「青木十口」-生涯と功績-,

「青木十口」-生涯と功績-,

青木十口の生涯

青木十口の生涯

青木十口の生涯

青木十口は、1888年(明治21年)12月15日に、鹿児島県鹿児島郡西谷村(現・鹿児島市)に生まれました。幼名は、大内寅之助。1907年(明治40年)に、東京帝国大学工科大学工学部電気工学科に入学し、1911年(明治44年)に卒業しました。卒業後、逓信省電務局に奉職し、電気通信技術の研究開発に従事しました。

1916年(大正5年)に、電気試験所に移籍し、無線通信の研究開発に従事しました。1924年(大正13年)に、無線電話の伝送に成功し、1925年(大正14年)に、真空管を使った無線電話機の開発に成功しました。1929年(昭和4年)に、電波の性質に関する研究で、東京帝国大学から工学博士の学位を授与されました。

1934年(昭和9年)に、電気試験所長に就任し、無線通信技術の研究開発を推進しました。1939年(昭和14年)に、逓信省通信局長に就任し、通信事業の管理運営に当たりました。1942年(昭和17年)に、逓信省次官に就任し、通信事業の統制を強化しました。

1945年(昭和20年)に、終戦となり、青木十口は公職を退任しました。その後、日本無線電信株式会社の社長に就任し、電気通信事業の復興に尽力しました。1959年(昭和34年)11月18日に、東京都で死去しました。

青木十口の功績

青木十口の功績

-青木十口の功績-

青木十口は、日本のジャーナリスト、政治家、教育者です。1884年(明治17年)に東京府(現在の東京都)に生まれ、1969年(昭和44年)に死去しました。

十口は、早稲田大学卒業後、毎日新聞に入社しました。1918年(大正7年)には、毎日新聞のロンドン支局長に就任し、ヨーロッパの情勢を日本に伝えました。1924年(大正13年)には、毎日新聞の社長に就任しました。

十口は、社長在任中に、毎日新聞を日本を代表する新聞社に育て上げました。また、日本新聞協会の会長にも就任し、日本の新聞界の発展に貢献しました。

1940年(昭和15年)、十口は、衆議院議員に当選しました。戦後は、日本社会党の結党に参加し、初代書記長に就任しました。1947年(昭和22年)には、第1回参議院議員通常選挙で当選し、参議院議員となりました。

十口は、参議院議員在任中に、参議院外務委員長を務めました。また、日本ユネスコ国内委員会の委員長にも就任し、日本のユネスコ活動に貢献しました。

十口は、ジャーナリスト、政治家、教育者として、日本の近代化に貢献しました。その功績は、今日でも高く評価されています。

-青木十口のジャーナリズム活動-

十口は、ジャーナリストとして、日本の新聞界の発展に貢献しました。毎日新聞の社長在任中には、新聞の報道内容の充実を図り、新聞の発行部数を大幅に伸ばしました。また、日本新聞協会の会長として、日本の新聞界の自主規制を強化し、日本の新聞の信頼性を高めることに努めました。

-青木十口の政治活動-

十口は、政治家として、日本の民主化に貢献しました。日本社会党の結党に参加し、初代書記長に就任しました。社会党は、日本の民主化と社会主義の実現を目指した政党であり、十口は、社会党の活動を通じて、日本の民主化に貢献しました。

-青木十口の教育活動-

十口は、教育者として、日本の教育の発展に貢献しました。日本ユネスコ国内委員会の委員長として、日本のユネスコ活動に貢献しました。ユネスコは、教育、科学、文化の分野で国際協力を行う国際機関であり、十口は、ユネスコの活動を通じて、日本の教育の発展に貢献しました。

青木十口の代表的な句

青木十口の代表的な句

-青木十口の代表的な句-

青木十口は、明治から昭和にかけて活躍した俳人である。正岡子規に師事し、自由律俳句を提唱したことで知られる。十口の俳句は、写生を重んじ、日常の何気ない出来事を切り取ったものが多く、庶民の生活や心情を巧みに表現している。

十口の代表的な句の一つは、「柿の木に柿の耳あり」である。この句は、柿の木に実った柿が、人間の耳のように見えるという情景を詠んだものである。柿の木と柿の耳という取り合わせが新鮮で、ユーモラスな味わいが感じられる。

また、十口は戦争を題材にした句も数多く詠んでいる。その中でも有名なのが「軍艦の甲板に雉子の遊ぶ日」である。この句は、軍艦の甲板に雉子が遊んでいるという情景を詠んだものである。軍艦と雉子という対照的な取り合わせが印象的で、戦争の悲惨さを暗示している。

さらに、十口は恋愛を題材にした句も数多く詠んでいる。その中でも有名なのが「恋にして返り停車場の雨夜かな」である。この句は、恋人に一目会おうと駅まで行ったが、結局会えずに帰ってきたという情景を詠んだものである。停車場の雨夜というシチュエーションが切なく、恋の不成就を嘆いている。

十口の俳句は、写生を重んじ、日常の何気ない出来事を切り取ったものが多く、庶民の生活や心情を巧みに表現している。また、戦争や恋愛を題材にした句も数多く詠んでおり、その句には人生の機微が凝縮されている。十口の俳句は、今もなお多くの人々に愛され続けている。

タイトルとURLをコピーしました