明治以前の人物辞典 – 衣川長秋

明治以前の人物辞典 – 衣川長秋

江戸時代中期-後期の国学者

江戸時代中期-後期の国学者

-江戸時代中期-後期の国学者-

衣川長秋は、江戸時代中期の国学者です。1663年、京都に生まれました。本名は永家久治。通称は久之丞。字は子寿。号は衣川。

16歳で上洛し、国学者の橘千蔭に師事して古道を学びました。その後、各地を遍歴し、国学の研究に努めました。

1703年、京に帰り、私塾を開いて国学を教授しました。門下には、荷田春満、賀茂真淵、契沖など、多くの著名な国学者が輩出し、衣川を国学中興の祖と呼ぶ人もいます。

衣川は、古道を復興し、日本の文化や伝統を守ろうとしました。その思想は、後の国学者たちに大きな影響を与えました。

衣川の主な著作としては、『国史略』、『古事記伝』、『日本書紀伝』、『万葉集註釈』などがあります。

1736年、京都で死去しました。享年74。

本居宣長、本居春庭に学ぶ

本居宣長、本居春庭に学ぶ

-本居宣長、本居春庭に学ぶ-

衣川長秋は、本居宣長と本居春庭に師事して学問を修めました。宣長は、古事記や万葉集などの古典を研究し、その成果を『古事記伝』や『万葉集略解』などの著作にまとめました。春庭は、宣長の弟子であり、父の学問を継いで古学の研究に努めました。長秋は、宣長と春庭から古学の教えを受け、その学問をさらに深めていきました。

長秋は、宣長と春庭の教えを基に、自らの学問を深めていきました。長秋は、古事記や万葉集などの古典を研究し、その成果を『古事記伝抄』や『万葉集略解抄』などの著作にまとめました。また、長秋は、宣長と春庭の学説を批判し、独自の学説を打ち立てました。長秋の学説は、江戸時代後期の国学の発展に大きな影響を与えました。

長秋は、宣長と春庭の教えに深く影響を受け、その学問をさらに深めていきました。長秋は、古事記や万葉集などの古典を研究し、その成果を『古事記伝抄』や『万葉集略解抄』などの著作にまとめました。また、長秋は、宣長と春庭の学説を批判し、独自の学説を打ち立てました。長秋の学説は、江戸時代後期の国学の発展に大きな影響を与えました。

因幡鳥取藩主池田斉邦に招かれ、藩の国学教授に就任

因幡鳥取藩主池田斉邦に招かれ、藩の国学教授に就任

因幡鳥取藩主池田斉邦に招かれ、藩の国学教授に就任

衣川長秋は、1806年に因幡鳥取藩主池田斉邦に招かれて、藩の国学教授に就任しました。長秋は、国学の大家として知られており、藩士や領民に国学を講義しました。また、藩の教育制度の改革にも携わり、鳥取藩の学問振興に貢献しました。

長秋は、鳥取藩で10年間国学教授を務めた後、1816年に江戸に戻りました。江戸に戻った後も、国学の研究を続け、多くの著書を著しました。長秋の著書は、国学の発展に大きな影響を与え、多くの国学者に影響を与えました。

長秋は、1846年に70歳で亡くなりました。長秋の死後、鳥取藩では長秋の功績を称えて、長秋を祀る神社を建立しました。また、鳥取藩では、長秋の著書を藩校の教科書に採用し、長秋の学問を藩士や領民に伝えました。

タイトルとURLをコピーしました