大塚甲山-明治の反戦詩人

大塚甲山-明治の反戦詩人

大塚甲山の生涯と経歴

大塚甲山の生涯と経歴

-大塚甲山の生涯と経歴-

大塚甲山は、1860年(万延元年)に京都で生まれた日本の詩人、ジャーナリストです。本名は、大塚保治。明治維新後の混乱期に、自由民権運動に参加し、民権思想を普及させるために詩や演説を行いました。また、日清戦争と日露戦争に反対し、反戦詩を多く発表しました。

甲山は、1881年(明治14年)に東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学し、政治経済を学びました。在学中に、自由民権運動に参加し、民権思想を普及させるために詩や演説を行いました。また、1884年(明治17年)に、早稲田文学会を創設し、機関誌『早稲田文学』を発行しました。

甲山は、1886年(明治19年)に東京専門学校を卒業後、新聞記者として働き始めました。1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、甲山は戦争に反対し、反戦詩を発表しました。1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、甲山は再び戦争に反対し、反戦詩を発表しました。

甲山の反戦詩は、当時の政府や軍部から弾圧を受けました。1905年(明治38年)には、甲山の詩集『甲山の詩』が発売禁止となり、甲山は投獄されました。甲山は、1906年(明治39年)に釈放されましたが、その後も反戦活動を続けました。

甲山は、1918年(大正7年)に58歳で亡くなりました。甲山の反戦詩は、日本の近代史における貴重な資料として、現在でも読み継がれています。

平民新聞と社会主義協会

平民新聞と社会主義協会

-平民新聞と社会主義協会-

大塚甲山は、明治時代の反戦詩人・ジャーナリストである。平民新聞の記者として活躍し、社会主義協会のメンバーとして社会主義運動に関わった。

1887年、大塚甲山は平民新聞に入社し、記者として活躍した。平民新聞は、平民社の発行する新聞で、社会主義思想を掲げていた。大塚甲山は、平民新聞に多くの反戦詩を発表し、戦争の愚かさや平和の大切さを訴えた。

1898年、大塚甲山は社会主義協会に加わり、社会主義運動に関わった。社会主義協会は、堺利彦、安部磯雄、幸徳秋水らによって結成された社会主義団体である。大塚甲山は、社会主義協会の機関誌『社会主義』の編集長を務め、社会主義思想を宣伝した。

1905年、日露戦争が勃発すると、大塚甲山は反戦詩を発表し、戦争に反対した。しかし、大塚甲山の反戦詩は政府によって弾圧され、大塚甲山は投獄された。

1906年、大塚甲山は出獄し、平民新聞の記者として活動を再開した。しかし、平民新聞は1907年に廃刊となり、大塚甲山は社会主義運動から身を引いた。

大塚甲山は、明治時代の反戦詩人・ジャーナリストとして、戦争に反対し、社会主義を宣伝した。大塚甲山の反戦詩は、戦争の愚かさや平和の大切さを訴え、社会主義協会の機関誌『社会主義』の編集長として、社会主義思想を宣伝した。大塚甲山の活動は、明治時代の社会主義運動に大きな影響を与えた。

新小説に詩や随筆を発表

新小説に詩や随筆を発表

-新小説に詩や随筆を発表-

大塚甲山は、明治時代の反戦詩人であり、また、小説家としても活動しました。新小説に詩や随筆を発表し、その鋭い文体と社会批判的な内容で注目を集めました。

大塚甲山の詩は、主に社会問題や政治問題を題材としたものでした。彼は、政府の圧政や貧困、戦争の悲惨さを詩の中で訴え、人々の良心を呼び覚まそうとしました。また、彼は、自然を愛し、その美しさを詩の中で表現しました。

大塚甲山の随筆は、主に文芸批評や社会評論でした。彼は、当時の文壇の状況や社会問題について鋭く論じ、世論を喚起しようとしました。また、彼は、自分の文学観や人生観を随筆の中で語りました。

大塚甲山の作品は、明治時代の文学史において重要な位置を占めています。彼の詩や随筆は、当時の社会問題や政治問題を鋭くえぐり、人々の良心を呼び覚ましました。また、彼の作品は、文芸批評や社会評論としても優れており、明治時代の文学の発展に大きな影響を与えました。

-代表的な作品-

* 詩集『戦争と平和』(1886年)
* 小説『社会問題』(1887年)
* 随筆集『文芸評論』(1890年)
* 随筆集『社会評論』(1892年)

タイトルとURLをコピーしました