「北杜夫」

「北杜夫」

生涯

生涯

-生涯-

北杜夫は、1924年(大正13年)9月2日、香川県高松市に生まれた。父は日本海軍の軍医であり、母は医師の娘であった。幼少期は海軍病院の官舎で過ごし、1937年(昭和12年)に東京帝国大学付属小学校に入学した。しかし、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、父が戦地に赴いたため、母と弟とで疎開することになった。

1942年(昭和17年)に東京帝国大学第一高等学校に入学し、1943年(昭和18年)に海軍予科練に入隊した。しかし、1945年(昭和20年)に終戦を迎えたため、復員することになった。その後、東京帝国大学文学部英文科に入学し、1949年(昭和24年)に卒業した。

大学卒業後は、出版社に就職したが、1951年(昭和26年)に作家を目指して退職した。1954年(昭和29年)に『夜と霧の隅で』で芥川賞を受賞し、文壇デビューを果たした。その後は、作家として精力的に活動し、多くの作品を発表した。

1977年(昭和52年)に『楡家の人びと』で谷崎潤一郎賞を受賞し、1981年(昭和56年)に日本芸術院会員に選出された。1996年(平成8年)には文化勲章を受章した。

2011年(平成23年)11月19日、心不全のため、東京都内の病院で死去した。享年87歳であった。

作品

作品

– 北杜夫の作品

北杜夫は、1927年に北海道札幌市に生まれ、2011年に逝去した日本の小説家です。1950年代から1960年代にかけて、数々の名作を発表し、芥川賞や谷崎潤一郎賞などを受賞しました。北杜夫の作品は、その鋭い洞察力と美しい文体で知られ、多くの人々に愛されています。

北杜夫の代表作の一つが、1957年に発表された『どくとるマンボウ青春記』です。この作品は、主人公の医師であるマンボウが、様々な患者と出会い、人間の本質に迫っていくという物語です。マンボウのユニークなキャラクターと、北杜夫の巧みなストーリーテリングが光る作品です。

もう一つの代表作が、1961年に発表された『楡家の人びと』です。この作品は、北海道の開拓農家である楡家を舞台に、家族の愛憎や人生の苦悩を描いた長編小説です。北杜夫の卓越した描写力と、人間に対する深い洞察力が遺憾なく発揮された傑作です。

北杜夫は、この他にも『花袋』『幕末』などの長編小説や、『家畜人ヤプー』『幽霊』などの短編小説を発表しています。どの作品も、北杜夫の鋭い洞察力と美しい文体で描かれており、多くの人々に愛されています。

北杜夫の作品は、人間の普遍的なテーマを扱っているため、時代を超えて読み継がれています。北杜夫の小説を読めば、人間の本質や人生の苦悩について深く考えさせられるでしょう。

受賞歴

受賞歴

-北杜夫の受賞歴-

北杜夫は、1927年に北海道札幌市に生まれ、2011年に亡くなった日本の小説家です。芥川賞、直木賞、谷崎潤一郎賞など、数々の文学賞を受賞しました。

-主な受賞歴-

* 1959年芥川賞(『夜と霧の隅で』)
* 1963年直木賞(『どくとるマンボウ青春記』)
* 1964年谷崎潤一郎賞(『楡家の人びと』)
* 1977年菊池寛賞(『どっこい生きている』)
* 1982年文化功労者
* 1987年読売文学賞(『水葬物語』)
* 1992年日本芸術院賞(『悪霊』)
* 2002年文化勲章

北杜夫は、その卓越した文才と、人間の内面を鋭く描いた作品で、多くの読者から支持されました。その作品は、国内外で翻訳され、今もなお読み継がれています。

タイトルとURLをコピーしました