄の代表作のひとつです。この詩は、夜の静けさの中で、自分の内面をみつめ、人生の意味を問いかけるという内容になっています。北村初雄は、この詩の中で、「夜よ、お前は深淵だ。/お前は謎だ。/お前は悲しみだ。/お前は歓喜だ。」と歌い、夜の持つ多面性を巧みに表現しています。

また、『正午の果実』には、社会に対する批判精神を込めた作品も数多く収録されています。「都会」という詩は、都会の喧騒と雑踏を描き、その中で生きる人々の息苦しさを表現しています。「工場」という詩では、工場で働く労働者の姿を描写し、彼らの厳しい労働環境に抗議しています。

北村初雄は、『正午の果実』の刊行後も詩作を続け、1924年には第二詩集『林檎の酒』を刊行しました。しかし、1926年に急逝し、わずか24歳でこの世を去りました。北村初雄の死は、日本の詩壇に大きな衝撃を与え、彼の作品は現在でも多くの読者に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました