「太田正雄」(⇒木下杢太郎)について

「太田正雄」(⇒木下杢太郎)について

太田正雄とは?

太田正雄とは?

-太田正雄とは?-

太田正雄(おおたまさお)は、日本の小説家、詩人、劇作家、評論家。本名は木下杢太郎(きしたもくたろう)。1881年9月15日、東京市日本橋区南茅場町(現在の東京都中央区日本橋室町)で生まれる。父は医者の木下東明、母は木下トキ。父の東明は、緒方洪庵の塾で学び、医の道に進んだ漢医で、内務省の衛生局長を務めたり、衆議院議員を務めるなど、活躍した人物である。杢太郎は、5人兄弟の次男で、兄の太田正雄、弟の太田正雄、妹の太田正雄、太田正雄がいた。

杢太郎は、幼い頃から文学や演劇に興味を持ち、1896年に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後、第一高等学校(現在の東京大学教養学部)に進学する。第一高等学校では、同級生に芥川龍之介、久米正雄、武者小路実篤らがおり、彼らと親交を深める。

1901年に第一高等学校を卒業後、東京帝国大学医科大学(現在の東京大学医学部)に進学する。東京帝国大学在学中は、文芸雑誌『明星』に詩や小説を発表し、文壇デビューを果たす。また、1906年には、石川啄木や平塚らいてうらと「木曜会」を結成し、文学活動に励む。

1909年に東京帝国大学医科大学を卒業後、東京帝国大学医学部付属病院に勤務する。1912年に、東京帝国大学医学部講師に就任。1915年に、東京帝国大学医学部助教授に就任。1919年に、東京帝国大学医学部教授に就任。

1922年に、文部省在外研究員として欧米に留学する。欧米では、ドイツ、フランス、イギリスなどを巡り、文学や演劇を研究する。1924年に、帰国後、東京帝国大学医学部教授に復職する。

1927年に、東京帝国大学医学部を退職し、文筆活動に専念する。1929年に、小説『新橋随筆』で直木賞を受賞する。1932年に、小説『或る女』で芥川賞を受賞する。

1934年に、胃癌のため死去。享年52歳。

木下杢太郎とは?

木下杢太郎とは?

-木下杢太郎とは?-

木下杢太郎(1885-1945)は、日本の詩人、小説家、劇作家、評論家、医師。代表作に、詩集『食後の唄』(1922年)、小説『藪医者』(1937年)、戯曲『霜夜』(1908年)、評論集『近代の眼』(1930年)などがあります。

木下杢太郎は、1885年(明治18年)に東京府東京市神田区に生まれました。本名は太田正雄です。1905年(明治38年)に東京帝国大学医科大学を卒業し、医師となりました。しかし、医師として働くよりも、文学の道を志し、詩や小説、戯曲、評論などを発表しました。

木下杢太郎の作品は、耽美的な作風が特徴です。耽美主義とは、美しさや芸術を至上の価値とし、現実よりも美の世界を追求する思想です。木下杢太郎は、美の世界を追求するために、さまざまなテーマを作品に取り上げました。その中には、愛、死、性、病など、人間の本質に関わるものも含まれています。

木下杢太郎の作品は、その耽美的な作風から、一部の読者からは、理解されにくいと評されることもありました。しかし、木下杢太郎は、文学を通して、人間の本質を描き出そうとしたのです。

木下杢太郎は、1945年(昭和20年)に60歳で死去しました。しかし、その作品は、今日でも多くの読者に読み続けられています。木下杢太郎は、日本の近代文学史に大きな足跡を残した作家の一人です。

二人が同一人物とされている理由

二人が同一人物とされている理由

二人が同一人物とされている理由

太田正雄と木下杢太郎が同一人物とされている理由は、複数の証拠が存在するためです。

第一に、両者の経歴が一致しています。太田正雄は1885年に東京で生まれ、1902年に第一高等学校に入学しました。その後、1905年に東京帝国大学医科大学に入学し、1910年に卒業しました。木下杢太郎も1885年に東京で生まれ、1902年に第一高等学校に入学しました。その後、1905年に東京帝国大学医科大学に入学し、1910年に卒業しました。

第二に、両者の文体が似ています。太田正雄は、詩人として活躍し、多くの作品を残しています。木下杢太郎も、詩人として活躍し、多くの作品を残しています。両者の詩は、いずれも耽美主義的な傾向が強く、その文体は非常に似ています。

第三に、両者の交友関係が似ています。太田正雄は、北原白秋、石川啄木、萩原朔太郎など、当時の著名な詩人や作家と親交がありました。木下杢太郎も、北原白秋、石川啄木、萩原朔太郎など、当時の著名な詩人や作家と親交がありました。

以上の証拠から、太田正雄と木下杢太郎は同一人物であるとされています。

タイトルとURLをコピーしました