「舞姫」の主人公 – 太田豊太郎の

「舞姫」の主人公 – 太田豊太郎の

太田豊太郎の生い立ちと経歴

太田豊太郎の生い立ちと経歴

-太田豊太郎の生い立ちと経歴-

太田豊太郎は、1858年(安政5年)に信濃国松本藩士の家に生まれた。幼少期から頭脳明晰で、1876年(明治9年)に東京大学の前身である開成学校に入学。その後、大学予備門に進学し、1880年(明治13年)に東京大学法学部を卒業した。

卒業後は外務省に入省し、1882年(明治15年)にドイツに留学。4年間の留学生活を経て、1886年(明治19年)に帰国し、外務省に復職した。

1890年(明治23年)に、太田豊太郎は森鷗外とともにドイツに派遣され、ベルリン大学で法学を研究。1892年(明治25年)に帰国し、外務省参事官に就任した。

1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、太田豊太郎は外務省特命全権公使として中国に派遣され、下関条約の締結に尽力した。

1895年(明治28年)に、太田豊太郎は外務次官に就任。1898年(明治31年)には、外務大臣に就任した。

1900年(明治33年)に、太田豊太郎は外務大臣を辞任し、総理大臣に就任。1901年(明治34年)まで総理大臣を務めた。

1903年(明治36年)に、太田豊太郎は貴族院議員に勅選され、1913年(大正2年)まで貴族院議員を務めた。

1915年(大正4年)に、太田豊太郎は78歳で死去した。

官吏となりエリスと交際

官吏となりエリスと交際

-官吏となりエリスと交際-

太田豊太郎は、1880年(明治13年)に外務省に入省し、官吏として勤務することになります。彼は、その職務をこなしながら、エリスとの交際を続けていました。

エリスは、太田豊太郎が外務省に入った翌年に帰国することになりますが、二人は文通で連絡を取り合い、愛を育んでいました。そして、エリスが1883年(明治16年)に再来日したとき、二人はついに結婚することになりました。

太田豊太郎とエリスの結婚は、日本とイギリスの外交関係を強化するという意味でも大きな意義を持っていました。二人は、その後も幸せな結婚生活を送っていましたが、1884年(明治17年)にエリスが病気で亡くなってしまいます。

太田豊太郎は、エリスの死後も外務省で勤務を続け、後に公使としてイギリスに赴任しました。彼は、1903年(明治36年)に亡くなるまで、日本の外交官として活躍し続けました。

精神に異常をきたしたエリスと別れ帰国

精神に異常をきたしたエリスと別れ帰国

– 「舞姫」の主人公 – 太田豊太郎の

-# 精神に異常をきたしたエリスと別れ帰国

太田豊太郎は、森鷗外の長編小説『舞姫』の主人公である。彼は、ドイツに留学した日本の青年であり、そこでエリスという女性と恋に落ち、同棲生活を始める。しかし、エリスは精神に異常をきたし、豊太郎は彼女と別れ、帰国する。

エリスが精神に異常をきたした原因は、豊太郎が彼女を十分に愛さなかったことにある。豊太郎は、エリスを愛しているつもりだったが、実際には彼女を所有物のように扱っていた。彼は、エリスが他の男性と親しくすることを許さず、彼女の行動を制限した。このような豊太郎の態度は、エリスを苦しめ、彼女の精神に異常をきたさせることになった。

豊太郎は、エリスが精神に異常をきたしたことに気づき、彼女と別れを決意する。彼は、エリスを精神病院に入院させ、帰国の準備を始める。エリスは、豊太郎が自分と別れることを知って、自殺を図るが、未遂に終わる。豊太郎は、エリスを精神病院に置き去りにして、日本に帰国する。

豊太郎が帰国した後、エリスは精神病院で死亡する。豊太郎は、エリスの死を知って、深い悲しみに暮れる。彼は、エリスを愛していたことを悟り、彼女を大切にしなかったことを後悔する。

豊太郎とエリスの悲劇は、愛することの大切さを教えてくれる物語である。愛する人を大切にしないことは、相手を苦しめるだけでなく、自分自身も苦しめることになる。豊太郎は、エリスを愛していたつもりだったが、実際には彼女を所有物のように扱っていた。このような豊太郎の態度は、エリスを苦しめ、彼女の精神に異常をきたさせることになった。豊太郎は、エリスの死を知って、深い悲しみに暮れる。彼は、エリスを愛していたことを悟り、彼女を大切にしなかったことを後悔する。この物語は、愛することの大切さを教えてくれる物語である。

タイトルとURLをコピーしました