「大谷繞石」

「大谷繞石」

大谷繞石の生涯

大谷繞石の生涯

-# -大谷繞石の生涯-

大谷繞石(1865-1934)は、日本の仏教学者、宗教家であり、浄土真宗本願寺派の第22代宗主を務めた人物です。大谷繞石は、1865年に京都で生まれ、1886年に東京帝国大学を卒業しました。卒業後は、浄土真宗本願寺派の学舎である龍谷大学で教鞭をとり、1898年に浄土真宗本願寺派の第21代宗主である大谷光尊の死去に伴い、第22代宗主を襲名しました。

大谷繞石は、宗主として浄土真宗本願寺派の改革に尽力しました。1902年には、浄土真宗本願寺派の教義を定めた『真宗聖教全書』を編纂し、1905年には、浄土真宗本願寺派の全僧侶に対して毎年一定の会費を納めることを義務づけた『僧侶会費制度』を制定しました。また、大谷繞石は、浄土真宗本願寺派の海外布教にも力を入れ、1908年には、アメリカ合衆国に浄土真宗本願寺派の布教所を開設しました。

大谷繞石は、1934年に東京で死去しました。享年69歳でした。

-大谷繞石の功績-

大谷繞石は、浄土真宗本願寺派の改革に尽力し、浄土真宗本願寺派を近代的な宗教団体に生まれ変わらせた人物です。大谷繞石の功績は、以下のようにまとめることができます。

* 浄土真宗本願寺派の教義を定めた『真宗聖教全書』を編纂した。
* 浄土真宗本願寺派の全僧侶に対して毎年一定の会費を納めることを義務づけた『僧侶会費制度』を制定した。
* 浄土真宗本願寺派の海外布教に力を入れ、1908年には、アメリカ合衆国に浄土真宗本願寺派の布教所を開設した。

大谷繞石の功績は、浄土真宗本願寺派の発展に大きく貢献し、日本の仏教界に大きな影響を与えました。

大谷繞石の句作

大谷繞石の句作

大谷繞石の句作

大谷繞石は、明治から大正にかけて活躍した俳人です。正岡子規の弟子の一人で、子規の没後は俳誌「ホトトギス」の主宰を務めました。繞石は、切れ字を重視した俳句を提唱し、近代俳句の確立に貢献しました。

繞石は、1865年に群馬県に生まれました。1892年に子規の門下生となり、俳句を学び始めます。1897年に子規が没した後、繞石は「ホトトギス」の主宰を引き継ぎました。繞石は、主宰として「ホトトギス」を近代俳句の最前線に押し上げました。

繞石の俳句は、切れ字を重視したものが特徴です。切れ字とは、俳句の途中で切れ目を作る言葉のことです。切れ字を使うことで、俳句に余韻を生み出すことができます。繞石は、切れ字を巧みに使い、叙情的な俳句を多く作りました。

繞石の代表的な句をいくつか紹介します。

* 「秋ふけて草木みななほ色づきにけり」
* 「草枯れて馬肥ゆる秋となりにけり」
* 「柿若葉落ち葉をまじへて散りにけり」

これらの句は、いずれも切れ字を効果的に使った俳句です。切れ字によって、句に余韻が生まれ、読者の想像力をかきたてられます。

繞石は、1923年に58歳で亡くなりました。しかし、繞石の俳句は現在でも多くの俳人に愛されています。繞石は、近代俳句の確立に貢献した俳人として、俳句史に名を残しています。

大谷繞石の著書

大谷繞石の著書

-大谷繞石の著書-

大谷繞石(おおたに じょうせき)は、日本の真言宗醍醐派の僧侶、仏教学者、天台宗金光院住職。博士(文学)(京都大学)[1]。

大谷繞石は、多くの著書を残している。その中には、仏教の思想や歴史に関するもの、真言宗醍醐派の教義や歴史に関するもの、天台宗金光院の歴史に関するものなどがある。

大谷繞石の著書の中で、最も有名なのは、『真言宗綱要』である。この本は、真言宗醍醐派の教義や歴史を簡潔に解説したもので、真言宗醍醐派の入門書として広く読まれている。

また、大谷繞石は、天台宗金光院の歴史に関する著書も数多く残している。その中には、『天台宗金光院史』、『天台宗金光院年表』、『天台宗金光院略史』などがある。これらの著書は、天台宗金光院の歴史を詳しく研究したもので、天台宗金光院を知るための貴重な資料となっている。

大谷繞石は、仏教学者としてだけではなく、天台宗金光院の住職としても活躍した。大谷繞石は、天台宗金光院の発展に尽力し、天台宗金光院を京都の観光名所の一つに育て上げた。

大谷繞石の著書は、仏教の思想や歴史、真言宗醍醐派の教義や歴史、天台宗金光院の歴史を知るための貴重な資料となっている。大谷繞石の著書を読むことで、仏教や真言宗醍醐派、天台宗金光院についてより深く学ぶことができる。

タイトルとURLをコピーしました