「大谷暫酔」(1626-1682)

「大谷暫酔」(1626-1682)

大谷暫酔の生涯

大谷暫酔の生涯

-大谷暫酔の生涯-

大谷暫酔は、1626年に加賀国石川郡大谷村に生まれた。幼名は徳助といい、15歳の時に僧侶となり、法名を暫酔と称した。

18歳の時に江戸に出て、狩野探幽に絵を学び、10年後に帰郷して画塾を開いた。暫酔は狩野探幽の画風を踏襲しつつも、独自の画風を確立した。

暫酔は、花鳥画や山水画を得意とし、特に花鳥画は写実的で精巧な描写で知られていた。また、暫酔は俳諧にも通じており、多くの俳句を残している。

暫酔は、1682年に56歳で死去した。死後、暫酔の作品は加賀藩の保護を受け、現在も金沢市の石川県立美術館や加賀藩の博物館に所蔵されている。

暫酔は、加賀藩を代表する画家の一人であり、その作品は高く評価されている。

-エピソード-

暫酔は、酒を飲むことを好んだ。ある時、暫酔は酔っぱらって道端で寝てしまい、通りかかった人に介抱された。その人が暫酔を自分の家に連れて帰り、酒と肴をふるまった。暫酔は大変喜び、その場で絵を描いてお礼にした。

暫酔は、また、俳諧にも通じていた。ある時、暫酔は俳諧の会に参加した。その会で暫酔は、一句の俳句を詠んだ。その俳句は、大変評判となり、暫酔は俳人として名を知られるようになった。

暫酔は、風流人として知られていた。ある時、暫酔は友人を連れて、野山に花見に出かけた。暫酔は、花を見て感興を覚え、その場で絵を描いた。その絵は、大変美しく、友人は皆感心した。

暫酔は、生涯に多くの作品を残した。その作品は、加賀藩の保護を受け、現在も金沢市の石川県立美術館や加賀藩の博物館に所蔵されている。暫酔の作品は、高く評価されており、加賀藩を代表する画家の一人として知られている。

大谷暫酔の俳諧

大谷暫酔の俳諧

-大谷暫酔の俳諧-

大谷暫酔は、17世紀の日本の俳人であり、江戸時代の貞門俳諧の中心的人物の一人である。大坂生まれで、兄は越後高田藩の藩医であった大谷玄沢である。

暫酔は、1626年に大坂に生まれ、本名は正房である。幼い頃から俳諧を好み、10歳の時に松尾芭蕉に入門した。芭蕉の死後、その弟子の桃青のもとで俳諧を学び、1661年に江戸に移住した。

江戸では、貞門俳諧の中心的人物として活躍し、多くの俳人を育て上げた。芭蕉の俳諧を尊重し、その伝統を重んじた。また、芭蕉の俳諧の精神を継承し、独自の俳諧を確立した。

暫酔の俳諧は、自然の美しさや人生の無常を詠んだものが多く、温かみのある、味わい深い作風である。また、ユーモアのある句や、風刺的な句も多い。

暫酔は、1682年に江戸で没した。享年56歳。

-暫酔の俳諧の特徴-

暫酔の俳諧の特徴は、以下の通りである。

* 自然の美しさや人生の無常を詠んだ句が多い。
* 温かみのある、味わい深い作風である。
* ユーモアのある句や、風刺的な句も多い。
* 芭蕉の俳諧の精神を継承し、独自の俳諧を確立した。

-暫酔の代表句-

暫酔の代表句には、以下のものがある。

* 枯れ枝に烏のとまりけり秋の暮
* 蚤とれて我をうれしむ夏の月
* 風炉の火や障子をあけて夏の月
* 露の玉や簾の玉や軒の玉
* 蝉の声や夕顔の花に夕日さす

-暫酔の功績-

暫酔は、貞門俳諧の中心的人物として活躍し、多くの俳人を育て上げた。芭蕉の俳諧の精神を継承し、独自の俳諧を確立した。また、暫酔の俳諧は、温かみのある、味わい深い作風であり、多くの人々に愛されている。

大谷暫酔の代表作

大谷暫酔の代表作

-大谷暫酔の代表作-

大谷暫酔は、17世紀の日本の画家であり、狩野派の第一人者として知られています。彼の代表作には、次のようなものがあります。

* -松林図屏風-(1651年)は、京都の智積院に所蔵されている六曲一双の屏風絵です。松林の美しい風景が描かれており、狩野派の写実的な画風がよく表れています。
* -山水図屏風-(1656年)は、東京国立博物館に所蔵されている六曲一双の屏風絵です。中国の山水画を模倣したもので、壮大な山水の風景が描かれています。
* -花鳥図屏風-(1661年)は、京都の金地院に所蔵されている六曲一双の屏風絵です。花や鳥が生き生きと描かれており、狩野派の装飾的な画風がよく表れています。
* -唐獅子図屏風-(1666年)は、東京国立博物館に所蔵されている六曲一双の屏風絵です。唐獅子が勇壮に描かれており、狩野派の力強い画風がよく表れています。
* -八犬伝図屏風-(1669年)は、京都の妙法院に所蔵されている八曲一双の屏風絵です。滝沢馬琴の小説『南総里見八犬伝』を題材に、八犬士の活躍が描かれています。

これらは、大谷暫酔の代表作のほんの一部です。彼は他にも多くの作品を残しており、狩野派の第一人者として、日本の美術史に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました