俳人・僧 大谷古益

俳人・僧 大谷古益

大谷古益の生涯

大谷古益の生涯

-大谷古益の生涯-

大谷古益(1563年 – 1645年)は、江戸時代前期の俳人・僧です。

美濃国(現在の岐阜県)に生まれ、諱を実春、号を法善院月舟・法善院古益と号しました。

古益は、若い頃から歌と俳諧を好み、歌集『古益集』を編纂しました。

また、臨済宗の僧侶として、京都や江戸で活躍し、臨済宗の高僧として知られるようになりました。

古益は、俳諧においても優れた才能を発揮し、松尾芭蕉に影響を与えたとされています。

古益の俳諧は、写実性を重視した「不易流行」の理念に基づいており、芭蕉の俳諧に大きな影響を与えました。

古益は、1645年に江戸で亡くなりました。

古益の死後、その俳諧は弟子たちによって受け継がれ、江戸俳諧の発展に貢献しました。

大谷古益の俳諧

大谷古益の俳諧

-大谷古益の俳諧-

江戸~元禄期の京都に、大谷古益という俳諧僧がいました。他是れ室町幕府最後の将軍・足利義昭の孫であり、足利将軍家の血筋をひく公家でありながら、僧侶として生涯を過ごし、俳諧を愛した人物です。

大谷古益の俳諧の特徴は、まず、その軽妙洒脱な作風です。彼は、当時の流行であった「正風俳諧」とは一線を画し、自由奔放に俳句を詠みました。彼の句には、ユーモアや機知に富んだものが多く、読者に笑顔をもたらします。

また、大谷古益の俳諧は、風雅な趣きがあります。彼は、自然の美しさや四季の移ろいを巧みに表現し、読者に美しい情景を思い浮かばせます。彼の句には、日本の伝統的な美意識が色濃く反映されており、現代人にも十分に楽しめるものです。

さらに、大谷古益の俳諧は、人生の機微を詠んだものも少なくありません。彼は、人間関係の難しさや世の中の無常を詠み、読者に人生の大切さを訴えかけます。彼の句には、人生の苦悩や悲しみを乗り越えていく強さが感じられ、読者に勇気と希望を与えてくれます。

大谷古益の俳諧は、その軽妙洒脱な作風、風雅な趣き、人生の機微を詠んだもの、など、さまざまな魅力を備えたものです。彼は、江戸~元禄期の俳諧を代表する一人であり、現代人にも十分に楽しめる俳句を詠んだ俳人です。

大谷古益の作品

大谷古益の作品

-大谷古益の作品-

大谷古益は、江戸時代前期の俳人・僧侶であり、与謝蕪村、小林一茶と並び、江戸三俳人として知られています。古益の句には、洒脱で飄々とした風情があり、彼の俳諧精神を伝えるものとなっています。

古益の代表作の一つに、「雪月花」の句があります。

-雪月花 浄土の春のあけぼのぞ-

この句は、雪月花を浄土の春の暁にたとえ、その美しさを表現しています。雪月花は、俳句の季語としてよく用いられますが、古益の句は、それらを単に並べただけではなく、浄土の春の暁にたとえることで、その美しさをより一層際立たせています。

古益のもう一つの代表作に、「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」の句があります。

-閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声-

この句は、岩にしみ入る蝉の声の閑静さを詠んだものです。岩にしみ入る蝉の声は、まるで岩そのものが蝉の声を吸い込んでいるかのようで、その静けさは、まさに閑寂そのものです。古益はこの句の中で、蝉の声の閑静さを通して、自然の奥深さを表現しています。

古益の句は、洒脱で飄々とした風情があり、彼の俳諧精神を伝えるものとなっています。彼の句は、江戸時代の人々から愛され、現代でも多くの人々に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました