柳内達雄 – 昭和の児童文化評論家

柳内達雄 – 昭和の児童文化評論家

柳内達雄の生涯

柳内達雄の生涯

小見出し 柳内達雄の生涯

1. 幼少期から青年期 柳内達雄は1920年4月15日、東京府東京市日本橋区(現・東京都中央区日本橋)に生まれた。父は銀行員、母は主婦であった。幼少期から文学に興味を持ち、読書に親しんだ。中学・高校時代には演劇部に所属し、演劇にも熱中した。卒業後は早稲田大学第一文学部英文科に進学し、文学を専攻した。

2. 新聞記者時代 1942年に早稲田大学を卒業後、読売新聞社に入社した。社会部記者として戦争の報道に携わり、戦後は社会部副部長や論説委員などを歴任した。新聞記者時代には、児童文化にも関心を持ち、児童文学や児童劇の批評活動を開始した。

3. 児童文化評論家として 1950年代初頭、柳内達雄は児童文化評論家として本格的に活躍を始めた。全国各地の児童文化団体や学校を訪れて講演活動を行い、児童文化の普及に努めた。また、児童文学や児童劇に関する評論やエッセイを多数執筆し、児童文化の発展に貢献した。

4. 教育者として 1953年、柳内達雄は日本児童教育専門学院(現・日本児童教育専門学校)の創立に参加し、同校の校長に就任した。教育者として、児童文化の教育・研究に取り組み、児童文化に関する著作や教材を多数出版した。また、児童文化に関する研究会やシンポジウムを主催し、児童文化の理論化や実践に貢献した。

5. 文化勲章受章と死 柳内達雄は、児童文化の分野において長年功績を上げ、1980年に文化勲章を受章した。1984年11月5日、東京都内の病院で死去した。享年64歳。

柳内達雄は、児童文化の普及と発展に尽力した児童文化評論家・教育者として、日本の児童文化の発展に大きく貢献した人物である。

柳内達雄の教育活動

柳内達雄の教育活動

柳内達雄の教育活動

柳内達雄は、昭和の児童文化評論家として活躍した人物である。彼は、児童文化の向上を目的としたさまざまな教育活動に取り組んだ。

柳内達雄の教育活動で最も有名なのは、児童文学の研究と評論である。彼は、児童文学の意義や役割を研究し、児童文学の批評を積極的に行った。また、彼は児童文学の普及のために、児童向けの作品の選集を編纂したり、児童文学に関する講演会を開いたりした。

柳内達雄は、児童文化の向上を図るためには、児童の読書習慣を育てることが大切であると考えていた。彼は、児童に読書の楽しさを伝えるために、児童向けの新聞や雑誌を発行したり、児童向けの図書館や読書室を開設したりした。また、彼は児童に読書の習慣を身につけるために、児童向けの作品を朗読したり、童謡や唱歌を歌ったりした。

柳内達雄は、児童文化の向上を図るためには、児童の健全な精神を育てることが大切であると考えていた。彼は、児童に健全な精神を育てるために、児童に自然や社会の美しさや不思議さを教えるとともに、児童に道徳や倫理を教えた。また、彼は児童に健全な精神を育てるために、児童にスポーツや芸術を奨励した。

柳内達雄は、児童文化の向上を図るためには、児童の自主性と創造性を育てることが大切であると考えていた。彼は、児童に自主性と創造性を育てるために、児童に自由な遊びや創作活動を奨励した。また、彼は児童に自主性と創造性を育てるために、児童に社会参加の機会を与えた。

柳内達雄の教育活動は、児童文化の向上に大きく貢献した。彼は、児童文学の研究と評論を行い、児童に読書の楽しさを伝え、児童の健全な精神を育て、児童の自主性と創造性を育てるなど、さまざまな教育活動に取り組んだ。彼の教育活動は、今日の児童文化の発展の礎となっている。

柳内達雄の著作

柳内達雄の著作

柳内達雄の著作

柳内達雄は児童文化研究の第一人者として、数多くの著作を残しています。代表的な作品は以下の通りです。

・「子どもの文化史」(1955年)
・「児童文化論」(1960年)
・「児童文化史研究」(1970年)
・「子どもとメディア」(1980年)
・「子どもと教育」(1990年)

柳内は、児童文化を「子どもが子どもとして生きることによって生み出される文化」と定義し、その研究に生涯を捧げました。彼の著作は、児童文化の源流を探り、その変遷を追った画期的なものです。

柳内の著作は、児童文化研究だけでなく、教育学、心理学、社会学など、幅広い分野で高く評価されています。彼の研究は、子どもの文化に対する理解を深め、子どもの教育や福祉の向上に貢献しました。

柳内の著作は、現在も多くの研究者や教育者によって読み継がれています。彼の仕事は、児童文化研究の発展に大きな影響を与え、その功績は今もなお高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました