詩人・英文学者 星野徹の生涯と作品

詩人・英文学者 星野徹の生涯と作品

星野徹の生い立ちと経歴

星野徹の生い立ちと経歴

星野徹の生い立ちと経歴

星野徹は、1890年(明治23年)に東京府で生まれた。父は星野勘兵衛で、母は星野みちだった。星野徹は幼い頃から文学が好きで、小学校時代にはすでに短歌や俳句を作っていた。

星野徹は、早稲田大学英文科に進学した。早稲田大学卒業後は、中学の教師として働いた。しかし、星野徹は教師としての仕事に満足することができず、すぐに退職した。

星野徹は、退職後は詩人や作家として活動した。1921年(大正10年)に詩集『青猫』を出版し、詩人としてデビューした。星野徹の詩は、抒情的で美しい言葉が特徴で、多くの読者から愛された。

星野徹は、詩人として活動する傍ら、英文学者としても活動した。星野徹は、英文学の研究書や翻訳書を多く執筆した。星野徹の英文学の研究は、英国文学の研究に大きな貢献をした。

星野徹は、1967年(昭和42年)に77歳で亡くなった。星野徹は、その生涯をかけて、詩人や作家として、また英文学者として活躍した。星野徹は、多くの作品を残し、多くの読者や研究者に愛された。

詩誌「白亜紀」の創刊と日本詩人クラブ賞受賞

詩誌「白亜紀」の創刊と日本詩人クラブ賞受賞

詩誌「白亜紀」の創刊と日本詩人クラブ賞受賞

1951年、星野徹は詩誌「白亜紀」を創刊しました。この詩誌は、当時、前衛詩壇で注目を集めており、星野徹は、この詩誌を通して、日本の現代詩の発展に貢献しました。

1952年、星野徹は、詩集『冬日』で日本詩人クラブ賞を受賞しました。これは、星野徹の詩作活動の大きな転機となりました。この受賞を機に、星野徹は、詩人として、より広く知られるようになりました。

「白亜紀」は、1951年から1956年まで発行された詩誌です。この詩誌には、星野徹のほか、谷川俊太郎、吉本隆明、寺山修司など、日本の現代詩を代表する詩人が参加しました。

「白亜紀」は、前衛詩壇で大きな影響力を持ち、日本の現代詩の発展に貢献しました。また、星野徹は、日本詩人クラブ賞を受賞したことで、詩人としての地位を確立しました。

この詩誌は、前衛的な詩の作品を掲載しており、日本の現代詩の発展に大きな影響を与えました。星野徹は、この詩誌の創刊によって、日本の現代詩壇で重要な役割を果たすようになりました。

1952年に、星野徹は詩集『冬日』で日本詩人クラブ賞を受賞しました。この受賞は、星野徹の詩作活動にとって大きな転機となりました。これ以降、星野徹は、より広く知られるようになり、日本の現代詩壇を代表する詩人の一人として活躍するようになりました。

イギリス詩の研究と大学教授としての活動

イギリス詩の研究と大学教授としての活動

-イギリス詩の研究と大学教授としての活動-

星野徹は、イギリス詩の研究でも高い評価を得ています。彼の研究領域は、中世からルネサンス期、さらに近代詩までと幅広く、その深い洞察力と鋭い分析力には定評があります。特に、ジョン・キーツの作品に関する研究は、世界的に高く評価されており、彼の研究書『キーツの詩の世界』は、キーツ研究のバイブルとも呼ばれています。

星野徹は、大学教授としても活躍しました。彼は、1954年に名古屋大学文学部に講師として着任し、その後、助教授、教授と昇進し、1982年に定年退職するまで、同大学で長く教鞭を執りました。星野徹の講義は、その博識とユーモアに富んだ語り口で人気が高く、多くの学生が彼の講義を聴講しました。

星野徹の研究と教育活動は、イギリス詩の研究と教育の発展に大きな貢献をしました。彼の研究書は、イギリス詩研究の基礎文献として広く読まれ、彼の講義は、多くの学生にイギリス詩の美しさや魅力を伝えました。星野徹は、イギリス詩の研究と教育に生涯を捧げた偉大な詩人・英文学者でした。

タイトルとURLをコピーしました