太田白雪:江戸時代前期〜中期の俳人

太田白雪:江戸時代前期〜中期の俳人

松尾芭蕉の門人

松尾芭蕉の門人

松尾芭蕉の門人

太田白雪は、松尾芭蕉の門人で、俳人として活躍しました。元々は商人でしたが、芭蕉の俳句に触れて俳句に魅了され、門人となりました。芭蕉の指導を受け、俳句の技法を学び、やがて俳人として認められるようになりました。

白雪は、芭蕉の旅に同行することも多く、芭蕉の俳句の創作に影響を与えました。また、白雪は芭蕉の俳句を世に広めるために尽力し、芭蕉の死後も俳諧の普及に貢献しました。

白雪の俳句は、芭蕉の俳句を継承しつつも、独自の特色を持っています。白雪の俳句は、自然を詠んだものが多く、その句風は清澄で軽妙です。また、白雪は和歌にも通じており、和歌の要素を取り入れた俳句を詠むこともありました。

白雪は、芭蕉の門人として、俳諧の普及に貢献しただけでなく、独自の俳句を詠み、俳諧の発展に貢献した俳人です。

郷土史や百人一首の研究

郷土史や百人一首の研究

-郷土史や百人一首の研究-

太田白雪は、郷土史の研究にも熱心に取り組んでいました。彼は、地元の寺社や古跡を巡って、その歴史や伝承を調査しました。そして、その成果を『江戸名所記』『江戸切見世』などの著書にまとめました。これらの著書は、江戸時代の江戸の文化や風俗を知る上で貴重な資料となっています。

また、太田白雪は、百人一首の研究にも熱心でした。彼は、百人一首の歌を一つ一つ丁寧に読み解き、その解釈を『百人一首評釈』という著書にまとめました。この著書は、百人一首の研究に大きな影響を与えました。

太田白雪は、郷土史や百人一首の研究を通じて、江戸文化の保存と継承に貢献しました。彼の業績は、現在でも高く評価されています。

編著に「誹諧曾我」「三河小町」など

編著に「誹諧曾我」「三河小町」など

-編著に「誹諧曾我」「三河小町」など-

太田白雪は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した俳人です。享保2年(1717年)に江戸に生まれ、延享4年(1747年)に亡くなりました。

白雪は、若い頃から俳句を学び、元文元年(1736年)に「誹諧曾我」を編著しました。「誹諧曾我」は、曽我物語を題材にした俳諧集で、白雪の代表作のひとつです。また、白雪は、明和2年(1765年)に「三河小町」を編著しました。「三河小町」は、三河に伝わる小町伝説を題材にした俳諧集です。

白雪は、江戸の俳壇で活躍した俳人であり、多くの俳句を残しました。白雪の俳句は、江戸時代中期の俳諧の特徴である、軽妙洒脱な作風です。また、白雪は、俳諧の理論にも通じており、俳諧の指導者として活躍しました。

白雪は、江戸時代中期の俳壇に大きな影響を与えた俳人です。白雪の俳句は、現在でも多くの人々に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました