高村薫について-日本の推理作家

高村薫について-日本の推理作家

プロフィールと経歴

プロフィールと経歴

-高村薫について-日本の推理作家-

-プロフィールと経歴-

高村薫(たかむら かおる、1949年1月28日 – 2017年1月21日)は、日本の推理作家。本名は高村順子。

1949年、神奈川県横浜市生まれ。幼い頃に父親を亡くし、母親と妹の3人で生活する。

1971年、早稲田大学第一文学部英文学科卒業。

大学卒業後、広告制作会社に就職。

1978年、第16回オール讀物新人賞に応募した『地の骨』でデビュー。

1981年、『マークスの山』で第34回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。

1988年、『レディ・ジョーカー』で第2回吉川英治文学新人賞を受賞。

1996年、『理由』で第111回直木三十五賞を受賞。

2000年、『半落ち』で第13回山本周五郎賞を受賞。

2003年、『レディ・ジョーカー』で第26回吉川英治文学賞を受賞。

2017年1月21日、膵臓がんのため死去。67歳没。

高村薫は、警察小説や社会派ミステリーを中心に活躍した推理作家です。作品は、緻密な取材と構成、リアルな描写によって、多くの読者から支持されました。

また、高村薫は、エッセイや評論でも活躍しました。エッセイでは、自身の体験や社会問題について、鋭い視点とユーモアを交えて綴っています。評論では、ミステリー小説や推理作家について、独自の視点から論じています。

高村薫の作品は、日本国内のみならず、海外でも高い評価を得ています。2003年には、『レディ・ジョーカー』がエドガー・アラン・ポー賞の作品賞にノミネートされました。

2017年には、膵臓がんのため死去しました。

文壇での受賞歴と実績

文壇での受賞歴と実績

高村薫は、1953年に東京都生まれの日本の推理作家です。1981年に『黄金を抱いて翔べ』で第21回オール讀物推理小説新人賞を受賞して作家デビューしました。その後、『マークスの山』で第93回直木賞、『レディ・ジョーカー』で第7回日本推理作家協会賞、『太陽を盗んだ男』で第38回毎日芸術賞、『新リア王』で第4回大佛次郎賞、『天国と地獄』で第21回吉川英治文学賞、『春を背負って』で第10回司馬遼太郎賞など、数多くの受賞歴と実績があります。

高村薫の作品は、社会問題や歴史的事実を背景とした本格推理小説が多いのが特徴です。『マークスの山』は、日本の左翼運動の歴史を背景にした長編推理小説で、第93回直木賞を受賞しました。『レディ・ジョーカー』は、女性の生き方をテーマにした推理小説で、第7回日本推理作家協会賞を受賞しました。『太陽を盗んだ男』は、原子力発電所の事故を背景にした推理小説で、第38回毎日芸術賞を受賞しました。

高村薫の作品は、緻密なプロットと深い洞察力、そして優れた文章力で高く評価されています。また、社会問題や歴史的事実を背景とした作品が多いことから、社会派推理小説の第一人者として知られています。

高村薫は、日本の推理小説界を代表する作家の一人であり、その作品は多くの読者に愛されています。

高村薫作品のリアリティーと心理描写

高村薫作品のリアリティーと心理描写

高村薫作品のリアリティーと心理描写

高村薫は、日本の推理作家である。1988年、長編推理小説『マークスの山』で第39回江戸川乱歩賞を受賞し、デビューした。『マークスの山』は、日本共産党をモデルにした政党を舞台に、党員たちが殺害されるという事件を描く。この作品は、そのリアリティーと心理描写で高い評価を得た。

高村薫の作品のリアリティーは、綿密な取材と緻密な構成によるものである。例えば、『マークスの山』では、日本共産党の歴史や組織、党員の思想などを、徹底的に取材した上で、物語を構成している。このため、作品にはリアリティーが感じられ、読者は物語に引き込まれていく。

また、高村薫の作品は、人物の心理描写が秀逸である。例えば、『マークスの山』では、党員たちの葛藤や苦悩、希望や絶望を、細やかに描き出している。このため、読者は党員たちの人間性を理解し、共感することができる。

高村薫のリアリティーと心理描写は、読者に強い印象を与える。このため、高村薫の作品は多くの読者に支持され、高い評価を得ている。

高村薫の作品のリアリティーと心理描写は、以下のような特徴がある。

* 綿密な取材と緻密な構成によるリアリティー
* 人物の心理描写の秀逸さ
* 読者に強い印象を与える

これらの特徴によって、高村薫の作品は多くの読者に支持され、高い評価を得ている。

タイトルとURLをコピーしました